「1位はシャネルのバブル美容液!VOCEベストコスメ」のトレンド記事をチェックしよう!
1位はシャネルのバブル美容液!VOCEベストコスメ
2015年6月28日

1位はシャネルのバブル美容液!VOCEベストコスメ

  • twitter
  • facebook
3353views

コレなしでは美肌になれない。美のプロたちにそこまで思わせてしまうほど、中毒性の高い3つの美容液がVOCE ベストコスメ 2015年上半期 美容液部門に出揃った。さまざまなダメージをなかったことにしてくれる、リセット効果もイマドキの風潮。美容のプロたちが絶賛する美容液を早速チェック!

1位

肌になじませた瞬間、
水のように変化して浸透

VOCE 2015年8月号 肌になじませた瞬間、 水のように変化して浸透

イドゥラ ビューティ マイクロ セラム
セラムの中にプツプツと見えるのは、何千というバブル。まったく同じ量の有用成分を含んだそれぞれのバブルが、肌にのせた瞬間に溶け、すみずみにすみやかに浸透していく。どんなに乾いた肌でも満足できる保湿力と、バブルの独特なテクスチャーこそが、激戦の美容液部門を制した決め手となったようだ。

  • 30ml:¥10,000 / CHANEL

美容のプロたちも絶賛!

永田みゆき(ライター)
みずみずしい肌触りと圧倒的なうるおい感を見事に両立。どんどん肌に吸い込まれて、肌の奥からふっくら、もっちりと柔らかく !

山本未奈子(スペシャリスト)
肌のすみずみまで保湿して、うるおいを逃さない。もっちりした肌がずっと続く、その持続力がすごい!

吉田昌佐美(ジャーナリスト)
優れた浸透力で速攻保湿したいときや、夜のパックとして愛用。翌朝、肌がぷりっぷりになっているのを実感!

総合評価は236点!

10点
入江 / 神崎 / 草野 / 小池 / 永田 / 楢﨑 / 丸岡 / 山本未 / 石井 / 生方 / 鬼木 / 芹川 / 鏡 / 中田

9点
前田 / 宮下 / 吉田 / 湯川 / 高橋絵 / 三好 / 梅野 / 蜷川

7点
穴沢 / 安倍 / 橋本

2位

眠りにつく直前に塗る
肌を甦らせる美容液

VOCE 2015年8月号 眠りにつく直前に塗る 肌を甦らせる美容液

P.C. ナイト リハーブ
午後11時から早朝4時は肌のゴールデンタイム。でもそんな時間に寝られない、忙しい女性のための頼もしい美容液だ。植物の始原細胞を史上最高濃度で配合し、ヘタった肌を強力修復。

美容のプロたちのコメント

安倍佐和子(エディター)
疲れを感じた翌朝ほどハリや透明感に差が出る“逆転セラム”。中毒になるほどのリハビリ効果!

小林ひろ美(スペシャリスト)
翌朝の肌にびっくり!熟睡した朝のように、明るくいきいきとした肌に導いてくれます。

総合評価は213点!

350点満点中213点を獲得。

10点
安倍 / 神崎 / 草野 / 高野 / 楢﨑 / 橋本 / 松本宮下 / 高橋絵 / 福田 / 三好

9点
穴沢 / 入江 / 小池 / 前田 / 丸岡 / 鎌田 / 蜷川 / 芹川

7点
小林 / 齋藤 / 山本未

6点
吉田

3位

早期老化のきっかけとなる
肌内部の細かい損傷を修復

VOCE 2015年8月号 早期老化のきっかけとなる 肌内部の細かい損傷を修復

アベイユ ロイヤル マイクロ アクティヴ セロム
物理的ストレスや紫外線に起因する、真皮内の細かい損傷に着目。自然治癒と同じプロセスを肌内部につくりだすことで、ハリと輝きに満ちた肌に導く。即効性の高さも投資の価値あり。

  • 30ml:¥16,500、50ml:¥22,600 / GUERLAIN

美容のプロたちのコメント

松本千登世(エディター)
停滞ぎみの肌を一気に動かすパワーあり。極上のハリ&ツヤが肌のアラをなかったことに。

芹川綾子(VOCEエディター)
肌表面はツルン、内側は栄養たっぷりでプルン。1度目、しかも塗っている途中で実感します。

総合評価は70点!

350点満点中70点を獲得。

9点
安倍 / 近藤 / 平 / 松本 / 三好 / 芹川

8点
吉田 / 湯川

VOCE ベストコスメとは?

2015年1~6月に発売されたすべてのコスメを対象に、47名のビューティストが選出。ジャーナリスト、エディター、スペシャリスト、ライターは、メイクアップ部門(13)とスキンケア部門(12)を審査し、ヘアメイクアップアーティストはメイクアップ部門のみを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出して、メイクアップ部門とスキンケア部門のグランプリと部門賞を決定!

photographs:Yasuhiro Ito text(本誌):Hiroe Miyashita, Reiko Anazawa, Saiko Maruoka composition:Tomoko Oniki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる