「イガリシノブに学ぶ♡夏にぴったりな愛され色っぽメイク法」のトレンド記事をチェックしよう!
イガリシノブに学ぶ♡夏にぴったりな愛され色っぽメイク法
2015年6月22日

イガリシノブに学ぶ♡夏にぴったりな愛され色っぽメイク法

  • twitter
  • facebook

女子を可愛く、キレイに見せることにかけてはピカイチなイガリシノブさんが甘いだけじゃなく色っぽいメイクをレクチャー♡ ピンク×ブルーが鮮やかな夏っぽい色気メイクに挑戦して!赤みがポイントのいつもより、色っぽく見えるメイク方法にチャレンジして!

愛され色っぽ♡夏メイクのポイント

①上まぶたの青シャドウで夏っぽく
②ピンクを涙袋にのせて甘さをプラス
③上気した肌で色っぽさをキープ

HOW TO MAKE UP

ピンク×ブルーの鮮やかな組み合わせで仕上がる愛され色気メイク♡ピンクシャドウを涙袋にのせることで、ぷっくりと見せて甘さを加えるのがコツ。イメージは「美しい洋館に住んでいるような“お嬢さん系日傘ガール”。陽射しを含めてまわりから守られている感じなので、男性にも大切にされると思います」(イガリシノブさん)甘さもありつつ、しっかり色気をキープした夏にぴったりな愛され色っぽメイクに早速挑戦!

STEP 1

上まぶた4分の3に青シャドウ

VOCE 2015年7月号 森絵梨佳

パレットの中央のブルーを上まぶたの目頭から4分の3までの範囲にオンするだけで夏感が。ブルーが主張しすぎないように目をあけたときはっきり見える目尻側ギリギリまではのせないのがポイント。

STEP 2

ピンクシャドウを涙袋にオン

VOCE 2015年7月号 森絵梨佳

下まぶたの涙袋全体にピンクシャドウをオン。まつ毛のキワ、ギリギリまでなじませ、インサイドまでしっかりのせることで、白目に赤みが映ってちょい甘な印象に。

STEP 3

チークは頰の真ん中塗りで愛され顔に

VOCE 2015年7月号 森絵梨佳

チークを中指と薬指でとり、笑うと高くなる頬骨の中央から小鼻脇に向けて薄く、長く広げる。そうすることで上気された肌に見え、色っぽさUP!

FINISH

愛されサマースイートメイクの完成♡

VOCE 2015年7月号 森絵梨佳

涙袋にピンクシャドウを入れることで、甘さが加わり愛され顔に。クリームチークで内側から上気しているような頰をつくれば、夏にぴったりな愛され色っぽメイクのできあがり♡

  • ワンピース:¥62,000 / Sincerely Yours Sretsis Inn

教えてくれたのはこの方!

イガリシノブさんのメイクテクを学んで、夏にぴったりな愛され色っぽメイクに挑戦してみて♡

photographs:Takao Sakai/aosora(model) Yasuhiro Ito(cosmetics) hair&make-up:Shinobu Igari/BEAUTRIUM styling:Kasumi Kato model:Erika Mori text:Hitomi Hashimoto composition:Tomoko Oniki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる