「今年のクールビューティはカーキでつくる!おすすめアイシャドウ6選」のトレンド記事をチェックしよう!
今年のクールビューティはカーキでつくる!おすすめアイシャドウ6選
2015年9月3日

今年のクールビューティはカーキでつくる!おすすめアイシャドウ6選

  • twitter
  • facebook

魅力的なカラーがたくさん登場した今年の秋のアイメイク市場。今本当に使うべきカラーはどれ? ヘア&メイクアップアーティストの犬木愛さんに教えてもらいました。犬木さんが注目するのは「カーキ」。赤みブラウンで色っぽ女子感を狙うなら、その対抗馬はクールビューティが際立つカーキ。凛とした表情でこなれ美女感を演出するのが気分。

選ぶべきは透け感と煌めき感のある重すぎないミリタリーカラー。「今季は本当にカーキの進化が目覚ましい! 透け感があるので肌にのせてもくすむことなく発色します」と犬木さん。ポイントはスタイリッシュでクールなトーンを選ぶこと。「ミリタリー調の色みが◎。煌めきがあることも重要です!」と語る犬木さんが厳選した6つのカーキアイシャドウを早速チェックして。

※以下コメントはすべて犬木さん


# 01

おすすめは肌が透けて見える
ピーコックのような鮮烈カーキ

VOCE 2015年10月号 おすすめは肌が透けて見えるピーコックのような鮮烈カーキ

デュアルインテンシティー
アイシャドー 1938

角度が変わるとカーキからゴールドの煌めきが顔をのぞかせる。ドライ&ウエットのダブルで使用可能。「今季はゴールド寄りのカーキがベスト。マットは失敗しがちなのでツヤのあるタイプを選んで!」

このカーキのアイシャドウを使った
おすすめメイクはこちら!

VOCE 2015年10月号 佐久間由衣 おすすめメイクはこちら!

ニューカーキでクール美人を狙って。「今季のカーキは本当にキレイで使いやすい♡ クールに仕上げるのがお約束です」

  • ストライプニット:¥9,200 / AGNOST(アグノスト) 

  • ピアス:¥21,000 / ORCHID(ヴィア バス ストップ アクセサリー 渋谷パルコ店)

アイメイクの作り方

# 02

繊細な色使いで多彩な魅力を演出

VOCE 2015年10月号 繊細な色使いで多彩な魅力を演出

レ キャトル オンブル 254
ゴールドパールが効いたつややかなカーキ、マットで深いカーキの組み合わせが楽しい。ブラウンやピーチベージュの存在がパレットの表情を豊かにしてくれる。

  • ¥6,900 / CHANEL

# 03

主張しすぎないシアーな透け色が揃う
アイシャドウパレット

VOCE 2015年10月号 主張しすぎないシアーな透け色が揃うアイシャドウパレット

4Dプラスアイパレット 04
シアーな色みを重ねることで、限りなく透明感がありながらも立体感のある印象的な目元に。トレンドであるエフォートレスなまぶたをつくるならハズせない。

# 04

ミリタリー色強めなヴィンテージカーキ

VOCE 2015年10月号 ミリタリー色強めなヴィンテージカーキ

ピュア カラー エンヴィ アイシャドウ 06
シルクのようになめらかな質感のカーキ。つややかに輝くゴールドパールがヴィンテージ感を演出し、クールでスタイリッシュな表情をつくりだしてくれる。

# 05

ゴールドニュアンスのカーキで
やさしげな印象のアイシャドウ

VOCE 2015年10月号 ゴールドニュアンスのカーキでやさしげな印象のアイシャドウ

アイカラー クリアアイズLF A14
ゴールド×カーキでつくる目元は、微細なパール粒子の効果で驚くほどナチュラルかつ立体的。カーキをライン風に使えば、メリハリのあるクール顔にもなれる。

# 06

大粒パールで今年風にアレンジした
カーキもおすすめ

VOCE 2015年10月号 大粒パールで今年風にアレンジしたカーキもおすすめ

ヴェラックス パールフュージョン シャドウ クール コンパニオンズ
大胆な輝きを秘めたゴールドに、繊細なラメ感のクールなカーキ、マットで深いブラックをセット。ゴールドの煌めきがまぶたを明るく見せ、カーキを効果的に引き出してくれる。(限定)

旬のカーキを目元にプラスして、クールビューティーを目指そう♡

photographs:Maho Terada/LOVABLE(model),Yasuhiro Ito(still),Makoto Muto(parts) hair&make-up:Ai Inuki/Agee(model),Yoko Tanaka/roraima(parts) model:Yui Sakuma styling:Kaori Kawasaki text:Miho Maeda,Misaki Kawatsu

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる