「紗栄子みたいに恋させるカラダになりたい♡誘惑ボディの秘訣とは?」のトレンド記事をチェックしよう!
紗栄子みたいに恋させるカラダになりたい♡誘惑ボディの秘訣とは?
2015年5月28日

紗栄子みたいに恋させるカラダになりたい♡誘惑ボディの秘訣とは?

  • twitter
  • facebook
36449views

紗栄子流、色っぽBODYの作り方♡

VOCE 2015年7月号 紗栄子

全身おどろくほどなめらかで、きめ細かな肌とキュッと引き締まったくびれを擁するメリハリボディ。カレの“触れたい”願望をかきたてる、紗栄子さんの誘惑ボディの秘訣を大公開します。

紗栄子のプロフィールをおさらい!

VOCE 2015年7月号 紗栄子

モデル・タレント。二児の母とは思えないベイビースキンとメリハリあるボディで人気に。彼女の美容法は常に大きな注目を集める。ファッションアイコンとしても支持され、昨年末よりサマンサティアラとのコラボジュエリーも発表。プロデュースも多く手掛ける。『SAEKO EVERYDAY』(宝島社刊)など著書多数。

一番大事な人の前でちゅうちょなく裸になれるカラダでありたい

VOCE 2015年7月号 紗栄子
  • ボーダーTシャツ:¥8,500 / GRISS

  • ビキニ:¥12,800 / fruits de mer

  • ハット:¥18,000 / CA4LA

「たとえばAラインのワンピを着れば、ウエストまわりがたるんでいてもごまかせるし、肌が乾燥していたってバレはしない。だけど、一番大事な人の前では裸になるし、触られもする。だからこそ、裸の状態がいつでもベストでありたいし、頑張らなきゃとも思えるんです。私のモチベーションの源は恋する気持ち。恋してるカラダって最強! 実際、好きな人とデートした後に写真をブログにアップすると、ファンの人の反応が全然違うの。“イイね”の数がものすごく増える。“別にデートしました”なんて書いてないけど、恋してハッピーな気持ちが写真に現れるからかな? でもね、私だけじゃなく女子ならみんな、絶対同じ。何の目標もなく、努力もせずにキレイになるなんて無理。誰かのために頑張るからこそ、理想のキレイが手に入るんじゃないかな」

VOCE 2015年7月号 紗栄子
  • スイムウエア:¥17,800 / fruits de mer

  • サングラス:私物

VOCE 2015年7月号 紗栄子

自分のカラダで好きなのは?との問いに返ってきたのは「くびれと質感」という答え。
「実は幼稚園の頃から、趣味は腹筋。毎日欠かさずやっています。朝起きてすぐと、夜寝る前にそれぞれ30回は必ず。おかげでくびれのキモである、腹斜筋が常に引き締まった状態がキープできていいのだけど、ちょっとキツめなトレーニングをすると、すぐにお腹が割れちゃうのが悩み(笑)。女っぽいまるみも必要な下着の撮影の直前には、あえて腹筋を控えるほど。だけど本来は、筋肉のあるカラダが大好き。

10代の頃は、細くてはかなげなカラダに憧れていたけど、今の私はアンチ華奢主義。細くすることを目標にしちゃうと、栄養不足で肌がカサカサになるし、体力が奪われて子どもたちとも全力で遊んであげられない。自分のライフスタイルとマッチしないようなカラダにはなりたくないんです。くびれや足首などキュッと締まるべきところが締まってて、お尻やおっぱいはプニッと柔らか。そんなカラダを理想に頑張っています」

ラインと同じくらい
“質感”にもこだわる!

VOCE 2015年7月号 紗栄子

「どこを触られても大丈夫。顔もカラダも同じ質感でいたいんです。理想は、うちの次男くんの3歳のときの肌。水分たっぷりで発光してて、キメもこまやか。あんな肌になりたい~! あの肌なら、ずっと触っていたいと思ってもらえると思う。

最近気づいたのですが、私って大のスクラブ好きみたい。バスルームを見渡したら、かかとやひじに最適なハードタイプから、皮膚が薄い部分にも使えるソフトなのまで山ほどあって(笑)。どれを選ぶかはその日の直感で決めます。常に自分の肌に敏感でいれば、今何が必要なのかはなんとなく分かるんです。

もちろん、どんな状態にも対応できるように、選択肢はたくさん用意するようにしています。いいって聞いたものは必ず試して、常にアップデートしています。ボディケアって積み重ねだと思うので。一瞬ではなくずっと頑張ることがキレイに繋がるんだと思うんです」

また会いたいと思ってもらえる
キレイを目指す

VOCE 2015年7月号 紗栄子

「私を応援してくれるファンの方は9割が女性。仕事仲間も女性がいっぱい。私、美容に関しては女性の目線が気になるんです。ちょっとしたたるみとか、小さな変化も女性は絶対見逃さないし、厳しい。そういう人たちに、紗栄ちゃんみたいになりたいって言ってもらえるのが、すっごく嬉しくて。励みになるんです」

仕事は超多忙。しかも2児の母としての子育てもきっちり行っている彼女。ボディのメンテナンスの時間はどうやって捻出しているの?

「そこはプロの手を進んで借りています。時間がないときには、パワープレートボディラインデザイナーの小野カツ先生のところへ。パワープレートは短時間でもトレーニング、ストレッチ、リラクセーションが叶うんです。

2時間くらい時間が取れる日は、横手貞一朗先生のパーソナルトレーニングを。首のラインをすっきり整えたり、脚のむくみを治したいときに効果バツグン。カラダの歪みが気になってきたら「ドクターボディ」や「MーS スポット」で頭蓋骨矯正を受けてメンテナンスを。頭蓋骨が整うと身体全体が変わるんです! 

私のモットーはやれることは全部やる。好きな人のためにも、子どもたちのためにも、自分のためにもキレイでいたい。時間がないことも年齢も言い訳になんてしたくないから」

今回の撮影中も、常に笑顔で上機嫌。疲れた顔すら一度も見せなかった彼女。

「造作がいくらキレイでも、暗い顔した人に、また会いたいって思う人はいないでしょ。私の場合、いろいろ言われて叩かれることもあるけれど、絶対反応しないと決めてるの。ネガティブなことは口にしないのが、私の美学。凹んでるくらいだったら、腹筋してるほうがマシ(笑)。

ポジティブなマインドに努力が加われば、きっと最強のキレイが手に入るし、恋も仕事もうまくいく。そう、強く信じているんです」

いかがでしたか? この夏は、紗栄子みたいに恋するカラダを目指したい!


紗栄子が実践する最強の美容術も、こちらでチェック!

model : Saeko photographs : Takashi Yoshida / MAKIURA OFFICE (model) hair & make-up : Yusuke Kawakita styling : Mihoko Tanaka text : Chiharu Nakagawa

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる