「1年続ければ整形級⁉︎おうちでできる小顔マッサージで脱・丸顔!」のトレンド記事をチェックしよう!
1年続ければ整形級⁉︎おうちでできる小顔マッサージで脱・丸顔!
2016年6月16日

1年続ければ整形級⁉︎おうちでできる小顔マッサージで脱・丸顔!

  • twitter
  • facebook

誰もがなりたいモデルばりの小顔♡ 人気ヘアメイクさんの小田切ヒロさんに、それを叶える秘策をみっちり伝授してもらいました。この1年間で研究し尽くして実現した“セルフ小顔術”の技をココで解明! 美容医療などには一切頼らないガチのハウツーは絶対にやるだけの価値があります!

  • ※以下コメントはすべて小田切ヒロさん

絶対やっちゃダメ!3ヵ条

① ながらケアはダメ!
「ながらクレンジング、ながらマッサージは絶対にダメ。せっかく肌と向き合える時間なのだから、しっかり肌と対話して。目の下のゆるみやフェイスラインのもたつきなど、手で触ることで“気付く”ことが重要です」

② 勝負日の前日だけ……は、NG
「勝負の前夜だけ念入りなお手入れ!という人は多いかもしれませんが、それだとかえって肌のキメを壊してしまうことに。ながらケアがダメなのと同様、毎日やらないと肌のちょっとした変化に気付くことは不可能です」

③ ごしごしマッサージはやめて~
「おすすめは“小鳥タッチ”。小鳥さえも驚かないくらいのジェントルタッチで肌を触ってください。顔も首もすべて、触るエリアはすべてにおいて“最大限に優しく”を忘れずに。シワになってからでは回復できません!」

皮膚のこわばりを毎日のマッサージで
オフし続けることが小顔への道!

VOCE 2016年7月号

ひょいと気軽に1mmくらいの薄さで皮膚をつまむ小田切さん。コレが意外とできない……。「この状態こそ、“こわばってない”状態なんです。皮膚がこわばればリンパも滞るし、そうすると角質も溜まります。本来ならば剝がれ落ちるはずの角質が毎日溜まっているとしたら……。1年で角質365枚分が肌に残っていると思ってください! 顔が大きくなるはずです」と小田切さん。地道だけど毎日丁寧にこわばりを取ること=小顔への近道なのだ!

最近何となく顔が大きくなったような…
丸~い顔、SOS!

VOCE 2016年7月号

「実はフェイスラインそのものには問題がなく、それよりも頭頂部から落ちてきた筋肉が大顔の原因に。耳から頭皮にかけてほぐして、本来あるべき位置に戻します。続ければ、アゴまわりのもたつきは解消しますよ!」

丸顔さんの整形級テクはコレ!


即効性の高いマッサージテクで小顔になろう!

photographs:Yasuhisa Kikuchi/vale. text:Miho Maeda, Rina Ishibashi

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる