「美人度が一気にアップ!プロが教える秘密の眉メイクテク6つ」のトレンド記事をチェックしよう!
美人度が一気にアップ!プロが教える秘密の眉メイクテク6つ
2017年2月19日

美人度が一気にアップ!プロが教える秘密の眉メイクテク6つ

  • twitter
  • facebook

毎日描くものだけど、やっぱり難しい眉メイク。眉毛の悩みも人それぞれだけれど、何度も同じところでつまずいている人も多いのでは? 達人たちがそんなお悩みにズバッと答えてくれました。目ウロコテク&アイテムを取り入れて、美人度を一気にアップさせて!

Q. 01

自分に似合う眉の色、
どうすれば見つかりますか?

VOCE 2017年3月号 工藤陽美 自分に似合う眉の色、どうすれば見つかりますか?

A. まずはチャコールブラウンを試してみて

「どんなメイクにも合うカラーとしておすすめしたいのが、チャコールブラウン。服やメイクを選ばず、キマります!」(ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん)

  • [上]シングルアイシャドー/マット 2073

  • アイシャドウだと軽いタッチで描くことができるのでおすすめ。質感や粉の具合がちょうどいい。

  • ¥3,000 / NARS(ナーズ ジャパン)

  • [下]デュオアイシャドー 3063

  • なじみの良い2色のシャドウは使いやすさ抜群。

  • ¥4,200 / NARS(ナーズ ジャパン)

Q. 02

左右の眉毛が対称に描けません……

VOCE 2017年3月号 左右の眉毛が対称に描けません……

A. 利き手と逆の眉毛から描きましょう

「利き手とは逆の眉から描くとバランスが取りやすい。また左右同じスピードで描くのもおすすめ」(ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん)

Q. 03

眉尻のカーブがうまくキマらない!

VOCE 2017年3月号 眉尻のカーブがうまくキマらない!

A. 眉尻を描くときは横に鏡を持ってきて

「決まった方向からだけ見ているとバランスが取りにくいので、鏡の角度を変えると良し。大きな鏡で見るのもgood!」(ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋 希さん)

Q. 04

ペンシルがつるつる滑って
うまく書けないのはどうして?

VOCE 2017年3月号 ペンシルがつるつる滑ってうまく書けないのはどうして?

A. ベースの油分が原因。フェイスパウダーを眉毛の間にも入れ込んで

「ファンデーションなどの油分がのっていると、色がのりにくい。フェイスパウダーをのせてしっかりと油分を抑えて」(ヘア&メイクアップアーティスト KUBOKIさん)

  • ステイ マット シアー プレスト パウダー 101

  • 粉の軽さや細かさはKUBOKIさんのお墨付き。

  • ¥3,500 / CLINIQUE 詳しくみる

Q. 05

午後になると必ず眉毛がなくなる……。
絶対に落ちないアイテムありますか?

VOCE 2017年3月号 午後になると必ず眉毛がなくなる……。絶対に落ちないアイテムありますか?

A. シンクロ選手用アイテムがスゴイですよ!

「アーティストのライブメイクをするときは、ステージで汗をかいても落ちないことが大事。そんなときにはシンクロの選手が愛用しているペンシルが必須です」(ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん)

  • [左]アイブロウペンシル WP

  • やわらかいタッチでなめらかなラインが描ける。

  • ¥1,900 / RAYSELA(ノエビア)

  • [右]リキッドアイブロウ WP

  • 筆タイプはシャープな眉に。

  • ¥2,300 / RAYSELA(ノエビア)

Q. 06

赤リップをつけたときの眉毛の正解は?

VOCE 2017年3月号 赤リップをつけたときの眉毛の正解は?

A. リップが強いときは眉毛も強く!

「トレンドの赤リップなど、口もとに強い色をもってきたときは、眉毛もやや強め、濃いめにするのが正解」(ヘア&メイクアップアーティスト 田中宏典さん)


ヘアメイクさんが教える秘密のテクで、美人眉を完成させて♡

photographs:Kenta Jo/vale.(Minami Kudo),Young Ju Kim(Maiko Mizutani,Karen Tokumiya,still life) hair&make-up:Tomoe Nakayama/Three PEACE(Minami Kudo) styling:Reiko Kanayama(Minami Kudo) models:Minami Kudo,Maiko Mizutani,Karen Tokumiya illustrations:Haruna Yamakawa text:Makoto Tozuka,Yuko Kagami composition:Yuko Kagami

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる