「LAガールにメイクで変身♡欧米人メイクをイガリシノブがレクチャー」のトレンド記事をチェックしよう!
LAガールにメイクで変身♡欧米人メイクをイガリシノブがレクチャー
2015年6月24日

LAガールにメイクで変身♡欧米人メイクをイガリシノブがレクチャー

  • twitter
  • facebook
8666views

女の子を可愛く見せる達人、イガリシノブさんが教える欧米人メイク!骨格をつくりかえるだけでなく、皮膚感までも寄せていく。イガリさんのが得意ワザ。今回はLAのタウンエリアに住んでる自立したイメージのLAガールをイメージしたメイクを紹介します♡

LAガールメイクのポイント♡

①太陽の下にいる肌特有のドライな質感
②頰には少し日焼け風のニュアンスを
③光をプラスして立体感を加えよう
④下まつげ多めマスカラで目元を強調!

HOW TO LAガールメイク

STEP 1

パール入り下地でヘルシー感をプラス

VOCE 2015年 7月号

まず、化粧水たっぷり、乳液少なめでスキンケア。その後、手の甲にヘルシー感をつくるベースをパール粒大だす。

STEP 2

3本の指でベースを肌になじませる

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

筋肉の流れに沿って、外から内へ、ベースを指3本でなじませる。ダークな色なので、くすまないために目まわりは塗らないのがコツ!

STEP 3

コンシーラーで骨格カバー

2015年 7月号 VOCE 垣内彩未

コンシーラーを目の下に。筋肉の方向にあわせるように、上から下へ、斜めにのせて、上にあがった頬を演出。

STEP 4

くすみがちな口角も忘れずに

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

くすみがちな口角にもコンシーラーをオン。上唇は、口角から山へ向けて。下唇は口角から中央に向けてのせる。

STEP 5

光をプラスし、丸みのある額を演出

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

コンシーラーを額にもオン。へこんでいる眉の上に、タテに線を描くようにのせると、丸みのある額に見えるうえ、シワもカバー。

STEP 6

トントンと軽く叩いてなじませよう

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

コンシーラーを指でなじませる。その際、トントンと軽く叩き込みながら行うとヨレにくい!

STEP 7

日焼け止めは塗る前によく伸ばそう

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

日焼け止めをたっぷりとって、ほとんど見えなくなるくらいまで両手の平によ~くなじませる。

STEP 8

手のひらで押さえて密着を

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

頰から額、アゴまわりの順に、手の平で押さえるようになじませる。ひっぱると、下のコンシーラーがズレるので注意!

STEP 9

首までしっかりカバーを

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

顔の肌との皮膚感の差がでないよう首まで塗り、黄味をオフ。手の平で上から下へ、押さえるように。

STEP 10

ベージュのチークで日焼け肌に

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

頰骨の高い欧米人を真似て、ベージュ色のチークを頰骨のふちあたりに。左右のチークをつなぐように鼻にものせて日焼け風に。

STEP 11

チークを唇にもオン!

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

チークをなじませた指で唇をトントン。素の唇の色を抑えてほんのりローズな血色感をつくる。

STEP 12

チークでホテり肌を演出

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

ホテってる感をつくるためにチークを黒目内側の延長線上にあたる頰骨のふちに。中指の第一関節の長さぶんのせる。

STEP 13

パウダーチークで日焼け肌っぽさUP

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

内側から溢れたような血色感をつくるために、大きめのブラシにパウダーチークを含ませて、練りチークよりやや広めにふわっと。

STEP 14

顔まわりにツヤ感をプラス

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

顔まわりにパウダーファンデを。ここだけツヤを抑えることで、太陽にうるおいを奪われたようなLA肌に♡

STEP 15

リップはオレンジをオン

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

唇をはっきりさせず、曖昧に見せるために最初はリップブラシを使って、下唇だけにリップを中央から輪郭方向へ。

STEP 16

唇をなじませてほんのり色付ける

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

上下の唇をあわせて“ンパッ”と。このテクで下だけに塗ったリップをほんのり上唇に移す。

STEP 17

さらに重ねづけで血色プラス

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

再びリップをオン。今度はスティックのままトントンと軽く叩き込むようにのせてふわんと。最後に“ンパッ”と。

STEP 18

ハイライトでメリハリを

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

小さなブラシにハイライトを含ませる。ハイライト効果の高い上の2色、ラベンダーとブルーを中心に。

STEP 19

上唇にオンでぷっくりリップに

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

上唇の山にiをのせる。輪郭のふちをなぞるようなイメージで。光効果でちょっとめくれたような立体感が。

STEP 20

色効果で透明感UP

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

上まぶた全体にもハイライトを。同じく、ラベンダーとブルーを混ぜて透明感のある目もとをつくる。

STEP 21

インサイドにも
ハイライトでうるみ感が!

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

ブラシの先端を使って、下まぶたのインサイドにもハイライトをオン。白目が澄んでうるみ感も生まれ、瞳がキラキラ。

STEP 22

まつ毛をナチュラルに上げる

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

アイラッシュカーラーで、まつ毛の根元をぎゅっと挟んで、立ち上げる。やりすぎにならないよう1回だけでOK。

STEP 23

マスカラは根元多めにオンを

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

上まつ毛にマスカラを。立ち上げた根元にたっぷりつけて毛先方向へスッと抜く。

STEP 24

下まつげはマスカラ多めに

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

下まつ毛は、上まつ毛以上にたっぷり。とくに、根元はまぶたにくっついちゃうくらい塗って目もとくっきり。

FINISH !

LAガールな欧米人メイクの完成♡

VOCE 2015年 7月号 垣内彩未

イメージしたのはLAのタウンエリアに住んでいるような女性像。一緒にいたはずの彼がいつのまにかスケボーにハマりだして放置されちゃっても、気にしない。その状況を一人で楽しんじゃうような自立したムードを持つ姿を、少し凛々しさや男っぽさを感じさせるメイクで表現。

  • photographs:Takao Sakai/aosora,Yasuhiro Ito(cosmetics) hair&make-up:Shinobu Igari/BEAUTRIUM styling:Kasumi Kato model:Ayami Kakiuchi text:Hitomi Hashimoto composition:Tomoko Oniki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる