「確実に印象が変わる!プロが愛用するアイメイクに必須なコスメ6選♡」のトレンド記事をチェックしよう!
確実に印象が変わる!プロが愛用するアイメイクに必須なコスメ6選♡
2016年2月18日

確実に印象が変わる!プロが愛用するアイメイクに必須なコスメ6選♡

  • twitter
  • facebook

プロが自腹でリピートするアイメイクは、基本どれもナチュラル。それでいて確実に目が強くなるから私たちも取り入れなくちゃ損! 今回は、雑誌でひっぱりだこの人気ヘア&メイクアップアーティストに、自腹でリピート中の溺愛アイテム6つを紹介してもらいました。プロのひと手間であなたのメイクもランクアップ!

  • ※以下コメントはすべて本人

# 01

描きやすくて混ぜやすくて
コスパも抜群なコスメ

VOCE 2016年3月号 描きやすくて混ぜやすくて コスパも抜群なコスメ

「もう数えきれないほど買ってます(笑)。ないと困るからいつも数個ずつまとめ買い♪ 混ぜていろいろな色がつくれるし、発色がよくてきちんと描ける。基本はこれでベースをつくり、そこからイメージに合わせて、例えば濃くしたいときはダークなペンシルをプラスします」ブラウン系の2種類のうち、川添さんが愛用しているのはライトブラウン系。ノーズシャドウ用のブラシがついているのもポイント高い。

  • デザイニングアイブロウN EX-4:¥1,200 / KATE(カネボウ化粧品)

# 02

アイメイクをグッと強くしてくれる
赤ペンシル♡

VOCE 2016年3月号 アイメイクをグッと強くしてくれる 赤ペンシル♡

「色も質感もすごく好き。いい感じのはれぼったさが出るというか、強さがある主張してくれる目になる。下地でもメインでもイケるから、メイクボックスに入っているアイテムの中でも一番使用頻度が高いかも」レッドとバイオレット、ブラックのパールが生み出す深い輝きが印象的なまなざしを演出。使いやすい繰り出しペンシルタイプ。

  • アイクレヨン 09:¥3,000 / Elégance Cosmetics

# 03

アイメイクを自然に引き締めたい時は
絶対このコスメ!

VOCE 2016年3月号 アイメイクを自然に引き締めたい時は 絶対このコスメ!

「ブラウンのライナーは色によってはのっぺりした感じになることがあるんだけど、これなら大丈夫。さりげない輝きと透け感があって、ほどよく抜け感が出る。ぼかせるし、もちろんにじまないのもいいところ」今や常識となったジェルライナーの先駆けの名品からの1色。チョコレートシマーインクという名を持つ濃厚なこげ茶。

# 04

80本くらいリピートしている
溺愛マスカラ!

VOCE 2016年3月号 80本くらいリピートしている 溺愛マスカラ!

「ボテッとせず繊細で、黒が濃くまつ毛がくっきり。海に入っても落ちないし、コームも優秀で毛を根元からすくえます。生えギワのうぶ毛に塗って小顔に見せたり、メンズでひげを強調したいときに使うことも」ダマにならず、一本ずつ長く太く上向きにしてくれる! 根元からとかしあげ、18時間カールをキープ。

  • ボリューム エクスプレス ハイパーカール スパイキーコーム ウォータープルーフ 01:¥1,200 / MAYBELLINE NEW YORK

# 05

自腹コスメでカブり率1位!
これを超える物は見つけられない!

VOCE 2016年3月号 自腹コスメでカブり率1位! これを超える物は見つけられない!

下向きでも直毛でも、カールしたてのしなやかな上向きまつ毛をキープ。ウォータープルーフの透明マスカラ下地。「軽く塗るだけで繊細なカールも一日持つ」(犬木さん)「ヘンに白っぽくなったり厚ぼったくならない」(千吉良さん)「他のものではここまでカールが持続しない」(中村さん)「TV収録など長丁場の必需品」(Georgeさん)

  • カールラッシュ フィクサー:¥3,000 / Elégance Cosmetics

# 06

くっきり二重になれる魔法のライナー

VOCE 2016年3月号 くっきり二重になれる魔法のライナー

「二重の溝に入れるだけでむくんだ目元もパッチリ。今日目が小さいの~と入ってきたモデルに使うと効果てきめん。あまりに喜ばれるのでそのままプレゼントすることも多く、何本買ったことか(笑)。下まぶたのラインも引いた感がなく目がハッキリするのでオススメです」二重の溝に沿ってラインを引くだけであいまいな目元がくっきり。極薄のブラウンだから見られてもまずバレない。

  • ダブルラインフェイカー LB-1:¥1,000 / KATE(カネボウ化粧品)


プロが溺愛する優秀コスメたち♡ これを機にゲットしてみて!

photographs:Yasuhiro Ito illustration:Ai Ii text:Miyuki Nagata composition:Tomoko Oniki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる