「日焼け肌にマッチ♡フレッシュなブルーメイクを濱田マサルが指南!」のトレンド記事をチェックしよう!
日焼け肌にマッチ♡フレッシュなブルーメイクを濱田マサルが指南!
2015年6月25日

日焼け肌にマッチ♡フレッシュなブルーメイクを濱田マサルが指南!

  • twitter
  • facebook

今年注目のカラー、ブルー。青は夏のカラーメイクの定番色!陽射しに映えるその目もとにシェイディングを利かせたちょっと日焼けっぽい肌に仕上げれば、太陽が似合う夏ガールに変身♪女の子を可愛く見せるメイクテクに定評がある濱田マサルさんが紹介します♪

“内攻め”ならブルーメイクも簡単♡

ブラウンメイクが定番の人にはちょっと難易度が高いと思われてしまいそうなブルーメイク。「ブルーは誰にでも似合うんだよ。すべては入れ方次第。目を開けたとき、がっつり見えるところまで入れると古臭くなる場合があるので、このメイクのようにアイシャドウも鮮やかなブルーのアイラインもあえての“内攻め”に!」(by 濱田マサル)

HOW TO MAKE UP

9
STEP 1

アイシャドウをオン

上まぶたの目頭から黒目の手前までは、まつ毛ギワから眉下までにアイシャドウのパレット左端のブルーを。黒目の手前から目尻までは、アイホール内にアイシャドウのパレット右端のベージュ系をオン。

STEP 2

ダークカラーで引き締めを

ブルーのアイライナーで上まぶたのまつ毛ギワ全体と、下まぶたの目頭から黒目の手前までにラインを引く。黒目の下部分にアイシャドウのパレット中央下段のベージュ系、黒目の外側から目尻まではアイシャドウの中央上段の濃いネイビーを。

STEP 3

マスカラで濃いまつ毛を演出

まつ毛にはマスカラをオンして濃いまつ毛を演出して。下まぶたの目尻ギワを、ダークカラーで引き締めるのもワザ!

STEP 4

光をプラスで立体的に

パウダーチークを頰骨上に斜めに。唇には02を塗った後、アイグロスを上唇の山と下唇中央にのせて光をプラスして立体感を出して。

FINISH

夏にぴったりなブルーメイクの完成!

9

アイホール全体に青を入れず、あえて“内入れ”していることで、ひとつ間違えると古臭く見えがちなブルーメイクを今っぽく垢抜けた印象に♡ブルーは日焼け肌に合うカラーなので、シェーディングを利かせて日焼け肌にチェンジすることで、陽射しにマッチした夏メイクの完成!

  • Tシャツ:¥8,000 / Inpaichthys kerri

今回使用したアイテムはこちら♡

with 2015年7月号
  • [01]ル・プリズム・ブラッシュ 26 :¥6,200 / Parfums Givenchy

  • [02]リップスティック 302:¥3,000 / PAUL & JOE BEAUTE

  • [03]アイグロス S 01:¥2,500 / PAUL & JOE BEAUTE

  • [04]アイライナー エフォシル ショッキング 2 :¥4,200 / Yves Saint Laurent Beauté

  • [05]マサル マスカラ ブラック:¥3,200 / blanche étoile

  • [06]イプノ パレット DR10 :¥6,600(6/12限定発売) / LANCÔME

  • [07]ヴェルニィ・ジバンシイ 26 :¥3,000(限定発売) / Parfums Givenchy

マサル流ヘルシー極意

メイク次第で、服はモードにもカジュアルにも見せることができる。今回のようにラフなTシャツコーデにもあえて濃いめのメイクを合わせるのが今っぽい。カジュアルなファッション×ラフなメイク、という固定概念を捨てて、新しいバランスにトライしてみて。


夏にぴったりなブルーメイクのコツを覚えて、今年はカラーメイクを楽しんでみて♪

  • 撮影 / 押尾健太郎(モデル)、中林正二郎(snow / 商品) ヘア&メイク / 濱田マサル(MA36) スタイリスト / 宮澤敬子(D-CORD) モデル / 垣内彩未(本誌専属) 取材・文 (本誌)/ 橋本日登美

withの新着トレンド記事

トップへもどる