「小顔になる方法と絶対ルール♡コスメ&テクで小さくしよう!ー後編」のトレンド記事をチェックしよう!
小顔になる方法と絶対ルール♡コスメ&テクで小さくしよう!ー後編
2015年6月18日

小顔になる方法と絶対ルール♡コスメ&テクで小さくしよう!ー後編

  • twitter
  • facebook

年齢を重ねるにつれて、顔が大きくなる気が……というのは、気のせいではなく現実。小顔ケアの達人が小顔になる方法を前編・後編に渡ってルール7つを伝授します!後編は、3つのルールをご紹介。ルールを学んで、スッキリとした小顔を手に入れよう♡

小顔になる方法 その5

顔の筋肉を緩めるべし!

 「ストレスフルな現代社会においては、寝ている間も全身の緊張が解けず、食いしばりをしている女性が多い。すると、かみ合わせ部分の咬筋が自動的に鍛えられてしまい、骨格よりも盛り上がって、顔幅がワイドに。側頭筋にもチカラが入るので、頭のハチも大きくなって顔がのっぺりして見えるなど、巨顔化が進みます」(村木さん)深い呼吸もできていないため、優しく緩めてリラックスを促して。

小顔に効果的!
「緩める」マッサージ

VOCE 2015年7月号

[左]耳をもんで、白玉級に柔らかくして
耳が硬いのは疲れているサイン。耳を引っ張りながら、もみほぐす。このとき、鼻の奥にゆっくり息を入れるように呼吸すると効果倍増!
[右]肋骨をさすり、深い呼吸をうながそう!
両手をワキに添え、肋骨に心地よい圧をかけながら、3回さする。お腹、みぞおち、胸の高さでそれぞれ行う。これを3セット。肋骨をさすり、深い呼吸を促して。

おすすめアイテム

VOCE 2015年7月号

[左]リファオースタイル
狙った部位にほどよい刺激を与え、微弱電流との相乗効果で滞りをオフ。
MTG
¥15,000

[中]ビカッサフォースセラム プレミアム 58g
脂肪や水分の巡りに着目し、蓄積したコリをしなやかにほぐす、コクのある美容液。
AYURA
¥12,000

[右]ビカッサプレート プレミアム
肌当たりがなめらかな陶器製プレートの進化版は、全体にゆるいカーブがプラスされ、より立体的に肌にフィット。
AYURA
¥2,800

小顔になる方法 その6

技ありコスメで
顔と首の境目をつくろう!

VOCE 2015年7月号

「あご下と首の境界線が曖昧になると、くびれがなくなり、オジサン化。ネックケアを首との境目を意識して塗り、キュッとしたシェイプを取り戻して」(弓気田さん)「あごまわりの筋肉を鍛えておくことで、リンパの流れがよくなり、シャープな輪郭に」(田中さん)

[左上]コンセントレート トリートメント オイル 30ml
ネックからバストまで、広範囲のマッサージがしやすい、なめらかで指すべりのいいテクスチャー。
THREE
¥8,500

[左下]アベイユ ロイヤル ネック&デコルテ SPF15 50ml
しなやかな柔肌に整えて、首のくびれを再構築するジェルクリームは、塗った瞬間にシュッと締まる感覚が。SPF効果もあり、朝のケアにもOK。
Guerlain
¥16,500

[右]ロイヤル デコルテ クリーム 125ml
女性ホルモンをサポートする、オーガニック植物を配合。血行を促す効果も。
Terracuore
¥4,000

小顔になる方法 その7

むくみを消すコスメで応急処置!

「たとえルールに則っていても、飲みすぎやうつ伏せ寝など、ちょっとしたことが原因でオンナはむくむ。そして勝手に消えないため、応急処置は不可欠。「口まわりの口輪筋は顔の中でいちばん大きい筋肉。ここを刺激すると、一気にリンパが流れてスッキリ」(田中さん)「速効力があるのはツール。スキンケアアイテムをなじませるついでに物理的に流すだけで有効です。夕方のたるみが予測されるときは、引き上げコスメで先手を打つのもあり」(弓気田さん)

VOCE 2015年7月号

[左]アンフィネス グラヴィティ レジスタンス IA 40ml
肌内部の密度がギュッと詰まるような使用感で、ピンとしたハリをもたらし、リフトアップ。
ALBION
¥10,000

[右]B.A ザ デイマスクS 60g
微発泡の液が肌の上で弾けて素早くなじみ、夏肌特有のゆるみをケア。さらに汗に反応すると、ヴェールの強度が増し、夕方まで上向きラインを保つ。
POLA
¥15,000

教えてくれたのはこの方たち!


1日数分のマッサージや、毎日の習慣を変えるだけで大顏化は防ぐことが可能。プロがおすすめする方法を実践して、小顔に変身しちゃおう!

photographs:Noriyuki Koike(cosmetics),Yasuhiro Ito,Rana Shimada text(本誌):Hiromi Narasaki composition:Ayako Serikawa

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる