「秋真っ先に欲しいコスメ☆CHANELの新作は要チェックです!」のトレンド記事をチェックしよう!
秋真っ先に欲しいコスメ☆CHANELの新作は要チェックです!
2016年8月23日

秋真っ先に欲しいコスメ☆CHANELの新作は要チェックです!

  • twitter
  • facebook

いよいよ、待ちに待った新色の季節到来! 気温や湿度はまだまだ夏っぽいけれど、ひと足早く秋顔にシフトチェンジするのがおしゃれな女ってもの。そこで今回は、憧れブランドのCHANELの新作秋コスメをいち早くご紹介しちゃいます♡ この秋はどんなメイクにチャレンジするか予習すべし!

上品だけど官能的になる
CHANELの赤♡

女性の強さと繊細さを表す、情熱の色。
秋のテーマは赤!
 
シャネルの新しいグローバル クリエイティブ メークアップ&カラー デザイナー、ルチア ピカが手掛ける初のコレクション。選んだテーマは、ココ シャネルがこよなく愛し、ブランドのアイコンカラーのひとつでもある赤! チークやリップはもちろん、アイカラーやネイルも、さまざまなトーンとテクスチャーの赤でいっぱい。ひとつ取り入れるだけで、きっと新しい顔になれるはず。シャネルの赤の魔術で、この秋はこれまでとはちょっと違うメイクにチャレンジしてみて!

  • [A]ヴェルニ グロス

  • ゼリーのようなクリアなポピーレッドのネイル。シアーな印象だけど、1度塗りで驚くほど鮮やかに発色。濡れたような光が持続するから「それどこのネイル?」って絶対聞かれちゃう!

  • ¥3,200(限定)

  • [B]ヴェルニ ロング トゥニュ

  • 深みのある赤は女性らしさの象徴。これを爪先に塗れば、ジェル並みの輝きで指先をドラマティックに見せてくれる。もちとツヤをアップさせるならル ジェル コートを上から重ねて。

  • ¥3,200

  • [C]ル クレイヨン レーヴル

  • ナチュラルな仕上がりも丁寧なリップメイクも思いのまま。鮮やかな口紅に合わせるなら、限定カラーのコーラルレッド、97をどうぞ。シックな唇なら、エレガントローズの98がマッチ。

  • ¥2,900(限定あり)

  • [D]スティロ ユー ウォータープルーフ

  • 928はブラウンがかったバーガンディレッド。繊細かつ女らしい目元に仕上げてくれそう。赤みをかすかに感じるダークブラウンの929なら、ほどよく強いラインに仕上がるはず。

  • ¥3,000(限定あり)

  • [A]ルージュ アリュール ヴェルヴェット

  • マットな質感を楽しみたいなら、この4色。56はパワフルなレッド。57は愛らしいカーマインレッド。58は高貴なバラのつぼみのような深い色。こっくりボルドーの59は、特別な日に。

  • ¥4,200 (限定あり)

  • [B]ルージュ アリュール

  • するすると唇の上をすべる、なめらかなテクスチャーで人気のリップ。限定色の168は、イノセントな輝きに満ちたベージュカラー。169は官能的かつ鮮やかな赤。どっちも欲しい~!

  • ¥4,200 (限定あり)

  • [A]ジュ コントゥラスト

  • シルクのようになめらか。マットとシャインの中間のような仕上がりで、少しだけのせればナチュラルに、多めにのせれば鮮やかにキレイな赤みを発色してくれる。にじみ出るような血色感を、簡単に演出できる。

  • ¥5,500 (限定あり)

  • [B]レ キャトル オンブル

  • 大人気のアイパレット。暖かみのあるブラウン、軽やかなベージュ、こっくりディープな赤。ツヤというより深みを感じさせるブラウン系なので、秋の顔にチェンジしたいなら、まずはこれをゲットして!

  • ¥6,900

  • [C]ディマンシオン ドゥ シャネル

  • ひと塗りで目に見えて長くなり、ボリュームもアップするマスカラに、限定色が登場。漆黒とも微妙に異なるスモーキーブラックなら、どこかアンニュイで魅惑的なまなざしに仕上がる。

  • ¥4,200 (限定あり)

  • [D]イリュージョン ドンブル ヴェルヴェット

  • しっとりとしたクリーミィな感触だけど、まぶたになじんだあとはマットな質感に変化する、不思議なアイカラー。限定色のチョコレートブラウンは、塗る範囲で顔の印象が変わる!

  • ¥3,800 (限定あり)

  • [E]イリュージョン ドンブル

  • まぶたを華やかに、つややかに彩るクリームアイカラーにも新色が。付属の筆でつけるもよし、指先で大胆に塗るもよし。さまざまな表情を見せてくれるコッパーの128は、デイリーメイクにもお役立ち!

  • ¥3,800 (限定あり)


CHANELの新作秋コスメを早速チェックして♡

photographs:Tsuyoshi Ogawa illustration:Yoshiko Saito text:Reiko Anazawa,Misaki Kawatsu composition:Hikaru Ohki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる