「「食べない」はもう古い!きちんと食べて燃やせるカラダになる方法♡」のトレンド記事をチェックしよう!
「食べない」はもう古い!きちんと食べて燃やせるカラダになる方法♡
2016年8月15日

「食べない」はもう古い!きちんと食べて燃やせるカラダになる方法♡

  • twitter
  • facebook

夏本番ともなると、隠してばかりはいられないのが、カ・ラ・ダ。とはいえ、もう時間がない……(汗)。でも大丈夫。ViViが頼れるダイエット法をご紹介! 糖質オフやファスティングなど、食べないダイエットが流行っているけど、続かない人も多いはず。美味しくて満足感もありありで、やせやすい体になれる食事法なら続きます!

板橋式食事改善で
くびれを作るための3つのオキテ♡

① バランスよく食べ、ヤセやすい体にする
1食あたり、生野菜なら両手にのるぐらい、おひたしなどのゆで野菜や、肉や魚などのタンパク質は片手のひら分を摂取量の目安に。

② お昼は野菜を中心に500kcal以内におさめる
カロリーをチェックし、野菜メインにとるのが基本。お弁当や定食、セットなら、ごはんやパスタなどの炭水化物は1/3は残すのが正解。

③ 質のいい油と炭水化物を摂る
適量なら、体をきちんと回すうえでマスト。油はココナッツやオリーブなど植物性に、炭水化物は食物繊維の多い玄米や雑穀米にして。

やせるカラダができるレシピ

「食べてやせる」をかなえてくれる板橋さんのスーパーレシピを公開。お料理はちょっと苦手というコでも簡単につくれておいしくて満足度◎なメニューばかり!

  • 管理栄養士:板橋里麻さん

  • おいしく食べるファスティングを提唱する『デリファス』主宰。わかりやすくていねいな食事コーチングが人気。IOTA認定オーガニックセラピスト。

朝 # 01

黄色のデトスムージー

  • 【材料】

  • グレープフルーツ:1/2個

  • パイナップル:100g

  • セロリ:30g

  • しょうが:スライス2枚程度 

  • ココナッツオイル:ティースプーン1杯

  • 水:100ml

【作り方】
材料をひと口大にカットし、ミキサーにかける。長めにかけることでなめらかに。

グレープフルーツの薄皮には、ダイエット効果が期待できる苦味成分がイン。そこにビタミンB群が豊富で、タンパク質分解酵素の多いパイナップルを+。食物繊維たっぷりなセロリ、カラダを温めるしょうが、脂肪燃焼を促すココナッツオイルがアクセントになったスッキリ味のダイエットスムージーです!

朝 # 02

たっぷり野菜と
キヌアのチョップドサラダ

【材料】

  • ★蒸し鶏・鶏むね肉(皮なし※市販のサラダチキンでもOK)…60g

  • ・酒:大さじ2

  • ・塩、こしょう:少々

  • ★野菜

  • ・ベビーリーフ:30g

  • ・ブロッコリー:1/4房

  • ・ミニトマト:4個

  • ・キヌア:大さじ1(15g)

  • ・ミント:少々(ナシでもよい)

  • ★ドレッシング

  • ・オレンジジュース:大さじ1

  • ・オリーブオイル:小さじ1

  • ・塩麹:大さじ1/2

  • ・塩・こしょう:少々

ひと皿で、タンパク質、炭水化物まで摂れちゃうおかずサラダ。炭水化物としては、吸収がゆるやかで、ビタミン、ミネラルが豊富なキヌアをチョイス。朝からたっぷりと野菜を摂って、代謝を底上げしましょう!

【作り方】
① 耐熱容器に蒸し鶏の材料を入れ、ラップをして3~4分電子レンジにかける。
② ブロッコリーは小房に分け、塩をひとつまみ入れた熱湯で茹でる。キヌアは約15分茹でる。ミニトマトは半分に、ミントはざく切りに。
③ ドレッシングの材料を混ぜ、①②と混ぜ合わせる。

朝 # 03

チア&フルーツプディング

【材料】

  • チアシード:スプーン1杯

  • 低脂肪乳(もしくは豆乳、アーモンドミルク):100ml

  • はちみつ:大さじ1

  • 好みのフルーツ、ナッツなど:適量

スーパーフードであるチアシードのプチプチ感がクセになる朝食メニューは、前日の夜に仕込んでおけばOK。ダイエット中に甘いものを食べたいときのオヤツとしてもオススメ!

【作り方】
① チアシードとミルク、はちみつをよく混ぜ合わせて、冷蔵庫で冷やす。
② 好みのフルーツ、ナッツなどをのせていただく。

夜 # 01

ネバネバ梅そば

【材料】

  • そば(乾麺):80g ※ゆで麺なら150g程度 

  • 納豆:1パック

  • オクラ:5本

  • 梅干し:1個

  • めんつゆ(ストレートタイプ):大さじ1

  • 大葉:少々

そばは吸収されにくいため、ダイエット中に麺を食べたいときに◎。発酵食品の納豆は腸内環境を整え、便秘からくるお腹ぽっこりを解消し、オクラのネバネバ成分は胃腸を整えてくれる効果大。また、梅に含まれるクエン酸は代謝を高めるといわれています。

【作り方】
① そばを茹で、水でしめておく。オクラは輪切りにし、納豆は混ぜて、ねばりを出す。
② 梅干しをたたいて、めんつゆと和える。
③ 器にそば、納豆、オクラ、千切りにした大葉を盛りつけ、②をかけていただく。

夜 # 02

マグロのポキ丼

【材料】

  • マグロ(刺身赤身用)…80g

  • アボカド…1/4個 

  • スプラウト…1/2パック

  • 炊いた玄米…120g

  • ・ごま油…小さじ1/2

  • ・しょうゆ…大さじ1/2

  • ・みりん…小さじ1

脂肪分が少なく、鉄分などの不足しがちな栄養素を多く含むスーパー食材、マグロを使った丼メニュー。トマトのリコピンやアボカドのビタミンEには美肌効果も期待でき、ビタミンB群や食物繊維が豊富な玄米が代謝を上げて、糖質の吸収をセーブしてくれます!

【作り方】
① マグロ、アボカドはひと口大に切る。スプラウトは根元を切り、さっと洗っておく。
② 器に玄米を盛り、①とAの材料を和えて盛りつける。

夜 # 03

豚ヒレ肉の塩麹漬け

【材料】

  • 豚ヒレ肉…80g

  • 塩麹…大さじ1

  • みりん…大さじ1/2

  • ★付け合わせ

  • ・ベビーリーフ…20g

  • ・ラディッシュ…1個

代謝をスムーズにするために必要なビタミンB1が豊富な豚肉の中でも、ヒレ肉はささみよりも脂肪分が少なく、不足しやすい鉄分なども豊富なダイエット食材。多めにつくって、①の状態で冷凍保存しておくのもオススメで、お弁当のおかずにも◎。

【作り方】
① 豚肉、塩麹、みりんを保存用袋などに入れてもみ込み、30分以上冷蔵庫でおく(前の晩に仕込んでもOK)。
② フライパンにクッキングシートを敷いて、その上に①をのせ、フタをして蒸し焼きに。途中返して、もう片面も焼く。
③ 付け合わせと一緒に盛りつけて完成。

たった2週間でこんなに結果が!

体重:-1.5kg
ウエスト:-6.2cm

体重は健康的にやせるという意味ではいいペース! 注目すべきがウエスト。便秘がちだったお通じも改善し、なんと2週間で驚異的なサイズダウンを実現♡


きちんと食べて痩せるということが一番! あなたも参考にしてみて♡

ViViの新着トレンド記事

トップへもどる