「VOCEベストコスメ2015年上半期発表!スキンケア編グランプリ」のトレンド記事をチェックしよう!
VOCEベストコスメ2015年上半期発表!スキンケア編グランプリ
2015年6月23日

VOCEベストコスメ2015年上半期発表!スキンケア編グランプリ

  • twitter
  • facebook

2015年上半期のVOCEが選ぶベストコスメ、スキンケア編のグランプリを発表! 効果感を高める感触やユニークな使用法など、“+”の部分にもこだわった強者が揃った今季。効く美白の扉を開けたポーラの美容液が、スキンケア唯一の300点超えでグランプリに!!

メイクアップ編グランプリはこちらでチェック!

スキンケア編 グランプリ

美白新時代を感じさせる
画期的アプローチで制覇!

VOCE 2015年8月号 垣内彩未

ホワイトショット CX(医薬部外品)
すぐに結果が出るわけじゃなく、テクスチャーや、なんとなく感じる透明感で妥協していた今までの美白。そんな“美白の壁”をぶち破り、美白ケアに持つマイナスイメージを180度変えたホワイトショット CX。年齢とともに低下していく「セルフクリア機能」を活性化させる画期的なアプローチにより、確かな白さを実感できると多くの審査員から10点満点を獲得。即効的に効果がわかる保湿&エイジングケアの強豪を抑えて、見事グランプリに輝きました。

  • 25ml:¥15,000(リフィル:¥14,000) / POLA

301点を獲得!

350点満点中301点!スキンケア部門で唯一の300点越えとなりました。審査員のうち24人が10点満点と回答しています。

10点
穴沢 / 安倍 / 入江 / 神崎 / 草野 / 小池 / 平 / 高野 / 永田 / 楢﨑 / 橋本 / 前田 / 松本 / 丸岡 / 宮下 / 山本未 / 石井 / 高橋絵 / 三好 / 生方 / 鬼木 / 蜷川 / 芹川 / 中田

9点
大貫 / 近藤 / 湯川 / 梅野 / 鎌田 / 鏡

7点
齋藤

審査員のコメント

近藤須雅子(エディター)
シミやくすみを防止するだけでなく、日焼けをした後でもすぐ元の白さを取り戻せた昔のピチピチした肌を取り戻せる。キメまで細かく!

入江信子(エディター)
セルフクリア理論に説得感が高く、実際肌全体が冴えて、透き通る様もかなりのもの。シリーズのサプリとの併用で効果がアップする。

平輝乃(エディター)
シャパッとした感触でグングン染みこむ浸透力が何より心地よい。子供の頃のように自力で元の肌色に戻すという美白の方向性に共感。

山本未奈子(スペシャリスト)
さらりとしたローションのように浸透感のある美容液。塗布してすぐ肌のトーンアップを実感できる即効性とセルフクリア機能へのアプローチでシミを恐れない肌に。

松本千登世(エディター)
くたびれた白シャツがおろしたてに!?「元気そう」と褒められる朝が増えるはず。

宮下弘江(ライター)
モヤモヤした薄ジミに感じる手応えが素晴らしい。肌の“白くなるスイッチ”を押してくれるようなスゴ技美容液!

小池菜奈子(ライター)
肌の色やシミ、キメまで変化するような手応えにワクワク。毎日楽しみでやめられない!

草野貴子(スペシャリスト)
多方面からのアプローチで確実な美白を可能にしてくれる高性能なアイテム。優れた浸透力でよどみない美肌に導く。

POLAのコメント

「『セルフクリア機能』を業界で初めて解明し、その機能を高めるために、必要な成分を必要な場所で効かせるよう、処方の開発にこだわりました。日焼けの治りが昔より遅くなったなと感じたら、ぜひホワイトショットCXをお試しください!」(PR担当・田中琴乃さん)

美容ジャーナリストの齋藤薫さんが
グランプリコスメを解説

VOCE 2015年8月号 齋藤薫

久々の興奮をもたらした発見
ポーラの研究に敬意を表したい

顔全体用とシミ用をきっちり分けたからこそ、効果も明快、進化も鮮やかな“ポーラ方式”が、また快挙を成し遂げた。肌自身が自らを美白するセルフクリア機能を持っていたという重大な発見は、大きなニュースがなかった美白界に久々の興奮をもたらしてくれたのだ。またそれは、歳をとるとシミが消えなくなる理由をズバリ言い当てる解明でもあり、いつも核心を突いてくるポーラの研究に、改めて敬意を表したくなった。

逆に言えば美白は既に理論上“限界”に達しているイメージがあったが、これは美白理論にもまだまだ先があると教えてくれた。だから美白が本当に効き始めるのは、むしろこれからかもしれないという予感をもたらすほど。ましてや今シーズンの美白は、どちらかというと“考え方の新しさ”で進化をアピールするものが多かった中で、これはまさにメラニンへの王道ケアの未来を切り開いた新作。そういう意味のエポックメイキング的な製品となったことでも票を集めた。今までの美白が効かなかったという人も、美白そのものに飽きてしまったという人も、そもそも美白に興味がないという人も、「これは試してみる価値あり」と思ったはずだ。肌の表面からトーンアップしていく未体験の実感を、肌で思い知るはずだから。

VOCE ベストコスメとは

2015年1~6月に発売されたすべてのコスメを対象に、47名のビューティストが選出。ジャーナリスト、エディター、スペシャリスト、ライターは、メイクアップ部門(13)とスキンケア部門(12)を審査し、ヘアメイクアップアーティストはメイクアップ部門のみを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出して、メイクアップ部門とスキンケア部門のグランプリと部門賞を決定!

2015年上半期審査員一覧
(スキンケア編)

JOURNALIST
齋藤薫さん / 吉田昌佐美さん

EDITOR
安倍佐和子さん / 入江信子さん / 近藤須雅子さん / 平輝乃さん / 松本千登世さん

SPECIALIST
神崎恵さん / 草野貴子さん / 小林ひろ美さん / 高野尚子さん / 山本未奈子さん

WRITER
穴沢玲子さん / 大貫未記さん / 小池菜奈子さん / 中川知春さん / 永田みゆきさん / 楢﨑裕美さん / 橋本日登美さん / 前田美保さん / 丸岡彩子さん / 宮下弘江さん

VOCE EDITOR
VOCE編集長 石井亜樹 / WEB編集長 中田景子 / 湯川円 / 高橋絵里子 / 福田秀芳 / 三好さやか / 梅野有希子 / 生方杏里 / 鬼木朋子 / 鎌田貴子 / 蜷川麻実 / 芹川綾子 / 鏡裕子

photographs:Yasuhisa Kikuchi/vale.(model), Yasuhiro Ito(still) hair&make-up:Ai Inuki/Agee, Mayuko Shirouzu/roraima model:Ayami Kakiuchi styling:Ayumi Takagaki/LOVABLE text:Hiroe Miyashita, Reiko Anazawa, Saiko Maruoka composition:Tomoko Oniki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる