「メイクだけで変わる!神崎恵が教える美人見えメイクの極意6つ」のトレンド記事をチェックしよう!
メイクだけで変わる!神崎恵が教える美人見えメイクの極意6つ
2017年3月15日

メイクだけで変わる!神崎恵が教える美人見えメイクの極意6つ

  • twitter
  • facebook
4400views

美人に見えるかどうかは、生まれつきの顔の造作やスタイルだけで決まるものではありません。その人が持つ空気感や所作、ファッション、髪型、メイクなどを総合して「美人である」と周囲から認識されるのです。そこで今回、美人見せの天才、神崎恵さんにそのメイクの極意を教えてもらいました。

# 01

眉はリアルさを重視

VOCE 2017年4月号 神崎恵 眉はリアルさを重視

まずリキッドで足りない部分を埋めて形を決めたら、上からパウダーをふわっと。リアルな毛流れをつくり出して。また、髪と眉の色は、同じトーンであることも重要です。

  • [左]アイブロウ クリエイティブパレット

  • 絶妙発色と描きやすいブラシが魅力。

  • ¥4,200 / IPSA 詳しくみる

  • [右]パーフェクト アイブロウ BR300

  • 自然な毛流れが描けるリキッドとぼかしに最適なチップタイプのパウダーのセット。

  • ¥1,500 / FASIO(コーセーコスメニエンス)

# 02

ネイビーラインでつくる澄んだ白目で
素材のよさを見せつける

VOCE 2017年4月号 神崎恵 ネイビーラインでつくる澄んだ白目で素材のよさを見せつける

ブルーには本来透明感を出す作用があり、それをラインで取り入れると白目が澄んで見えます。黒よりもさりげなく目を際立たせられるのも◎。

  • [上]セレクションカラーズ アイシャドウ 04

  • 神崎さんイチオシ。透明感が出せるネイビー入り。

  • ¥5,500 / KANEBO(カネボウインターナショナル Div.)

  • [下]ヴォランタリー アイズ 21

  • ミステリアスなブルーのラメ入り。(3/18発売)

  • ¥2,000 / Celvoke

# 03

いついかなる時もLIPはふっくらを死守

VOCE 2017年4月号 神崎恵 いついかなる時もLIPはふっくらを死守

唇がしぼんでいるとグッと老けて見えちゃう。どんな色をのせるにしても常にふっくらさせておくべき。テカテカよりも秘めたツヤを仕込む方が今っぽさも出せますよ。

  • [上]ラプソリュ ルージュ S105

  • クリーミィで鮮やかなオレンジレッド。

  • ¥4,000 / LANCOM

  • [下]ヴォリュプテ ティントインバーム 8

  • 透明感ある発色を叶えるうるうるテクスチャー。

  • ¥4,300 / Yves Saint Laurent Beauté 詳しくみる

# 04

脱・濃いめチークでおバカ女子を卒業

VOCE 2017年4月号 神崎恵 脱・濃いめチークでおバカ女子を卒業

知性派美人に見せたいときに、濃すぎるチークは絶対厳禁。チークは“気配”程度で十分。チークにハイライトを薄く重ねることでほのかに発光する血色を手にいれよう。

  • ミネラルハイライト クリーム

  • やや黄みを帯びたテクスチャーで自然なツヤを放って。

  • ¥3,500 / ETVOS

# 05

“薄口ファンデ”でベールをかける

VOCE 2017年4月号 “薄口ファンデ”でベールをかける

よりなじみのよさを出したいときは、透け感が出せるリキッドファンデーションで血色を内側に閉じ込めよう。

  • フローレス エシリアル フルイド ファンデーション

  • 心地よくのびてリアルな透明感を生み出す“薄口ファンデ”。

  • ¥5,000 / THREE 詳しくみる

# 06

“まろやかな女”に見せたい日の
ピンク下地

VOCE 2017年4月号 “まろやかな女”に見せたい日のピンク下地

下地って本当はすごく重要。ファンデの下に仕込むだけで印象が自在に変えられるから。女らしさが香り立つような肌になりたいなら、ピンク下地に敵うものナシ!

  • [左]コントロールベイス ピンク

  • くすんだ肌をひと塗りで幸せそうなトーンに。

  • ¥2,800 / IPSA 詳しくみる

  • [右]ルブラン バーズ ルミエール 40

  • 微細なパールでナチュラルなツヤも。

  • ¥6,000 / CHANEL


神崎さんの「美人見せの法則」を取り入れて、印象操作の達人を目指そう♡

photographs:Hironobu Mukoyama(model),Kazuteru Takahashi(still life) hair:Kana Tsumura/Un ami
styling:Kaori Kawasaki text:Chiharu Nakagawa composition:Hikaru Ohki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる