「ベーシックがキレイ♡オフィスで輝く美人メイクの基本ステップ」のトレンド記事をチェックしよう!
ベーシックがキレイ♡オフィスで輝く美人メイクの基本ステップ
2016年2月26日

ベーシックがキレイ♡オフィスで輝く美人メイクの基本ステップ

  • twitter
  • facebook

さまざまなシチュエーションに遭遇するお仕事シーン。オフィスで輝くためには、状況をいち早く分析して最適なメイクを選ぶ手腕が必要。そこで、メイクアップアーティストの千吉良恵子さんが、マスターすれば絶対得するオフィスメイクをご紹介! 好感度が高く、この人は信頼できると相手に思わせる、メイクの秘策を伝授します。

  • ※以下コメントはすべて千吉良さん

美人OLメイクの掟

① 下まぶたはシャドウもマスカラもなし
② 上まぶたのキワは黒かブラウンできちんと締める
③ チークはクリーム+パウダーで持ちも発色もアップ

オフィスで美しく輝くために
必要なメイクの条件とは?

VOCE 2016年4月号 林田岬優 オフィスで美しく輝くために 必要なメイクの条件とは?

「オフィスでは基本的に、下まぶたはメイクしない方がいいです」と千吉良さん。いったいなぜ?「上から蛍光灯で照らされることが多く、目の下に影ができやすい。メイクをするとそれがさらに目立つんです」そのぶん力を入れたいのが上まぶたのキワ。「キリッとした印象をつくるために、上のキワはきちんと締めましょう。健康的に見せるためにはチークも不可欠。クリームとパウダーを重ねると発色も持ちもアップします」

  • シャツ:¥9,800 / SPLENDINA(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店) 

  • 肩掛けしたニット:¥1,950 / Bershka(ベルシュカ・ジャパンカスタマーサービス)

  • 時計:¥32,000 / Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン 原宿)

アイメイク
VOCE 2016年4月号 林田岬優 アイメイク

Aのアイシャドウの左下のベージュをアイホールにのばし、Bで上のキワにラインを引き、右下のブラウンを重ねる。「ラインの上にブラウンのシャドウを重ねることで、ラインが目元になじみます」ラインの目尻は長くせず、Cのマスカラも上のみ。「それと意外に大切なのが眉。きちんと描くといい意味でのコンサバ感が生まれます」眉はDの中央でまず全体の形を整えてから、薄い部分や足りない部分を右で描き足す。

VOCE 2016年4月号 アイメイク
  • [A]スパークリングアイズ 02

  • OLに絶大な人気を誇るルナソルのパレットの最新作。「透明感ある発色でつきすぎないのがいいですね。繊細な輝きもとてもキレイ」

  • ¥5,000 / LUNASOL(カネボウ化粧品) 購入する

  • [B]ジェルリキッドライナー BK999

  • 「黒のラインは繊細に描けるリキッドが◎」ウォータープルーフ処方。

  • ¥950 / MAJOLICA MAJORCA(資生堂)

  • [C]バーチャルロングラッシュ BK-1

  • ロング効果とにじみにくさ、お湯で落とせると3大ニーズを高レベルでクリア。

  • ¥1,500 / KATE(カネボウ化粧品)

  • [D]ノーズ&アイブロウパウダー 02

  • 「今っぽい太眉ならパウダータイプが描きやすい」このお値段で眉にもノーズシャドウにも使えるダブルエンドのブラシつき。 ¥580 / CEZANNE(セザンヌ化粧品)

チーク
VOCE 2016年4月号 チーク

チークは頰骨の高い部分に沿ってFを楕円形にのばし、Eを2色混ぜて頰骨に沿って斜め上と、そこからサイドや斜め下に向かってぼかして、骨格を自然に強調。

  • [E]パウダー ブラッシュ 04

  • 人気のチークがパワーアップ。「とても好感度の高い色。ハイライトもついていていろいろ活用できる」

  • ¥2,000、コンパクト:¥1,000 / PAUL & JOE BEAUTE

  • [F]ル ブラッシュ クレーム ドゥ シャネル 82

  • 「クリームタイプはベースにできるし、重ねてツヤも出せるので持っておきたい」みずみずしいローズピンク。 (限定発売)

  • ¥4,700 / CHANEL

リップ
VOCE 2016年4月号 リップ

唇にはピンクベージュのリップを輪郭に沿って塗る。

  • [G]ルージュグラッセ BE300

  • 「とろけるようなウルウル感と甘い色みがすごく可愛い!」ゴールドの輝きを帯びたミルキーなピンクベージュ。

  • ¥2,300(編集部調べ)/ ESPRIQUE(コーセー)


美人OLの基本メイクは知ってて損なし! さっそくマスターしましょ♡

photographs:Yasuhisa Kikuchi/vale.(model),Yasuhiro Ito(still) hair&make-up:Keiko Chigira/cheek one
styling:Mari Tsujimura model:Miyu Hayashida text:Miyuki Nagata composition:Tomoko Oniki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる