「さりげない赤みの魔法が◎のっぺり顔を立体的にみせるメイク方法☆」のトレンド記事をチェックしよう!
さりげない赤みの魔法が◎のっぺり顔を立体的にみせるメイク方法☆
2016年1月5日

さりげない赤みの魔法が◎のっぺり顔を立体的にみせるメイク方法☆

  • twitter
  • facebook

旬のおしゃれ顔に憧れるけど、“もともとの顔立ち的に近づけない”“あと一歩、惜しい気がする”というみんなの悩みに応えるメイクを、大人気のヘアメイク、信沢Hitoshiさんが提案。今回は、顔に凹凸が少なく、さみしくなりがちなのっぺり顔を立体的にみせるメイクをご紹介♡ 早速チェックして!

のっぺり顔さんのメイクポイント

✔️ 仕込みチークの赤みで赤リップの色浮きを防ぐ
✔️ アイライン2色使いで涼しいまなざしを活かすべし!

さみしくなりがちなのっぺり顔さんは
血色UPな赤みメイクがおすすめ

with 2016年2月号 千国めぐみ さみしくなりがちなのっぺり顔さんは 血色UPな赤みメイクがおすすめ

メイクしても塗った色みだけが浮き出て、印象は地味なままになりがちなすっきりさんは、“赤”の力を借りてあちこちに仕込むのが正解。のっぺり見えがちな顔が立体的になり、派手リップだってつけこなせる!

EYEBROW

チークの赤みを眉にも。美人度が増し、赤みが効いて色っぽくも見えるよ。すっきりさんは、鮮やかな赤リップをつけると浮きがち。そこで、唇や頰以外にも赤みを散らしてオン! 一体感が生まれてリップが浮きにくくなります。

EYE

しっかりアイメイクでは目が小さく見えて古臭い~。引き算が大事! カラーラインの2色使いでインパクトを出しつつアイシャドウはあえて塗らない。カラーラインを2色も使った“上級者”風テクにチャレンジ。ただし、やりすぎ感はおしゃれ顔には禁物です!

CHEEK

フェイスラインや耳たぶにも仕込んで、顔をキュッと引き締めて赤リップともリンクさせる。日本人の肌に立体感をもたらす赤。顔をひとまわり小さく見せるのと同時に、血色のよさも足せて、ピュア度も急上昇間違いなし♡

LIP

唇だけでどうにかしようとせず他のパーツで調節するのがイマドキの赤メイクリップ。チークを頰だけではなく、顔のあちこちにのせて、赤みを分散させてあるから、赤リップはただ塗るだけで、キレイにハマる♡

SKIN

ホリ深い印象が光の反射で自然に生まれるのは、ピーチ色のCCクリーム。くすみを補整しつつ、ほんのり桃色の肌になるから、フェミニンな肌印象に。気になる悩みはコンシーラーでピンポイントでカバーして、素肌っぽさはキープ。


簡単テクを覚えて、メイクで立体顔を作りましょ。

撮影/青柳理都子 スタイリスト/滝沢真奈 モデル/千国めぐみ 取材・文/楢崎裕美

withの新着トレンド記事

トップへもどる