「人気が止まらない♪皆のメイクでかぶりまくりの超優秀コスメ5選♡」のトレンド記事をチェックしよう!
人気が止まらない♪皆のメイクでかぶりまくりの超優秀コスメ5選♡
2016年7月30日

人気が止まらない♪皆のメイクでかぶりまくりの超優秀コスメ5選♡

  • twitter
  • facebook

2016年上半期、実際に溺愛しまくったコスメを読者にリサーチしました! 使い続けるほど肌の調子がよくなるCCクリームや、今ドキメイクの援軍リップなどなど...。多くの票がかぶりまくったベスト5をご紹介します。新作旧作混戦の、真の人気コスメは私たちのマストバイです♡

メイク部門 1位

ランコムのブラン エクスペール
クッションコンパクト 50

未体験のロースキン仕上げに、
絶賛の声がザクザクと

2016年上半期ベストコスメでプロたちから圧倒的な支持を得たクッションファンデが、早くも読者人気もダントツという結果に。極薄のテクスチャーが肌に密着し、生肌っぽいもっちりツヤ肌が叶う。軽いつけ心地でカバー力もあるのにくずれない。スキンケアしたようなみずみずしさも実感できます。「透明感が生まれてナチュラルな仕上がり。くずれてもキレイ」「テクいらずでツヤ肌に。夕方になっても肌がかぴかぴしません」「暑い季節でもポンポン置くように塗るとひんやり」「ムラにならないからメイク直しもラク」などなどみんな大絶賛♡

  • SPF50+/PA+++ 全5色:¥6,500 / LANCOME

メイク部門 2位

SK-IIの
オーラアクティベーターCCクリーム

塗っているほうが肌の調子がいい。
この劇的効果にすっかり夢中

次から次へと新製品が登場するCCクリーム。そんな中、これは2015年ベスコス部門別1位を受賞しただけあってCCクリーム界の大定番に君臨。1色のみの展開にも関わらず多くの人に愛されるのは、優れたオーラ演出効果&スキンケア効果により、透明感あふれる輝くような肌へと導いてくれるから。「素肌感を残しながら、気になる部分を適度にカバー。夜メイクを落としたとき、肌の状態がよいのもすごいところ。一日中塗っていても、肌がまったくへたれない&くずれにくいので夏にぴったりです。

  • SPF50+/PA++++ 30g:¥8,500 (編集部調べ) / SK-II(Max Factor)

メイク部門 3位

ESPRIQUEのルージュグラッセ

視線をクギづけにできるような、
濃密な潤い発色で大ブレイク

スティック状のオイルインルージュ。唇の上でするっととろけながら、透明感とツヤ感いっぱいの麗しい唇に染める。オイル系リップはもはや“必ず持ってる”一品となったけれど、中でもこれはスリム型でリップラインも美しく仕上げられるのが魅力! メイクトレンドを敏感にキャッチした女子たちが買いまくり。「これを塗っていると、“何を使っているの?”と聞かれます。とくに普段使いにぴったりなのは、ナチュラルなPK801。コスパがいいのでほかの色も試してみたい」「唇がぷっくりと潤うところや、細めで塗りやすいところがいい。お気に入りはOR200」「BE803をひと塗りすれば、下地ナシでも潤いたっぷりの美唇に」との声多数。

  • BE803:¥2,300(編集部調べ) / ESPRIQUE(コーセー)

メイク部門 4位

CANMAKEのクリームチーク

クリームならではの発色で
“ピュアなほっぺ”が今の気分

8月号の読者30万人が選ぶコスメランキング企画のチーク部門で1位になったキャンメイクがランクインしたのはやっぱり! 価格のほか、ジェルっぽい質感や、見た目どおりの愛らしい発色がキモ。「厚ぼったくならないでキレイ」「粉だと舞ってくしゃみが出ちゃうけどこれは大丈夫。なのに、さらっと仕上がるから好き」「色の種類が多くて値段も安く、いろいろな色にチャレンジできる」「大好きな神崎恵さんが雑誌で紹介した08(廃番)も、かわいい価格なのに優秀」との声多数。

  • 14:¥580 / CANMAKE(井田ラボラトリーズ)

メイク部門 5位

Yves Saint Laurent Beautéの
ヴォリュプテ ティントインオイル

昨年の登場以来
まだ勢いがとまらないオイルルージュ

トリートメント効果とメイクアップ効果が融合したオイルルージュ。発売直後から注目を浴びてベストコスメを受賞し、読者アンケートでも持っている人がホントに多い。のびがよくライトなつけ心地なのに、リップバームのように潤しながら麗しく発色。ぷるっとした好感度抜群の唇を約束してくれる。春の追加色、11が人気。時間が経っても唇に色がしっかり残ってキレイな状態を保てます。

  • 11:¥3,800 / Yves Saint Laurent Beauté


かぶりまくりコスメは優秀な証拠♡ あなたもぜひ使ってみて!

photographs:Kosuke Fujimoto text:Miki Onuki composition:Kiriko Sano

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる