「その毛穴、なんとかします!美容のプロが教える正しい毛穴ケアQ&A」のトレンド記事をチェックしよう!
その毛穴、なんとかします!美容のプロが教える正しい毛穴ケアQ&A
2017年7月24日

その毛穴、なんとかします!美容のプロが教える正しい毛穴ケアQ&A

  • twitter
  • facebook

強い日差しが降り注ぐ過酷な夏は、年々、暑さが増して亜熱帯さながら。肌へのダメージも大きくトブルのオンパレートに陥りがちゆえ、知っておきたい美知識を総力取材。今回は、この時期の毛穴悩みを解決するべく、何をすべきかをスタディ。

気づけばどんどん
開いていく毛穴…

絶賛増量中の皮脂が毛穴を拡大させて目立たせ、炎症を引き起こす紫外線も強烈に。さらに詰まりやすくなることでニキビまでと前途多難な夏の毛穴問題。悪化を未然に防ぎ、目指すはつるっと肌!

Q. 01

夏は毛穴の詰まりがひどくなります
どうすればいい?

VOCE 2017年8月号 田辺かほ 夏は毛穴の詰まりがひどくなります。どうすればいい?

A. 「オイル×ホットタオルで蒸して浮かせてオフ!」
「クレンジングオイルを塗り、熱い湯に浸して絞った毛穴専用の洗顔ブラシで“の”の字を描いてから、ホットタオルで蒸らして。あとはタオルでぬぐい、洗い流せばOK」(美容家 小林ひろ美さん)

Q. 02

目立つ毛穴をカバーしたい!

A. 「補色のチカラで色消し!」
「色みが目立つ毛穴にはカラーコントロール下地を部分的に使うのが、厚ぼったくならず自然に隠せて効果的。赤みにはグリーンを使うと、目立ちにくくなります」(ヘア&メイクアップアーティスト Georgeさん)

A. 「トーンを上げてイーブンに」
「パープルには影感を一掃する効果があるから、くすみや黒ずみに悩む人にオススメ。均一な明るい肌に整います。ただしつけすぎると白浮きするので少量を薄く」(Georgeさん)

A. 「穴を埋めてならす!」
「詰まりや開きなど凹凸がある場合は、物理的にならしてフラットに見せるパテ系が正解。皮脂吸収成分が入っているものも多く、テカリやくずれをセーブ」(Georgeさん)

Q. 03

毛穴の黒ずみって改善しませんよね?

A. 「黒ずんでいる原因をまずはチェックして」
「角栓ならピーリング、色素沈着しているなら美白、毛が生えているなら脱毛と対処法はさまざま。セルフで改善しない場合は美容皮膚科で相談を」(タカミクリニック 美容皮膚科医 本田えり先生)

Q. 04

昼過ぎになるとファンデが毛穴落ち
毛穴落ちは防げない?

A. 「リフトして形状記憶するファンデで毛穴を引き上げて縮小」
「時間の経過とともに毛穴落ちするのはたるみが発生している証拠。リフト系ファンデで引き上げてたるみを防いで」(Georgeさん)

Q. 05

毛穴落ちした後のリカバリー方法は?

A. 「練りハイライトで飛ばしてカモフラ」
「毛穴落ちしたら埋めて隠すよりハイライトで飛ばす方が目立たず賢明。サラッとなじむ練りタイプならリキッドファンデの上に重ねてもヨレず、携帯にも便利」(Georgeさん)

Q. 06

乾燥しやすいのに小鼻の毛穴も目立つ
でもパテ系は乾く気がして使えません

VOCE 2017年8月号 田辺かほ 乾燥しやすいのに小鼻の毛穴も目立つ。でもパテ系は乾く気がして使えません。

A. 「マスクにミストを吹きつけて、そのまま就寝」
「乾燥が原因で開いているため、お手製のウェットマスクで小鼻まわりを集中保湿。翌朝にはふっくらしているはず」(小林さん)

VOCE 2017年8月号 田辺かほ ハウス形スポンジの屋根部分でパッティング

A. 「ハウス形スポンジの屋根部分でパッティング」
「ファンデはクリームタイプを選び、保湿クリームを混ぜてから、毛穴の中になじませるようにスポンジでたたきこんで。スポンジは小鼻まわりの凹凸にフィットするハウス形がオススメ」(Georgeさん)

Q. 07

オトナニキビのお手入れ法は?

A. 「意外と潤い不足が原因かも! まずはお手入れを見直して」
「あごまわりのニキビはホルモンバランスに起因することが多いけど、顔全体にできるなら間違ったケアが原因の可能性大。肌をこすらず、きちんと潤すことを徹底して」(本田先生)

Q. 08

背中や胸元の
ニキビケアについて知りたい

VOCE 2017年8月号 田辺かほ 背中や胸元のニキビケアについて知りたい

A. 「クレンジングオイルを垂らして蒸しタオル」
「体のニキビができやすいのは背中や胸元の体の中心線付近。クレンジングオイルを垂らしてなじませてからホットタオルで蒸して、原因となる詰まりを浮かせてオフ!」(小林さん)

A. 「背中ケアができる便利グッズがあります!」
顔よりも角質が厚い背中には強めのピーリングをするのもあり。ただし、刺激は悪化させる原因になるのでこすらないようにやさしく、を心がけて。


夏は美肌の大敵だらけ。正しくケアして、毛穴の目立たないつるんとした肌をキープしましょう。

撮影/当瀬真衣(TRIVAL/人物)、武藤誠(静物) ヘアメイク/George スタイリング/川﨑加織 モデル/田辺かほ(VOCE専属) 取材・文/楢﨑裕美 構成/河津美咲

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる