「AYAさんが秘策を指南!「ナチュラル美女スキン」のつくり方」のトレンド記事をチェックしよう!
AYAさんが秘策を指南!「ナチュラル美女スキン」のつくり方
2015年5月24日

AYAさんが秘策を指南!「ナチュラル美女スキン」のつくり方

  • twitter
  • facebook

今、熱いのは、作り込み感ゼロのナチュラル美女であり、どこまでもツヤっぽくて生っぽい肌が最大の武器。ならば真似るっきゃない!と美女肌づくりを極めるAYAさんが、とっておきの秘策、教えます♥ VOCEモデルの野崎萌香と一緒にナチュラル美肌レッスンにトライ!

VOCE 2015年6月号 野崎萌香

「 ナチュラル美女スキン」とは ......?

呼吸が聞こえてきそうなほど、ライブ感のある肌。計算されたヘルシーなツヤがマストで、メリハリを生み出す美しい光ラインを構築。

「ナチュラル美女スキン」5大ルール!

①ツヤ下地+薄ファンデがマスト!
②ブラシ使いが〝薄塗り〞のキモ!
③ハイライト仕込みはチビT、鼻ワキのハの字と心得て 。
④最新裏ワザ!ツヤシェーディング
⑤チークのツヤ=血色感=透明感

AYA流「ナチュラル美女スキン」
基本5アイテムはコレだっ!

光とツヤを微妙なさじ加減でレイヤーすることで生まれる清らかなつやっぽ肌に必要なアイテムをピックアップ。 AYAさんが質感にこだわり抜いたベストメンバーです♥

アイテム1

肌が呼吸する「薄軽リキッドファンデ」
ツヤ感は下地&ハイライトで調整するため、ファンデは旬の薄ピタリキッドをセレクト。極薄の美ツヤ膜の下から、下地で仕込んだうるおいとツヤが透けて見えればOK。

アイテム2

なめらかな白光を仕込む「ツヤ下地」
美女印象に欠かせないメリハリは3段階で仕込むと自然。まずはノンパールor微細なパールで優しいツヤをもたらす下地を。

アイテム3

一本で抜け感の差、歴然「光ハイライト」
メリハリの2段階目は強めに光るハイライトが正解。赤ちゃんの肌であれば光って見えるところに絞って入れて、効かせるべし。

アイテム4

軽やかに光るクリアな影色
「ツヤシェーディング」

メリハリづけの仕上げはシェーディングで。ただし、その存在を気づかれてはNG。透け感とツヤを備え、塗ったかどうかわからないほど、ほんのりと影を落とすものを。

アイテム5

生っぽい血色を与える
「コーラルねりチーク」

ノンパールor超微粒子パール入りのねりタイプなら、ツヤ肌に違和感なく溶け込み、コーラルカラーが素肌の血色を再現。

「ナチュラル美女スキン」完全プロセス

STEP 01
VOCE 2015年6月号 野崎萌香

顔全体にはカラーレスなうるおい系の下地(F)を。中指と薬指の腹を使って内から外に塗り、キワまでのばす。

STEP 02
VOCE 2015年6月号 野崎萌香

ツヤ下地(B)で眉間から鼻筋に小さいTの字を描き、上まぶた、 目の下にもオン。範囲を広げないようになじませる。

STEP 03
VOCE 2015年6月号 野崎萌香

リキッドファンデ用ブラシ(G)の筆先にファンデ(A)を染み込ませ、頰→あご→額→鼻→小鼻→上まぶたの順に。のばす領域は眉尻の延長線まで。

STEP 04

ファンデのアウトラインが見えてしまうとナチュラル感が激減。まっさらなスポンジ(I)でフェイスラインに向かってぼかす。

STEP 05
VOCE 2015年6月号 野崎萌香

頰や鼻などくずれやすい顔の中心部をメインに、トントンと軽くスポンジ(I)で叩きこむと透明感と持久力が上がる。

STEP 06
VOCE 2015年6月号 野崎萌香

パフにパウダー(H)をとり、肌を優しくなでるようにすべらせる。チカラはまったく入れず、こすらないように!

STEP 07
VOCE 2015年6月号 野崎萌香

STEP 02よりもひと回り小さいT字をハイライト(C)で描くと今っぽい仕上がりに。さらに目頭の横からハの字を描いて。

STEP 08
VOCE 2015年6月号 野崎萌香

肌との境界線だけを狙ってスポンジ(I)で優しくトントンしながらなじませると、肌との一体感が出て浮かずに◎。

STEP 09
VOCE 2015年6月号 野崎萌香

ブラシ(J)を濡れたティッシュで湿らせてシェーディングカラー(D)の右をブラシで手の甲にとり、耳前の凹みを起点に放射状にのせる。

STEP 10
VOCE 2015年6月号 野崎萌香

同様にコンシーラーブラシ(K)にシェーディングカラー(D)の右をとり、眉頭の下側から目頭方向にオン。ハイライトが活きて鼻筋が際立つ。

STEP 11

涙袋から指1本分あけて、黒目の下から眉尻まで横長に丸くねりチーク(E)を。ファンデーションブラシ(L)でくるくるとのせ、ツヤ感アップ。

完成!
VOCE 2015年6月号 野崎萌香

頰の内側がいちばん光 るように見えれば、勝ち! 肌感がぷりっとするうえ、全体的につやっぽい印象ながら、 清潔感があってメリハリの効いた美人顔に。

VOCE 2015年6月号 野崎萌香
  • ワンピース:¥9,500 / MURUA

  • イヤリング:¥2,500 / anemone

  • バングル:¥2,000 / DURAS ambient

photographs:Chizuru Abe/LOVABLE(model), Yasuhiro Ito(still) hair&make-up:AYA/LA DONNA styling:Kaori Kawasaki model:Moeka Nozaki text:Hiromi Narasaki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる