「清潔感と品格で魅せる♡男ゴコロをくすぐる王道美人メイクの作り方」のトレンド記事をチェックしよう!
清潔感と品格で魅せる♡男ゴコロをくすぐる王道美人メイクの作り方
2017年3月21日

清潔感と品格で魅せる♡男ゴコロをくすぐる王道美人メイクの作り方

  • twitter
  • facebook

男心を惹きつけたいと思ったら、まずは肌。だってパッと見で最初に目に入るパーツは肌。そのうえ肌からは清潔感、色気etc...その人の内面もにじみ出るから。そんな恋させる肌と春メイクと上手に組み合わせて作る、オフィスでもOKな王道の美人メイクをヘアメイクアップアーティストの千吉良恵子さんが教えてくれました♡

  • ※以下コメントはすべて千吉良恵子さん

# 01 肌

ほのかにつやめく
上質なセミマットが絶対ルール

「清潔感を表現するにはセミマット肌がベスト」。とはいえマット感を強調しすぎると、立体感のない能面顔に。下地でツヤを仕込み、ファンデもほんのりツヤっぽいものをセレクト。

使ったアイテムはこちら♡

VOCE 2017年4月号 使ったアイテムはこちら♡
  • ラディアンスプライマー

  • くすみ肌が即、明るい肌に変身。パウダリーの下から輝きが透け、ほどよいツヤっぽさ。(4/21発売)

  • ¥4,000 / NARS(ナーズ ジャパン)

VOCE 2017年4月号 使ったアイテムはこちら♡
  • ルーセント パウダー ファンデーション

  • 粉っぽさゼロ。ツルンと吸いつき、パウダリーらしい柔らかな光沢感をプラス。

  • ¥7,000 / SUQQU

VOCE 2017年4月号 使ったアイテムはこちら♡
  • ヴァリアンブラッセ(チークス)03

  • 「肌からにじみ出るような」という言葉がふさわしい血色感。頬骨に沿って自然に。

  • ¥5,500 / KANEBO(カネボウインターナショナル Div.)

ベースメイクのポイント♡

# 02 眉

オフィス顔の意外な決め手
=眉下のライン

眉下のラインをきちんと描くだけで、顔の印象が凛とするし、目の強さも際立ってお仕事モードに。「ベースづくりの段階で眉にファンデを塗っておいたので、描きやすくなります」

使ったアイテムはこちら♡

VOCE 2017年4月号 使ったアイテムはこちら♡
  • リシェ ソフト&スリム アイブロウペンシル BR305

  • 1.7ミリの極細芯でありながら不自然にキツい線にならず、ふわっと柔らかく描ける。

  • ¥800(編集部調べ) / Visée(コーセー)

眉メイクのポイント♡

# 03 目元

「信頼できる人」を装うなら
やっぱりブラウン

「オフィスメイクに過度な流行は不要。目まわりも王道のブラウン系でまとめます」。奇をてらった入れ方をせず、丁寧にグラデをつくることで、「信頼できる人」の称号はもらった!

使ったアイテムはこちら♡

VOCE 2017年4月号 使ったアイテムはこちら♡
  • レ キャトル オンブル 292

  • ちょいメタリックな質感でなじみ色の鮮度を上げて。優しく、肌から浮かないのにインパクトのある目元に。(限定品)

  • ¥6,900 / CHANEL

アイメイクのポイント♡

# 04 口元

品格と色香が匂い立つラインのパワー

「ラインを引き、特に口角の部分をきっちり仕上げれば、上品な口元に」。さらにほんの少し、わからない程度にオーバーリップにして、恋させモードを加えるのが千吉良流テク。

使ったアイテムはこちら♡

VOCE 2017年4月号 使ったアイテムはこちら♡
  • [左]リップ・ライナー 10

  • 色が立ちすぎず、でも唇の輪郭をしっかり修整するベージュライナーはオフィスメイクの必需品。芯の硬さもほどよい。

  • ¥3,300 / PARFUMS GIVENCHY

  • [右]クルーズ ステイン ルージュ X03

  • みずみずしく、かつきちんと感のある唇になるならコレ。美女色ピンクベージュ。(3/18限定発売)

  • ¥2,500 / Elegance(エレガンスコスメティックス)

メイクのポイント♡

  • ワンピース:¥21,000 / CIROI

  • パールチョーカー:¥9,000 / jouetie


春メイクと上手に組み合わせて、上品に輝く“恋させる肌”を作って!

photographs:Yasuhisa Kikuchi/vale.(model), Yasuhiro Ito(still) hair&make-up:Keiko Chigira/cheek one
styling:Yuko Hodono model:Mika Hirose text:Nobuko Irie

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる