「そのカサカサ肌は油分不足かも?しっとり肌を取り戻す3大保湿コスメ」のトレンド記事をチェックしよう!
そのカサカサ肌は油分不足かも?しっとり肌を取り戻す3大保湿コスメ
2016年2月9日

そのカサカサ肌は油分不足かも?しっとり肌を取り戻す3大保湿コスメ

  • twitter
  • facebook

うるおった肌は水分と油分のバランスがとれているもの。冬の乾燥した空気にさらされて荒れてしまっているなら、今の肌に不足しているものを優先的に取り入れて、アンバランスな肌状態をニュートラルに戻してあげましょう。チェックリストで油分不足かどうかをチェックしたら、プロおすすめの3ステップにトライして、美肌を目指して!

うるおいが肌には油分が不可欠!
あなたの肌は当てはまる?

・ハリがない
・保湿ケアをしているのに乾く
・ツヤ感がない
・肌がゴワついて硬くなっている

  • 皮脂分泌量は年齢とともに低下する。ということは、去年の肌より今年の肌のほうが乾燥しやすくなっているのが事実だ。さらに皮脂が少なくなれば、肌表面で水分が蒸発するのを防いでいる皮脂膜がうまく作られないということに。保湿してもしても乾燥する、という人は油分を多めに補給! しなやかさまで備わった、ハリツヤ肌を目指すべし。

STEP 1

ブースターコスメを投入して
ムダなく保湿

VOCE 2016年3月号 ブースターコスメを投入して ムダなく保湿

実は、油分が少ない肌は、水分も不足していることが多い。そのため、油分の前に水分をきちんと入れ込むことが重要だが、モンダイも。「油分不足で乾いた肌は、ゴワついていて水分がなじみにくい状態。だから、ブースターコスメを化粧水の前にプラスして、肌の内部まできちんとうるおすことが大切です」(ビューティサイエンティスト 岡部美代治さん)

  • [左から]

  • パラダイスコール EX 125ml

  • 肌をほぐすようにしながら浸透。金時ショウガエキスを配合で肌の巡りを改善。

  • ¥9,000 / AWAKE

  • ハイドレーション チャージャー 80ml

  • 高速デリバリーシステムにより成分を素早く届ける。

  • ¥5,000 / ANNA SUI COSMETICS

  • 化粧液 40ml

  • 肌になじみなじみがよく、効果が長時間持続。

  • ¥10,000 / COSME DECORTE 

STEP 2

手持ちのコスメにオイルをブレンド
保湿力をUP!

VOCE 2016年3月号 手持ちのコスメにオイルをブレンド 保湿力をUP!

ハリツヤが低下して油分不足を感じたら、まずは手持ちのコスメにプラスワンの工夫をしてみよう。「スキンケアは快適であることも重要。リッチなクリームもおすすめですが、今使っているコスメを気に入っているのなら無理に替える必要はありません。手持ちのクリームにオイルを数滴混ぜて油分を調整することから始めてみて」(岡部さん)

  • [左から]

  • リペアオイル 50ml

  • 肌なじみのよいオレンジラフィー油を配合。エイジングケア効果も。

  • ¥2,200 / Dr.Ci Labo

  • オリーブバージンオイル 30ml

  • 皮脂に似通った組成。

  • ¥3,620 / DHC

  • ARオイル 59ml

  • スキンケアだけでなく、ボディケア、ヘアケアなどにも活用できる。ブースター的に使っても◎。

  • ¥4,760 / john masters organics(スタイラ) 購入する

STEP 3

朝の保湿ケアのアイクリームで
油分をキープ!

VOCE 2016年3月号 朝の保湿ケアのアイクリームで 油分をキープ!

皮膚が薄く、皮脂腺も少ない目元は特に丁寧に油分をプラスして。「朝のケアでクリームのベタつきやメイクくずれが気になるなら、せめて目元だけでもクリームを」(ロート製薬 ヘルス&ビューティー事業本部 山田樹里さん) アイクリームを、目元と同じく乾燥しやすい口元にもちょい塗りして、日中のシワっぽさを防御して!

  • [左から]

  • ステムパワー アイ クリーム 15g

  • ふっくらハリのある目元へ導く。

  • ¥10,400(編集部調べ) / SK-Ⅱ(マックス ファクター) 購入する

  • リペアウェア モイスチャーリフト アイクリーム 14g

  • 光工学パウダーが明るく立体的な印象をプラス。

  • ¥6,000 / CLINIQUE 購入する

  • レネルジー M アイクリーム 14g

  • 肌なじみ抜群で、ベースメイクに響きにくい。

  • ¥8,800 / LANCOME 購入する


うるおい肌には油分も水分も大事! あわせて水分不足かどうかもこちらの記事でチェックして!

photographs:Mitsuru Kugue text:Saiko Maruoka composition:Mami Ninagawa

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる