「触れたくなるサラすべ肌に♡“惹きつける”ベースメイクのつくり方」のトレンド記事をチェックしよう!
触れたくなるサラすべ肌に♡“惹きつける”ベースメイクのつくり方
2015年9月15日

触れたくなるサラすべ肌に♡“惹きつける”ベースメイクのつくり方

  • twitter
  • facebook
7388views

表情の動きに合わせて、骨格上にツヤの光が流れるような“フロー肌”。自分の顔に合った立体感が生まれて、小顔にも。さらには透明感も溢れておしゃれにも見える史上最強の肌! 今回は、そんなフロー肌を“多機能下地とお粉”でさらスベ肌にアップデート。血色感をコントロールして惹きつける肌をつくる方法を伝授します。軽さ重視の触れたくなるような美肌を手に入れましょう♡

サラ増し“フロー肌”はコレでつくる!

VOCE 2015年10月号 サラ増し“フロー肌”はコレでつくる!

大人気の下地が潤い力を高めた美容液タイプになったポール&ジョー。下地の段階で肌のコンディションをベストな状態に調整できる。なめらかな肌にした後、帯びたピンクみで明るさをプラスできるシャネルのフェイスパウダーをのせる。毛穴などの凹凸にお粉がひっかかることなくふんわりヴェールのように纏えて、触れたくなるサラすべ肌に。

  • [左]モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S 02 SPF15・PA+:¥3,500 / PAUL & JOE BEAUTE

  • [右]プードゥル ユニヴェルセル リーブル130(9/8限定発売):¥6,000 / CHANEL

多機能下地+お粉でつくる
サラ肌メイクの方法はこちら!

VOCE 2015年10月号 多機能下地+お粉でつくるサラ肌メイクの方法はこちら!

STEP 1
下地で首もとまでキレイなすりガラス風の質感に。肌表面の凹凸を補整し、ハーフマットな質感にする下地を、首の真ん中までなじませて。

VOCE 2015年10月号 多機能下地+お粉でつくるサラ肌メイクの方法はこちら!

STEP 2
フローレス感のキメ手、サラッと質感のヴェール。超微粒子のフェイスパウダーを肌全体にまんべんなくなじませる。下地同様、内から外へ。

サラ増し“フロー肌”に合う
アイメイクのポイント3つ♡

VOCE 2015年10月号 サラ増し“フロー肌”に合う アイメイクのポイント3つ♡

POINT 1
コンシーラーで目頭下のくすみを消して明るさを。肌の透明感を邪魔する目頭下のくすみを消去。シャドウでのせるツヤを生かす仕込みにも。

  • シークレットウェポン コレクティング コンシーラー&レディ タッチアップ ベール SPF15 デュオ

  • 左で下まぶたの目頭から流れるクマ消し。小鼻脇にも。(9/2限定発売)

  • ¥4,500 / bareMinerals

VOCE 2015年10月号 サラ増し“フロー肌”に合う アイメイクのポイント3つ♡

POINT 2
ツヤシャドウは目頭側は幅広く塗って立体感づけ! 上まぶたのアイホールに塗るツヤシャドウは、目尻側から目頭方向へ。目頭側は眉下近くまで。

  • イプノダズリング 205

  • レンガっぽい赤みのクリーム系。目頭のくぼみを強調する塗り方で、目もとまわりの骨格が美しく際立つ。(限定発売)

  • ¥3,400 / LANCOME

VOCE 2015年10月号 サラ増し“フロー肌”に合う アイメイクのポイント3つ♡

POINT 3
目もとは回帰したツヤとレンガ色の流行攻め! 下まぶたのまつ毛ギワ全体には、ほのかに女っぽさが漂うレンガオレンジ系アイラインを。

  • スティロユー ウォータープルーフ918

  • 目もとの魅力につながるアクセントを、光を帯びたコッパー色で。描きやすい好質感。(限定発売)

  • ¥3,000 / CHANEL

サラ増し“フロー肌”の完成♡

VOCE 2015年10月号 ツヤ増し“フロー肌”メイクに合うアイメイクはこちら♡

透明感MAX! ハーフマットなフローレススキンが完成。血色感もコントロールして惹きつける肌に♡

  • ワンピース:¥68,000 / SRETSIS(H3Oファッションビュロー)

  • ネックレス:¥38,000 / Chigo(ミックステープ) 

  • スカーフ / スタイリスト私物


サラ増し“フロー肌”メイクに挑戦して、完璧肌をゲットして♡

photographs:Yasuhisa Kikuchi/vale.(model), Kazuteru Takahashi/Kondo Studio(still life) hair&make-up:Akemi Nakano/air notes styling:Aya Kurosaki, Ai Ozaki(props) model:Chloe text:Hitomi Hashimoto

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる