「簡単&低カロリー!大人気サラダチキンのおすすめアレンジレシピ5つ」のトレンド記事をチェックしよう!
簡単&低カロリー!大人気サラダチキンのおすすめアレンジレシピ5つ
2017年5月23日

簡単&低カロリー!大人気サラダチキンのおすすめアレンジレシピ5つ

  • twitter
  • facebook

今、コンビニなどで買える“サラダチキン”が、いつでもサクッとタンパク質が補えて、しかもおいしいと評判! そんなサラダチキン、そのまま食べる以外にもさまざまな食べ方が。今回は、忙しい日にぴったりの簡単レシピをご紹介。いろんな風味を楽しみながらタンパク質補給を!

サラダチキンの食べ方のコツ

VOCE 2017年6月号 サラダチキンの食べ方のコツ

サラダチキンとは、鶏むね肉など鶏肉の脂身の少ない部分をゆでて味付けしたもので、今やコンビニでは定番商品。「1個で20g前後のタンパク質が摂れるので、一日に必要な量の約1/3が手軽に補えるのが何より魅力。間食にもお菓子でなくサラダチキンを食べたほうが糖質オフに。最近、味のバリエーションも増えていますが、中には糖質量が多いものもあるので、表示を見て、なるべく糖質量が少ないものを選ぶのがポイント!」(金丸さん)

レシピ その1

プレーンサラダチキンで
ミネストローネ

VOCE 2017年6月号 プレーンサラダチキンでミネストローネ

糖質量 6.1g、カロリー 154kcal

作り方
にんじんやたまねぎ、キャベツ、水煮大豆などをオリーブオイルで軽く炒め、水、コンソメスープの素、トマトジュースなどを加えて野菜が柔らかくなるまで煮込んでミネストローネを作る。薄切りにしたサラダチキンをのせて粉チーズをふれば完成。ミネストローネは市販のものでもOK。サラダチキンは、どんな料理にも合うプレーンタイプを使用。水煮大豆を加えることで、動物性と植物性のタンパク質がバランスよく補える。

レシピ その2

ハーブ&スパイスサラダチキンで
グリーンパワーサラダ

VOCE 2017年6月号 ハーブ&スパイスサラダチキンでグリーンパワーサラダ

糖質量 1.7g、カロリー 78kcal

作り方
ベビーリーフ、ひと口大にちぎったグリーンリーフ、斜め薄切りにしたきゅうりを皿に盛り、薄切りにしたハーブ&スパイス味サラダチキンを上に散らしてのせるだけ。ハーブ&スパイスの風味が生野菜にぴったりマッチ。きゅうりには、むくみを防ぐカリウムが豊富。サラダチキンにしっかりとした味がついているので、ドレッシングなどの調味料を使わなくてもおいしく食べられて◎。

レシピ その3

山賊焼風味サラダチキンで
海苔チーズ巻き

VOCE 2017年6月号 山賊焼風味サラダチキンで海苔チーズ巻き

糖質量 1.2g、カロリー 194kcal

作り方
山賊焼き味のサラダチキンを8等分の薄切りにする。スライスチーズとシソの葉を半分に切り、おにぎり用の海苔にのせ、その上にサラダチキンをのせてクルクルと巻けばでき上がり。シソの葉は貝割れ菜やスプラウトなどでもOK。甘辛く、こしょうがきいた山賊焼きサラダチキンの味と、海苔やチーズが絶妙にマッチ。低糖質高タンパクで、おつまみや、小腹がすいたときの間食にもぴったり。

レシピ その4

シトラスレモンサラダチキンで
コールスロー

VOCE 2017年6月号 シトラスレモンサラダチキンでコールスロー

糖質量 4.0g、カロリー 111kcal

作り方
せん切りキャベツにマヨネーズ大さじ1/2と、レモン汁小さじ1、こしょう少々を加え、軽く混ぜ合わせて器に盛り、マヨネーズを上から絞って飾りにし、手で粗く裂いたシトラスレモンサラダチキンをトッピング。調味料は糖質の少ないマヨネーズだから血糖値が上がりにくく安心。市販のせん切りキャベツを使えば、忙しいときでもパパッと作ることができる。レモン風味のきいたさわやかな味。

レシピ その5

アマタケのタンドリーサラダチキンで
スパイシーホットサラダ

VOCE 2017年6月号 アマタケのタンドリーサラダチキンでスパイシーホットサラダ

糖質量 1.7g、カロリー 101kcal

作り方
小房にほぐしたしめじとまいたけを各1/2パック、小房に分けたブロッコリー1/3個をオリーブオイルでさっと炒め混ぜる。薄切りにしたサラダチキンを加え、ふたをして1~2分蒸らして火を通したらOK。タンドリーチキン風味のほどよくスパイシーな味で、調味料なしで十分美味。食物繊維が多いきのこがたっぷりなので血糖値も上がりにくく、噛みごたえもあり満足度も大。


サラダチキンはいつでもどこでも買えて、すぐにタンパク質がたくさん摂れるすぐれもの。朝食や間食にもおすすめです!

撮影/伊藤泰寛(静物)、五十嵐真(料理) スタイリング/伊藤みき ヘア&メイク/尾花ケイコ(PINKSSION) 取材・文/和田美穂

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる