「ニュアンスカラーで愛され顔♡VOCEベストコスメアイシャドウ部門」のトレンド記事をチェックしよう!
ニュアンスカラーで愛され顔♡VOCEベストコスメアイシャドウ部門
2015年7月2日

ニュアンスカラーで愛され顔♡VOCEベストコスメアイシャドウ部門

  • twitter
  • facebook

VOCE ベストコスメ 2015年上半期 アイシャドウ部門は「目元はナチュラルに」という気分を反映して、ニュアンスカラーに人気が集中。透け感でくすみ色を進化させたルナソル、じんわり色っぽピンクのシャネル&キッカがTOP3に!

1位

今っぽいクール顔をつくる
透けブルーの極上ニュアンス

VOCE 2015年8月号 今っぽいクール顔をつくる透けブルーの極上ニュアンス

テンダークリアアイズ 01
1位に輝いたのは、人気低迷ぎみだったブルー×定番グレイッシュブラウン系のパレット。一見、古臭くなりそうな配色だけれど、まぶたが透けるような驚くほど軽い発色と、主張しすぎない繊細なパール感で、そのネガティブイメージを完全に払拭。強すぎないけど凛としている“今のクール”を演出してくれる。

美容のプロたちも絶賛!

黒田啓蔵(ヘアメイクアーティスト)
水色のシャドウがとてもキレイ。清潔感が漂う、清らかな印象の目元が実現します。ニュアンス程度の発色だからブルー系でも使いやすい!

齋藤薫(ジャーナリスト)
何をすれば人が美しく見えるのかを知り尽くしている、ルナソルブラウンはこだわりの結晶。

嶋田ちあき(ヘアメイクアーティスト)
王道のベージュ&ブラウンが洗練されて見えるのは、左下のグレイッシュトーンのおかげ。

三好さやか(エディター)
水色が苦手だなんて二度と言わない!繊細で透明感のあるキラキラは、なんだか知的な女になった気分に

宮下弘江(ライター)
ニュアンス程度に色づくブルーも、自然な締め感のグレーも、驚くほど透け感がキレイ。全色使っても重くならない感じが今っぽい!

総合評価は223点!

470点満点中223点を獲得。

10点
神崎 / 小池 / 楢﨑 / 宮下 / 石井 / 福田

9点
AYA / 黒田 / 近藤 / 齋藤 / 平 / 高野 / 橋本 / 三好 / 鬼木 / 蜷川 / 鏡

8点
穴沢 / 入江 / 草野 / 嶋田 / 永田 / 山本未 / 吉田 / 湯川 

2位

色気がジュワ~ッとにじむ
モテシャドウの決定版

VOCE 2015年8月号 色気がジュワ~ッとにじむモテシャドウの決定版

レ キャトル オンブル 238
濃淡2色のピンクでつくった色っぽEyeを、白でピュアに、グレーでキリッと、と気分に合わせてアレンジ可能。オシャレ感たっぷりのイマドキな愛され顔に♡

  • ¥6,900 / CHANEL

美容のプロたちのコメント

AYA(ヘアメイクアーティスト)
深みのあるピンクの組み合わせが秀逸。左下のピンクを眉頭の下のくぼみに入れると、ノーブルで女性らしい雰囲気に。

松本千登世(エディター)
ぶたの奥の血色がすーっと透けるかのような絶妙ピンクが官能的。かなりのモテ色!

総合評価は130点!

470点満点中130点を獲得。

10点
AYA / 神崎 / 石井 / 高橋絵 / 生方

9点
入江 / 小池 / 松本 / 三好 / 梅野 / 鬼木 / 蜷川 / 芹川

8点
近藤

3位

くすみさえも陰影に変える
濡れツヤの極薄ヴェール

VOCE 2015年8月号 くすみさえも陰影に変える濡れツヤの極薄ヴェール

ニュアンスカラーリッド 01
澄んだツヤ×淡くピンクのニュアンスがのる繊細な発色で、気になるくすみをつくりこんだふうの陰影にチェンジ。さらに今季マストな色っぽさも醸し出せる、女子必携の魔法カラー。

  • ¥2,800 / CHCCA

平輝乃(エディター)
まぶたがツヤっぽく濡れているだけでこんなに色っぽいなんて♪ ラフに指づけがいい感じ。

穴沢玲子(ライター)
まぶたの赤みっていうかくすみを、色っぽさにまで押し上げる絶妙な色とツヤに脱帽です。

総合評価は121点!

470点満点中121点を獲得。

10点
穴沢 / 平 / 永田 / 三好 / 蜷川 / 鏡

9点
神崎 / 吉田 / 湯川 / 鬼木 / 芹川

8点
近藤 / 齋藤 

VOCE ベストコスメとは?

2015年1~6月に発売されたすべてのコスメを対象に、47名のビューティストが選出。ジャーナリスト、エディター、スペシャリスト、ライターは、メイクアップ部門(13)とスキンケア部門(12)を審査し、ヘアメイクアップアーティストはメイクアップ部門のみを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出して、メイクアップ部門とスキンケア部門のグランプリと部門賞を決定!

photographs:Yasuhiro Ito text:Hiroe Miyashita, Reiko Anazawa, Saiko Maruoka composition:Tomoko Oniki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる