「ストレスで肌がくすむ⁉︎生活習慣で美白に近づく9つのポイント☆」のトレンド記事をチェックしよう!
ストレスで肌がくすむ⁉︎生活習慣で美白に近づく9つのポイント☆
2016年4月14日

ストレスで肌がくすむ⁉︎生活習慣で美白に近づく9つのポイント☆

  • twitter
  • facebook

長かった冬も終わり、いよいよ本格的な美白シーズンに突入しました! みなさん日焼け対策はバッチリですか? 今回は生活習慣で美白になるための9の疑問を徹底解明! ちょっとした心がけがキモな美白ケアをぜーんぶご紹介します。

Q.01

美白肌のために
生活の中で心がけたいことは?

VOCE 2016年5月号 美白肌のために 生活の中で心がけたいことは?

A.お風呂
UVカットを徹底することに加え、体の代謝を上げること。半身浴や有酸素運動で代謝がアップすれば、肌内部のメラニンが排出されやすくなります。食生活や睡眠が大切なのはもちろん、手軽で効果的なのは入浴。全身を温めて血液をめぐらすと、栄養が行き届き、老廃物が排出され、肌印象がぐっと白く!

Q.02

ストレスと美白肌、関係ある?

A.ストレスで肌がくすむ可能性大
体にストレスがかかると、抗酸化作用のあるビタミンCが体内で消費されます。そのため、活性酸素が増えて炎症が起きやすくなり、メラニンが作られやすい環境になってしまう場合も。

Q.03

睡眠はしっかりとったほうがいい?

A.肌のターンオーバーと
炎症の修復の時間ですから

眠り始めて3時間前後のいわゆるゴールデンタイムに、質のいい睡眠がとれていないと、肌のターンオーバーが狂ってしまって代謝が滞りがちに。また、睡眠中には肌の炎症も修復されます。美白肌のためには、睡眠は一定の時間をきちんと確保して。

Q.04

失恋でシミが濃くなったり、
恋すると肌が明るくなるのはなぜ?

A.幸福ホルモンと関係あり
失恋そのものがシミの状態に直接影響することはないのでは? 反対に、恋した場合は幸福ホルモンが出て肌の潤いが高まり、顔が明るく見える可能性があります。恋する女性の肌はみずみずしく、明るくピンクみを帯びることが多い印象。

Q.05

レモンやきゅうりのパックって
ホントはどうなの?

A.肌に悪い!
レモンやきゅうりに含まれるある物質は、光にあたると肌に悪影響を与えることがわかっています。美白効果を得られるどころか、肌色が濃くなる危険もあるのです。化粧品は光にあたるとどうなるか検証し、安全性をチェックしているのでご安心を。

Q.06

肌の透明感を高めるツボは?

VOCE 2016年5月号 肌の透明感を高めるツボは?

A.合谷
手の親指と人差し指の骨が交わるあたりのくぼみは、“合谷”というツボ。そこを刺激することで血流がよくなるため、肌が明るくなるんです。反対の手の親指と人差し指で、ツボを挟むように押しましょう。

Q.07

タバコやアルコールは美白肌を
かなえたいならNG?

A.タバコは厳禁
タバコは体内のビタミンCを消費して活性酸素を増やしてしまいます。その結果、炎症が起きやすくなってメラニンがたくさん作られる可能性が。アルコールは個人差が大きくて目安量は断言できませんが、ほどほどに飲む程度なら大丈夫でしょう。

Q.08

日傘はやっぱり使うのがベスト?

VOCE 2016年5月号 日傘はやっぱり使うのがベスト?

A.日焼け止めとの併用で
日焼け止めも日傘も使うのがベストです。でも、日傘に頼って日焼け止めを塗らないのはダメ。地面からの照り返しが日傘の中にも入ってきます。特に海やスキー場では、紫外線はものすごく反射するので要注意。

Q.09

寝不足や体調不良で
シミやくすみが濃くなる可能性は?

VOCE 2016年5月号 寝不足や体調不良で シミやくすみが濃くなる可能性は?

A.あります!
疲れているときなどはシミが目立つ実感が。シミだけが濃くなるというより、ホルモンの乱れ、血行不良、角質肥厚などの問題がからみ、肌全体がくすむ印象です。寝不足の朝は肌のくすみを感じやすく、クリームマスクで潤いを集中補給してリカバー。

  • [左]ザ・インテンシブ リバイタライジング マスク 75ml

  • 肌の再生能力を集中的にサポート。

  • ¥18,000 / DE LA MER

  • [中央]モイスチャー サージ オーバーナイト マスク 97g

  • 質の高いケア効果で、翌朝の肌が見違える。

  • ¥5,000 / CLINIQUE

  • [右]ブラックローズ クリーム マスク 60ml

  • たった15分で疲れにアプローチ。ふっくら元気な肌に生まれ変わる。

  • ¥15,000 / sisley(シスレージャパン)


いつもの習慣にちょこっと美白への意識を取り入れるだけ。今日からトライしてみましょう!

photographs:Yasuhiro Ito illustrations:miya text:Miki Onuki,Misaki Kawatsu

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる