「こうすれば大丈夫!アイメイクを絶対くずさないための7つの簡単テク」のトレンド記事をチェックしよう!
こうすれば大丈夫!アイメイクを絶対くずさないための7つの簡単テク
2017年8月23日

こうすれば大丈夫!アイメイクを絶対くずさないための7つの簡単テク

  • twitter
  • facebook

目もと悩みは顔のどのエリアよりも奥深い……。だからこそ、印象を左右するアイメイクは絶対くずれてほしくない! 「くずさないテク」のマエストロと言えば、今美容業界でも最も話題のヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさんの右に出るモノなし。あらゆる手法を伝授してもらいました!

  • ※以下コメントはすべて長井さん

Q. 01

アイラインが二重に
移ってしまいます……。

VOCE 2017年9月号 アイラインが二重に 移ってしまいます……。

A. パフを折り曲げ、きちんとまぶたにもフェイスパウダーを塗りましょう。
「二重の幅までフェイスパウダーを塗るとラインの移りが防止できるのですが、とにかくパフを小さく折りたたむことが大事。折りたたんだ先端で圧をかけてお粉をしっかりとどめて」

  • フェザー ヴェール 003

  • 美賢者から圧倒的人気を集めたお粉。まるで羽のような質感。(SPF10・PA+)

  • ¥7,000 / Elegance(エレガンス コスメティックス)

Q. 02

アイメイクをくずさないために、
朝の時点で仕込んでおけることは?

VOCE 2017年9月号 アイメイクをくずさないために、朝の時点で仕込んでおけることはありますか?

A. 防波堤パウダーを覚えれば、どんなアイメイクでも絶対に落ちません!
「防波堤パウダーはまばたきによる色移りを防ぐためのテク。上のアイラインを引いた場所の真下にくる涙袋とキワのところに、肌がサラサラになるまでブラシで丁寧にパウダーをのせて!」

Q. 03

マスカラが落ちて下まぶたが
汚くなるのはどうすればいい?

VOCE 2017年9月号 マスカラが落ちて下まぶたが汚くなるのはどうすればいい?

A. マスカラコートがお役立ちです。
「ウォータープルーフのマスカラでも、まばたきで肌があたれば皮脂のせいでマスカラ剤が溶けてしまうことも。その場合はトップコートを塗って。かなり予防になります」

  • ダブルフィックスマスカラ

  • 美界にも愛用者が多数いるマスカラコートの先駆け的存在。下地に使ってもかなり効果アリ。

  • ¥3,400 / CLARINS 詳しくみる

Q. 04

まつ毛が時間とともに
下がってくるのはどうすればいい?

VOCE 2017年9月号 まつ毛が時間とともに下がってくるのはどうすればいい?

A. 下に何を仕込むかで、持ちが断然変わります!
「とりあえずはマスカラ下地を使ってみて。それでも下がるならつけ方の問題。まつ毛が硬くなるのはつけすぎの証拠だから、指で払って量の調整を。キャンメイクは優秀!」

  • クイックラッシュカーラー 透明タイプ

  • 水・涙・皮脂にじみを完全ブロック。下地&トップコートにも使える。

  • ¥680 / CANMAKE(井田ラボラトリーズ) 詳しくみる

Q. 05

インラインが必ず落ちてしまいます!

VOCE 2017年9月号 インラインが必ず落ちてしまいます!

A. 粘膜ギリギリを下から狙って!
「粘膜は落ちやすいので、その一歩手前ギリギリのまつ毛ギワを下から狙って描くのがコツです。下まぶたなら先にフェイスパウダーを重ねておけば、絶対に落ちない!」

  • ダブルウェア ステイイン プレイス アイ ペンシル 04

  • 長井さん絶賛。圧倒的なロングラスティング効果。

  • ¥2,800 / ESTEE LAUDER

Q. 06

クマを隠したくて塗ったコンシーラーが
気づけばシワシワに……。
予防法や直し方は?

VOCE 2017年9月号 クマを隠したくて塗ったコンシーラーが気づけばシワシワに……。予防法や直し方は?

A. コンシーラーを使うからくずれるんです!
「コンシーラーを使う必要ナシ。ココだけ塗れば絶対にキレイに見える目の下の“美肌ゾーン”に二重、三重にファンデを盛って。くずれることもなく、クマもしっかり隠れます」

Q. 07

スポーツをする日も
落ちないメイクってできますか?

VOCE 2017年9月号 スポーツをする日はアイメイクを諦めるべき?落ちないメイクってできますか?

A. ただのせるのではなく、圧をかけて密着させましょう。
「普段はブラシを使う人もスポーツのときはチップでメイクを。チップを縦に持ち、ペタペタと色を“置く”ように圧をかけながらのせるとしっかりフィックス可能」


きれいな仕上がりを一日中キープするには、しっかり“仕込む”ことが大切! 長井さん直伝のテクで残暑を涼しげメイクで乗り切りましょう♪

  • ノースリーブブラウス:¥16,000 / Chesty(JOCカスタマーサービス)

  • ピアス:¥30,000 / STAR JEWELRY(スタージュエリー 丸の内店)

撮影/当瀬真衣(TRIVAL)、武藤誠(静物) ヘアメイク/長井かおり スタイリング/川﨑加織 モデル/田辺かほ 取材・文/前田美保 構成/河津美咲

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる