「これで安っぽく見えない!コスパコーデの高見え配色ルール3つ」のトレンド記事をチェックしよう!
これで安っぽく見えない!コスパコーデの高見え配色ルール3つ
2017年9月18日

これで安っぽく見えない!コスパコーデの高見え配色ルール3つ

  • twitter
  • facebook
3527views

スタイリストの小山田早織さんが、無理なく買えて、ほどよいトレンド感を兼ね備えた人気のコスパブランドで、最大限おしゃれになるメソッドをご紹介。コーディネートを高見えさせられるかどうかは配色次第。マネしやすいおすすめ配色はこちらです!

# 01 カフェラテ配色

ワントーンコーデは
トーンの幅をできるだけ広くする

with 2017年10月号 ワントーンコーデはトーンの幅をできるだけ広くする

その名の通り、スタバのラテからインスピレーションを得た配色。小物の焦げ茶は、言わばひとさじのシナモンパウダー。バッグの白はスチームミルク。ベージュ、白、焦げ茶の配分もカフェラテと同様にすれば、簡単にメリハリが。

  • ニット:¥6,944 / H&M(エイチアンドエム カスタマーサービス)

  • パンツ:¥1,490 / GU

  • ストール:UNIQLO

  • バッグ:LONGCHAMP

  • 靴:BABYLONE

  • ハット:ヴィンテージ

# 02 グレーグラデ

淡色でまとめるときは
ロゴや柄を効かせるとのっぺりしない

with 2017年10月号 濃色でまとめるときはロゴや柄を効かせるとのっぺりしない

グレーの濃淡の幅を広くするとコーデに奥行きが生まれ、ベーシックカラーにありがちな地味見えを回避できます。その際には、必ず白を使うこと。無彩色のグラデーションでも華やかになり、コーディネートに軽快さが生まれます。

# 03 カーキ×黒

抜けになるシルバーやゴールドを
効かせてコーデに立体感を出す

with 2017年10月号 抜けになるシルバーやゴールドを効かせてコーデに立体感を出す

ダークカラー同士の配色は、重くならないよう明るさと立体感を出すゴールドやシルバーを効かせることが必須。また、トートバッグで取り入れたロゴや、他には柄をプラスすると抜けも生まれ、よりキレのあるコーデが実現します。


小山田さんが教えてくれた、安っぽく見えない3つの鉄板配色。このルールさえ覚えておけば、おしゃれの基礎力が一段と上がりそう!

撮影/須藤敬一 スタイリスト/小山田早織 取材・文/幸山梨奈
※値段の無いアイテムはすべてスタイリスト私物です

withの新着トレンド記事

トップへもどる