「VOCEベストコスメ2015年上半期発表!メイク編グランプリは?」のトレンド記事をチェックしよう!
VOCEベストコスメ2015年上半期発表!メイク編グランプリは?
2015年6月23日

VOCEベストコスメ2015年上半期発表!メイク編グランプリは?

  • twitter
  • facebook

2015年上半期のVOCEが選ぶベストコスメを発表! 今回は審査員が過去最多の47名となり、VOCE史上最大の規模でお届け。美のプロがVOCE読者のためにゼロから選んで採点し、厳正な集計を経て決定された“今季の顔”的コスメたち。さて、栄冠はどの逸品に!?

VOCE ベストコスメとは?

2015年1~6月に発売されたすべてのコスメを対象に、47名のビューティストが選出。ジャーナリスト、エディター、スペシャリスト、ライターは、メイクアップ部門(13)とスキンケア部門(12)を審査し、ヘアメイクアップアーティストはメイクアップ部門のみを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出して、メイクアップ部門とスキンケア部門のグランプリと部門賞を決定!

メイクアップ編 グランプリ

すっぴんを究極美肌にする最終兵器、
登場!

VOCE 2015年8月号 森絵梨佳 SK-Ⅱ オーラアクティベーター CCクリーム SPF50+・PA++++ 30g

SK-Ⅱ オーラアクティベーター CCクリーム SPF50+・PA++++
百花繚乱のBB&CC市場を制し、さらにはメイクアップ部門も制してグランプリを勝ち取ったのがこちら。細胞・遺伝子レベルのメカニズム研究と、光を操るアプローチ研究を踏まえて誕生したCCクリームである。塗るほどにキメが改善し、トーンアップするというスキンケア効果と、トラブルだけを隠す賢いメイクアップ効果、さらにSPF50+、PA++++できっちり肌を保護するプロテクト効果を兼ね備えているとあって、ダントツの高得点!

  • 30g:¥8,500(編集部調べ) / MAXFACTOR

  • ワンピース:¥12,000 / AGNOST

  • リング:¥8,000 / e.m.

340点を獲得!

470点満点中340点、10点満点の評価がなんと21名!堂々のグランプリです。

10点
AYA / 犬木 / 入江 / 大貫 / 神崎 / 草野 / KUBOKI / 高橋里 / 田中 / 橋本 / 藤原 / 松本 / 山本浩 / 山本未 / 石井 / 高橋絵 / 鬼木 / 蜷川 / 芹川 / 鏡 / 中田
9点
平 / 高野 / 中川 / 永田 / 前田 / 丸岡 / 宮下 / 吉田 / 湯川 / 三好 / 梅野
8点
穴沢 / 齋藤 / 楢﨑
7点
黒田

審査員のコメント

橋本日登美(ライター)
なじませた直後の肌の透明感が、まず圧巻。その透明感がメイクを落とすまで、さらには落とした後まで続く点に美白効果を実感。

齋藤薫(ジャーナリスト)
内側と外側両方から美白にアプローチ、UVケアで白さを守る多機能ぶりが嬉しい。うるおいで肌を輝かせる効果も素晴らしい。

入江信子(エディター)
パサつきを一発解消するケア力と、一本でベースメイクとして満足できるツヤとカバー力。

AYA(ヘア&メイクアップアーティスト)
色で補整するのではなく、質感で肌色を整えてくれる。重ね塗りすれば光の効果で軽さ、透明感が引き立つ。

大貫未記(ライター)
ハイプロテクションとは思えないほど心地いい使用感で、お疲れ肌もイキイキと見える便利アイテム。

草野貴子(スペシャリスト)
美白美容液・セルミネーション オーラ エッセンスのような肌の発光感を、CCクリームで表現する技術に驚嘆。キメに密着し、ファンデより自然な輝きが。

宮下弘江(ライター)
いきいきした素肌感は残しつつ、上質な発光感でくすみを消去。美すっぴんを偽造できるCC。

山本浩未(ヘア&メイクアップアーティスト)
高いスキンケア効果で肌をトーンアップ。きちんとガードしながらナチュラルな仕上がりで、化粧くずれしにくいのも優秀!

SK-Ⅱのコメント

「ひと塗りで透明感と輝きのあるオーラ美肌になるCCクリームです。SK-Ⅱならではの高いスキンケア効果と、瞬時に肌を美しく仕上げるメイクアップ効果、UVケア効果を一本で実現できるので、世代や季節を問わずオススメです」(シニアPRマネジャー・土屋香里さん)

美容ジャーナリストの齋藤薫さんが
グランプリコスメを解説

VOCE 2015年8月号 齋藤薫

本来が脇役のCCが主役肌に
妥協を許さぬ時代の証

まず、ここ数シーズンはCCが前例のない豊作。今季はBBはもちろん、肌をキレイに見せるUVケアも相まって、さながら“高機能下地”祭りの様相を呈している。ファンデ自体も新形状の名品が目白押しだが、むしろ今は肌づくりのオプションアイテムで、肌の完成度を競う時代なのである。特にCC市場は、高級CCやスキンケアラインからの登場も目立ち、“欠点を修整し肌をキレイに見せるもの”こそ私たち女が何をおいても欲しかったアイテムであることを思い知らせた。しかもこのジャンルがまだ進化の途中で、未来へ向けて成長していくことも物語ったのだ。

そんな華々しいCC界でも、一番丁寧に作られ、期待に一番真摯に応えてくれたのがSK-Ⅱだったのだろう。美白の名品オーラ美容液とCCクリームの組み合わせは願ってもないこと。オーラという目に見える輝きと、欠点を見せないカバー力の融合、そこに美白成分はもちろん、UV最高値の鉄壁の守りと、つけた瞬間肌がもっちりする高度な保湿効果までが加わり、はっきり言って文句のつけようがない。いずれにせよ、本来が脇役のはずのCCが、主役に躍り出る……それが細部にこだわり、妥協を許さぬ今のメイクアップ市場を象徴しているのである。

2015年上半期審査員一覧
(メイクアップ編)

HAIR&MAKE-UP ARTIST
AYAさん / 犬木愛さん / 川添カユミさん / KUBOKIさん / 黒田啓蔵さん 嶋田ちあきさん / 高橋里帆さん / 田中宏典さん / 千吉良恵子さん / 中村未幸さん / 藤原美智子さん / 山本浩未さん

JOURNALIST
齋藤薫さん / 吉田昌佐美さん

EDITOR
安倍佐和子さん / 入江信子さん / 近藤須雅子さん / 平輝乃さん / 松本千登世さん

SPECIALIST
神崎恵さん / 草野貴子さん / 小林ひろ美さん / 高野尚子さん / 山本未奈子さん

WRITER
穴沢玲子さん / 大貫未記さん / 小池菜奈子さん / 中川知春さん / 永田みゆきさん / 楢﨑裕美さん / 橋本日登美さん / 前田美保さん / 丸岡彩子さん / 宮下弘江さん

VOCE EDITOR
VOCE編集長 石井亜樹 / WEB編集長 中田景子 / 湯川円 / 高橋絵里子 / 福田秀芳 / 三好さやか / 梅野有希子 / 生方杏里 / 鬼木朋子 / 鎌田貴子 / 蜷川麻実 / 芹川綾子 / 鏡裕子

photographs:Yasuhisa Kikuchi/vale.(model), Yasuhiro Ito(still) hair&make-up:Ai Inuki/Agee, Mayuko Shirouzu/roraima model:Erika Mori styling:Ayumi Takagaki/LOVABLE text:Hiroe Miyashita, Reiko Anazawa, Saiko Maruoka composition:Tomoko Oniki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる