「そのダイエット頑張りすぎかも!長時間運動よりもヤセる技って?」のトレンド記事をチェックしよう!
そのダイエット頑張りすぎかも!長時間運動よりもヤセる技って?
2016年6月5日

そのダイエット頑張りすぎかも!長時間運動よりもヤセる技って?

  • twitter
  • facebook

毎年、目まぐるしい勢いで、新しいダイエット法が登場し、世の女性を沸かせている。美意識が高いVOCE読者なら、スリムボディを手にするための最旬のダイエットニュースは押さえておきたいところ。効率よくヤセるなら、休んでナンボ⁉︎ 長時間の運動より“ヤセ力”があると噂のインターバルトレーニングをレクチャー!

ずっと運動しているより
脂肪燃焼が効率的

「HIITとは、強度が高い運動後、休みを挟んで、また強度が高い運動を繰り返すトレーニング法。脂肪燃焼効果が高いとされていた、長時間、強度の低い有酸素運動を続けるよりもダイエット効果が高いそう。その理由は、運動後のエネルギー消費が高まり、燃焼力が24~72時間も続くといわれているからです」。実践する大西さんも「週20分程度×3回で、週7日激しい運動していた時と体重が変わりません」と効果を実感。

大西流インターバルトレーニング!

HIITの魅力は効率のよさ。トレーニングは、トータル10~20分と短時間でOK。運動後の脂肪燃焼力が最低でも24時間続くといわれるため、2日に1回程度でも、毎日低強度の運動をやっているのと同様のヤセ効果が期待できる。2分間の激しい運動では、一気に心拍数を高めるのがポイント。2分間、息混じりに会話ができる程度の運動を続ける。2分間走り込んだ後、1分間歩いて休む。これを7セット繰り返し、計21分のトレーニングに。ラン&ウォーク以外にもいろいろな方法があるので、無理なく継続できるものを選んでトライ!

2分間の運動の
強度目安エクササイズ4選

① ジャンピングサイドステップ

スピードスケートのような前傾姿勢になり、片脚で立つ。その状態から両手を開きながら脚をスライドするように押し広げ、ジャンプ。今度は、反対側の脚で立つ。このときの横に跳ぶ距離が大きいほど強度が上がり、効果が高くなる。

② 交互ランジジャンプ

脚を前後に大きく開く。前の膝を90度に曲げ、後ろ足はかかとを上げる。上半身は前かがみならないように注意。上にジャンプして、前後の脚を入れ替え、膝をゆるめながら着地(膝を固定すると怪我の原因に)。左右同様に繰り返す。

③ バーピージャンプ

立っている状態からスタート。しゃがんで床に手をつけ、その状態から両脚を同時に後ろに伸ばす。もう一度、脚をしゃがんだときの体勢に戻し、思い切り上にジャンプ。この工程をリピート。この動きは“30日チャレンジ”で流行中!

④ ペットボトルコアトレ

スクワットの体勢(背中を伸ばし、お尻を軽く突き出して、膝がつま先より前に出ない)になり、両手に持ったボトルを体の脇から腹筋に力を入れながら勢いよく斜め上に上げる。反対も同様に。お腹が前を向いた状態を保つことが大切。


効率よく運動して、しっかり身体を鍛えましょう!

photographs:Toru Daimon(model),Riki Kashiwabara(interview),Makoto Muto(still) illustrations:Etsuko Kono  text:Yuko Kaneko,Miwa Yamamoto

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる