「VOCEベストコスメ2015年上半期チーク部門TOP3発表!」のトレンド記事をチェックしよう!
VOCEベストコスメ2015年上半期チーク部門TOP3発表!
2015年7月3日

VOCEベストコスメ2015年上半期チーク部門TOP3発表!

  • twitter
  • facebook

生っぽい血色を演出するのが最旬チーク。VOCE ベストコスメ 2015年上半期 チーク部門は、スティックやリキッドと質感も色もさまざまなアイテムの中から、シャネルの繊細フレッシュピンクに軍配が。1位から3位までの3品に共通するのは、肌に溶け込むなじみのよさ!

1位

薄軽ベースにほんのり色づく
シャネルのツヤ感チーク

VOCE 2015年8月号 森絵梨佳 薄軽ベースにほんのり色づくシャネルのツヤ感チーク

レ ベージュ スティック ベル ミン 21
いかにもチークを塗ってます、と主張するような色ではなく、ごくごく自然な色づきこそが旬チークの醍醐味。そんなイマドキメイクの状況を鑑みると、肌にとろける質感のチークスティックが1位を獲得したのも納得だ。直塗りや指塗りでガラッと変わる仕上がりも楽しい。

  • ¥5,500 / CHANEL

異様のプロも絶賛!

藤原美智子(ヘアメイクアップアーティスト)
メイクした上からでも、ムラなくサラサラッと簡単。自然なツヤのあるフレッシュな頰に!

穴沢玲子(ライター)
さまざまな理由でくすんだ顔色にさりげない血色をプラス。わざとムラ塗りするとさらに自然!

鬼木朋子(VOCEエディター)
ツヤありの血色がよみがえるからくすんだ肌も透明感が増し、誰もがごきげんな笑顔に!

川添カユミ(ヘアメイクアップアーティスト)
指でやさしくのばせば、ムラのない自然なチークに。クリーミィだから肌が乾かず、頰にツヤも出ます。

中川知春(ライター)
“こなれ”と“モテ”を同時に叶える絶妙ピンク。のびがよく、濃淡の調節で使いやすい。

総合評価は151点!

470点満点中151点を獲得!

10点
穴沢 / 川添 / 神崎 / 中川 / 藤原 / 前田 / 宮下 / 三好 / 鬼木 / 鎌田

9点
穴沢 / 川添 / 神崎 / 中川 / 藤原 / 前田 / 宮下 / 三好 / 鬼木 / 鎌田

8点
近藤 / 永田 / 石井

2位

質感で美人な印象を醸し出す
ドラマティックチーク

VOCE 2015年8月号 森絵梨佳 質感で美人な印象を醸し出すドラマティックチーク

ドラマティックムードヴェール RD100
自然な血色をつくるチークに注目が集まった結果、肌なじみ抜群のコーラルレッドが2位にイン。粉感を感じさせないクリーミィなツヤも上品で、誰でも簡単に美人フェイスになれちゃうところが支持を集めた。

  • ¥3,500(レフィル:¥2,500)(編集部調べ) / MAQuillAGE

美容のプロたちのコメント

永田みゆき(ライター)
体温を感じさせるような温かな血色感と、肌の湿度まで再現するツヤ感にハマった!

中村未幸(ヘアメイクアップアーティスト)
粉っぽくないツヤ感ありのコーラル。可愛くなりすぎないので日本人の肌色にもなじみやすい。

総合評価は114点!

470点満点中144点を獲得!

10点
草野 / 中村 / 永田 / 石井 / 生方

9点
AYA / 小池 / 近藤 / 丸岡 / 高橋絵 / 三好

8点
穴沢 / 安倍 / 大貫 / 平 / 松本

3位

じゅわわ~と頰を染める
旬のナマ感レッドチーク

VOCE 2015年8月号 森絵梨佳 じゅわわ~と頰を染める旬のナマ感レッドチーク

ラディ ウォーターRD301
一見、濃く発色しそうだけど、実は究極の溶け込みチーク。ウォーターベースならではのクリアな発色で、ポッと上気したような頰にしてくれる。時間が経っても色が濁らない点は、これからの季節にピッタリ!

  • ¥2,000 / Elégance CRUISE

美容のプロたちのコメント

松本千登世(エディター)
お風呂上がりの頰の血色を再現。清潔感と生命感が溢れる好感度フェイス、間違いなし。

丸岡彩子(ライター)
シロップ系コスメの可愛さを、リキッドチークとして上手に着地させたところに拍手。

総合評価は137点!

470点満点中137点を獲得!

10点
穴沢 / 松本 / 丸岡 / 石井 / 三好 / 蜷川 / 芹川

9点
吉田 / 高橋絵 / 鬼木 / 鎌田

8点
宮下 / 湯川 / 鏡

7点
齋藤

VOCE ベストコスメとは?

2015年1~6月に発売されたすべてのコスメを対象に、47名のビューティストが選出。ジャーナリスト、エディター、スペシャリスト、ライターは、メイクアップ部門(13)とスキンケア部門(12)を審査し、ヘアメイクアップアーティストはメイクアップ部門のみを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出して、メイクアップ部門とスキンケア部門のグランプリと部門賞を決定!

photographs:Yasuhisa Kikuchi/vale.(model), Yasuhiro Ito(still) hair&make-up:Ai Inuki/Agee, Mayuko Shirouzu/roraima model:Erika Mori styling:Ayumi Takagaki/LOVABLE text:Hiroe Miyashita, Reiko Anazawa, Saiko Maruoka composition:Tomoko Oniki

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる