「今ドキなツヤ肌はこれで作る!リキッド・クリームファンデTOP3」のトレンド記事をチェックしよう!
今ドキなツヤ肌はこれで作る!リキッド・クリームファンデTOP3
2015年12月21日

今ドキなツヤ肌はこれで作る!リキッド・クリームファンデTOP3

  • twitter
  • facebook

VOCE 史上最多の50名の審査員による厳格な採点の結果、導き出されたVOCE ベストコスメ 2015年下半期のクリーム・リキッドファンデーション部門のTOP3を発表します! 肌の快適さを追求するアイテムが多かった同部門。さくさくと塗るだけで美肌が完成する手軽さもポイントになりました。早速ご紹介します。

1位

ベアミネラル
CR ティンテッド ジェル クリーム

VOCE 2016年1月号 ベアミネラル CR ティンテッド ジェル クリーム

とにかくうるおって快適!
新感覚のジェルクリーム

「ベアのジェルクリーム使った? 気持ちいいよね~♪」という声がビューティ界で多く交わされていた今期。注目したいのは素肌そのものを美しくヘルシーに見せてくれる、時代の気分にぴったり合ったナチュラルツヤ肌な仕上がり。さらにインサイドアウト処方を採用したことによるうるおい感の高さも見逃せない! 使用後1週間で肌の水分量が約200%以上アップするというテスト結果をあなたの肌でも実感して。

極薄仕上げを叶えるブラシを使えば
こんなツヤ肌に仕上がる!

VOCE 2016年1月号 林田岬優 極薄仕上げを叶えるブラシを使えば こんなツヤ肌に仕上がる!

長毛と短毛、2層構造になったドーム形ブラシをCR ティンテッド ジェル クリームのお供に。肌あたりがよく、顔の曲線にスムーズにフィットすることで極薄な仕上がりに。重ねづけしてもムラなし。

審査員のコメント

  • 平 輝乃(エディター)

  • 「保湿クリームを塗っているようなみずみずしさ♪ エフォートレスな旬の肌質感も好き」

  • 宮下弘江(ライター)

  • 「気持ちよすぎる塗り心地。not テカテカの、じわっとうるおいがにじむツヤ肌が簡単に完成」

  • 松本千登世(エディター)

  • 「スキンケアのような感触が肌にじゅわっと溶け込み、健やかな肌色に染まるよう。肌全体がストレッチしているような心地よさがくせに」

2位

SKーⅡ COLOR
クリア ビューティ アルティザン
ブラシ ファンデーション(モイスト)

VOCE 2016年1月号 SKーⅡ COLOR クリア ビューティ アルティザン  ブラシ ファンデーション(モイスト)

エマルジョン×専用ブラシの演出力が高い!
薄づきでも頼れるカバー力、スキンケア効果、透明感ある仕上がりと完成度の高い美肌が手に入るエマルジョンファンデ。毛穴カバーに実力を発揮する専用ブラシにも高評価が。

  • 全8色 SPF30・PA+++:¥12,500(編集部調べ) / マックス ファクター

  • クリア ビューティ エナメル ラディアント クリーム コンパクト(リフィル):¥10,000(編集部調べ) / マックス ファクター 購入はこちら

審査員のコメント

  • 中川知春(ライター)

  • 「ブラシでパパパと広げるだけで、薄く均一なツヤ肌がつくれます。驚くほど簡単。時間をかけずとも透明感溢れる仕上がりに毎回大満足!」

  • 中山友恵(ヘア&メイクアップアーティスト)

  • 「カバー力はしっかり、なのに素肌のような仕上がりに見えることに驚きました!!」

3位

アディクション
スキンケア ファンデーション

VOCE 2016年1月号 アディクション スキンケア ファンデーション

使うほどに肌がよろこぶ
高保湿ファンデーション登場

サラサラとしたテクスチャーは、さながら色つきの美容液。10種類のうるおい美容エッセンスを配合することでうるツヤ肌に。気になるところはカバーしながら乳液も下地も、仕上げのお粉も不要なのも魅力! 

審査員のコメント

  • 黒田啓蔵(ヘア&メイクアップアーティスト)

  • 「のびがよく、日焼け止め効果も◎。スキンケア効果の高さ、フィット感の軽さが今ドキ」

  • 千吉良恵子(ヘア&メイクアップアーティスト)

  • 「厚みはないけれどうるおってる感じ。さすがのスキンケア効果で、フレッシュなツヤが出る!」


今ドキ肌にマストなツヤ感ばっちりなファンデーションを、あなたも試してみて♡

photographs:Yasuhisa Kikuchi/vale.(models), Yasuhiro Ito(still) hair&make-up:Miyuki Nakamura/roraima styling:Ayumi Takagaki/LOVABLE model:Miyu Hayashida text:Reiko Anazawa, Saiko Maruoka composition:Tomoko Oniki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる