「今さら人には聞けない!チーク&リップの基本メイク技4選♡」のトレンド記事をチェックしよう!
今さら人には聞けない!チーク&リップの基本メイク技4選♡
2016年4月17日

今さら人には聞けない!チーク&リップの基本メイク技4選♡

  • twitter
  • facebook

毎日のメイク、“何となく”で済ませていませんか? 今回はいまさら人には聞けないチーク&リップメイクのお悩みを4つご紹介。今までそのままにしていた疑問点を解決すれば、もっともっとキレイになれるのです! 早速チェックして!

# 01

チークをつい入れすぎちゃう...

A.一気にやらず、
少しずつのせればうまくいく!

チークはのせる前に手の甲で一度量を調節し、バランスを見ながら少しずつのせるとうまくいきます。それでも濃くなってしまったら、キレイなスポンジで軽くぬぐい、その上から少量のパウダーをのせてぼかしましょう。クリーム、リキッド、パウダーすべてのタイプに使えるテクニックです!

# 02

丸顔をすっきり見せるには?

A.頰骨に沿ってくすみローズのチークをオン
色選びと入れる位置がポイント。カラーはくすんだローズカラーを選び頰骨を中心としたフェイスラインに淡くオン。陰影を出すことで丸さを払拭できます。頰骨の上が一番濃くなるように入れたら、ブラシに残ったパウダーをフェイスラインにも。

  • ミネラライズ ブラッシュ ラブ シング

  • 肌なじみをアップするパールを配合。ほのかにゴールドのニュアンスを感じる発色は黄みの強い肌に最適。

  • ¥3,500 / M・A・C

# 03

リップがすぐ落ちちゃう

A.ティッシュオフ&重ね塗りで
色を定着させよう

唇全体に口紅を塗ったら、ティッシュオフ。その上からもう一度口紅を塗れば、べったり厚く塗らずともキレイなカラーを長時間キープできます。

# 04

チークの正しい位置がわからない

A.笑って高くなる位置に
横長フォルムに入れて

笑って高くなる位置にまずのせたら、耳方向へぼかすのがベーシックな入れ方。やや濃いめのピンクが自然な血色感も出せて使いやすい。チークは淡く重ねられるパウダータイプが一番、初心者向き。

  • パウダー ブラッシュ 03

  • ビビッドなバラ色とパウダーピンクのセット。単色でもミックスしても使える。

  • ¥3,000(ケースとセット価格) / PAUL & JOE BEAUTE


チーク&リップの基本技をマスターしましょ♪

撮影/寺田茉布(LOVABLE/モデル)、恩田亮一(商品) ヘア&メイク/中山友恵(Three Peace) スタイリスト/徳永まり子 モデル/吉倉あおい イラスト/野口路加 取材・文/中川知春

withの新着トレンド記事

トップへもどる