「植松晃士が教える♡老ける女VS老けない女の運命の分かれ道とは?」のトレンド記事をチェックしよう!
植松晃士が教える♡老ける女VS老けない女の運命の分かれ道とは?
2015年10月1日

植松晃士が教える♡老ける女VS老けない女の運命の分かれ道とは?

  • twitter
  • facebook
11317views

鏡に映ったすっぴんの顔がおばさんに見えてしまったり、ほうれい線が気になりはじめたり、エイジングサインはじわじわとやってくる。でも実は、老ける、老けないは紙一重と語るのが、植松晃士さん。アンチエイジングが気になりはじめたあなたに、植松さんが老いへの心構えを語ります。

ズバリ、老けない女になるには?

老けない女になるには、美容テクを持つのはもちろんだけど、それとは別に内面的な部分も大切なんですよ。老いの症状として頑固、ワガママ、怒りっぽさっていうのがあって、発症するとだんだん人が離れてしまう。まわりに相手にされなくなると老いのヴェールが強くなるから、常に人と関われる自分でいることが若々しさをキープするとも言えるんですよ。

38歳ごろ、女は老いのヴェールに包まれるの。
そこが運命の分かれ道よ!

■ 常に新しいものを自分に取り込み、更新していく
■ 年齢に逆らわず“今”を楽しんでいる
■ イキイキとしていて、考え方がポジティブ
■ 美意識が高く、好奇心旺盛
■ 交流関係のバリエーションが広い
■ 人の助言をきちんと受け入れられる
■ 行動力がある
■ 肌を大切にし、きちんとケアしている

VOCE 2015年11月号 植松晃士 38歳ごろ、女は老いのヴェールに包まれるの。 そこが運命の分かれ道よ!

老いのヴェール=ボヤッと感は
本格的なエイジングへの予兆!

老いのヴェールっていうのは、完全に老化はしてないけれど、なんかうっすら老いがでていること。老いのオーラとも言えるんですけど、全体的に肌のツヤ・ハリがなくなったり、たるみとまでは言い切れないボヤッと感からくるゆるみやほうれい線の目立ち、唇のエッジの下がりだったりっていう、これまでとは違う曖昧さがフォルムに出ている状態のことなんです。とはいえ、自分では「まさかの老い」と思っているから、違いになんとなく気づいたとしても「そうそう、今週は睡眠不足だったから」なんて勝手に理由づけしちゃうんですけど、実際にはコレ、立派な老いの予兆。本格化する前の今、手を打つかどうかがこの先の肌を決めると覚悟すべきよ!

ナイスな魅力をチャージする
ビューティ活動にいそしみましょ

スマホのように、人にはビューティのバッテリーっていうものがあるんです。その持ちが年々どんどん短くなって、頻繁にチャージしなくちゃ持たなくなるのね。スマホならバッテリーが摩耗したら新品に交換できるけど、自分が摩耗して古くなってもチェンジはできないわけだから、いかにマイバッテリー=若々しさを延命させるかっていうところで、僕は有名百貨店での美容散策がオススメ。いろんな意味でキレイと思う人を観察して「チークをあの位置に入れると素敵」っていう風にナイスな点を真似して自分を更新。魅力をチャージしましょ!

素敵になることを目指すと
若々しさがついてくるわっ

年齢を重ねたとき、若々しくいることは大事なんだけど、若くいる必要はありません。若さは過去に手にしたものであり、自然にリリースされたもの。それを再びって望んでも叶わないし、望むことすら欲張りよっ! むしろ、素敵になることを目指しましょ。まず、清潔感満載は絶対条件。あと、日本女性特有の魅力でいえば、少女性みたいなものも大事。欧米とは違って日本では控えめ、奥ゆかしさが魅力とされているから「可愛らしさ」を要素として持っておくことも素敵の鍵。若々しさもついてくるわよ~。

世代を超えて多くの人と
頻繁に関わっている人は
老けません!

失った自分と未来の自分の傾向と対策を知る意味で若い子と目上の人、両世代と交流することも必要よ。自分の顔って、毎日付き合ってるから求めるべきベストがわからなくなるんですよ。でも、若い子の肌を近くで見れば目指しているのはこの弾力だとかって目標が定まり、お手入れ法も探しやすくなり具現化しやすくなると思う。逆に、目上の方からはいいところも悪いところも盗み取る。陽射しを浴び続けるとこんな風に肌が干物化しちゃうのねって感じでね。とにかく、人と多く関わると美容情報も入ってきて、素敵ワールドが止まらなくなるわっ。

肌の力を延命するフックになる
化粧品、肌状態で見直しましょ

僕化粧品の効果は相当だと思うんですよ。だって、新しい化粧品を使うと新しい肌になるじゃないですか。そうすると「あ、こんな風に肌って変わるのね」って実感できて、まだまだ他にもいいものがあるってことにも気づけるでしょ。老いとの戦いは永遠! もう一日も休めないものだから、今、すごくいい化粧品を使っていたとしてもそれで終わりではなく、肌状態に合わせて更新していくべきよ。春と秋は大きく見直し、夏と冬にマイナーチェンジしてもいいと思う。とくに衰えが気になる大人の肌は受け入れ態勢万全だから、化粧品の効果をスーパーで感じられるわよ。


アンチエイジングには、内面的な部分も重要!と心得て♡

photographs:Kazuo Ishikura(model),Yasuhiro Ito(Koji Uematsu) hair&make-up:Keiko Chigira/cheek one,Teruyuki Matsumoto/rooster styling:Masato Sogabe text:Sugako Kondo,Hitomi Hashimoto

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる