「秋のおしゃれは時計で差をつけて♡今ほしい大人気時計をCHECK!」のトレンド記事をチェックしよう!
秋のおしゃれは時計で差をつけて♡今ほしい大人気時計をCHECK!
2015年10月26日

秋のおしゃれは時計で差をつけて♡今ほしい大人気時計をCHECK!

  • twitter
  • facebook

スマホがあれば時間はすぐチェックできるけど、あえて時計をつけてシックな大人のスタイルを演出してみませんか? そこでおすすめしたい時計ブランドが、セレクトショップなどで今大人気のダニエル・ウェリントン。昨年日本に本格上陸してからブーム継続中のこのブランドの人気の秘密と、おすすめモデルをご紹介します。

ダニエル・ウェリントンって?

iQONmagazine 2015年10月号 ダニエル・ウェリントンって?

2011年にスウェーデンで設立されたウォッチブランド。薄く、丸型のフェイスが特徴の、シンプルなプレッピー風デザインが魅力。日本には、セレクトショップなどを中心に取り扱われている。ブランド名は、創業者のフィリップ・タイサンダーが英国で出会った紳士の名が由来なのだそう。

ダニエル・ウェリントン人気の理由4つ

1. シンプルなフェイス

iQONmagazine 2015年10月号 1. シンプルなフェイス

一番の特徴は、シンプルなバーインデックスが配されたまん丸のフェイス。長針と短針のみで、控えめにロゴが記されている。カラフルなバンドにも、シックなレザーベルトにも合うように考案されたデザインなのだそう。写真のローズゴールドのほかシルバーもラインナップ。

2.つけ心地

iQONmagazine 2015年10月号 2.つけ心地

ダニエル・ウェリントンのフェイスは、その薄さも特徴の一つ。これは、時計の機能を絞ることで実現されたもの。薄さのお陰で着け心地が良く、男性だけでなく女性の腕にもすんなり馴染むのが、多くの人に支持されている理由。

3.気分に合わせてベルトをチェンジ

iQONmagazine 2015年10月号 3.気分に合わせてベルトをチェンジ

時計の雰囲気を決める重要なパーツであるベルト。ダニエル・ウェリントンでは、写真のようなNATOベルトとレザーベルトの2種類を用意。服のコーディネートに合わせて簡単に付け替えられるので、デイリーに愛用できる。

4.手が届く価格設定

iQONmagazine 2015年10月号 4.手が届く価格設定

1万円台から3万円台という手の届きやすい価格帯だから、プレゼントにもぴったり。ユニセックスなデザインなので、ペアウォッチにする人も多いのだそう。ベルトも2,500円から揃うので、コレクション魂をくすぐられる人も続出中。

ダニエル・ウェリントンの
おすすめモデル3選

まだまだブームが続くダニエル・ウェリントン。なかでも、特におすすめの3モデルを、トレンドコーデとともに紹介します。

# 01

黒のレザーベルトの「シェフィールド」

738

シンプルな黒のレザーベルトに、女性の華奢な腕をエレガントに彩る26mmのフェイス。インデックスにあしらわれたスワロフスキーが上品な輝きを放つ。デニムカジュアルからエレガントコーデまで幅広いスタイルに似合うデザイン。

こんなコーデがおすすめ

95

ケーブルニットにシャツをレイヤードして、サイドゴアブーツを合わせた、旬バランスのトラッドコーデに、上品なレザーベルトが良く似合う。

# 02

カラフルNATOベルトの
「オックスフォード」

20

シルバーのフェイスにネイビー×赤という、ダニエル・ウェリントンらしいプレッピーなデザイン。写真は人気サイズの36mm。アクセサリーと重ね付けしたり、おそろいのカラーのネイルと組み合わせたりして、手元のおしゃれをアピールしましょう。

こんなコーデに合わせるのがおすすめ

211

ネイビー×赤のNATOバンドが映えるのは、こんなカジュアルコーデ。フリンジニットとワイドデニムのトレンドな組み合わせに、腕時計がピリッとアクセントになりそう。

# 03

ブルーの針がポイントの
「ダッパー セイントモーズ」

905

ブラウンのレザーバンドとローマ数字のインデックスでクラシックな佇まいのなか、鮮やかなブルーの針がポイントに。シックな秋コーデにこなれたクラス感をプラスしてくれるデザイン。あえて大きめサイズを選ぶのが今っぽい。

こんなコーデがおすすめ

129

定番のネイビーのピーコートを、ブラウンの小物でシックにまとめたコーデには、クラス感のある時計を合わせたい。ブルーの針が大人ならではの遊び心を感じさせる。


スマホで簡単に時間をチェックできる今だからこそ、腕時計をおしゃれに着けこなして、センスの良さをアピールしたい。そんな時に活躍するダニエル・ウェリントン。シックな秋冬コーデの主役に、そして引き立て役に取り入れてみて。

IQONmagazineの新着トレンド記事

トップへもどる