「ちょこテクで顔が激変!プロが教えるスゴすぎるメイクの裏ワザ6つ」のトレンド記事をチェックしよう!
ちょこテクで顔が激変!プロが教えるスゴすぎるメイクの裏ワザ6つ
2017年11月24日

ちょこテクで顔が激変!プロが教えるスゴすぎるメイクの裏ワザ6つ

  • twitter
  • facebook

いつもの顔に変化をつけたいけれど、メイクの仕方を180度変えるのも手持ちアイテムを総とっかえするのも正直タイヘン……。そんな時、威力を発揮するのが神ワザの宝庫・千吉良恵子さん直伝の“ちょこテク”。ワンポイント効かせるだけで顔が激変するスゴすぎる裏ワザを、一挙にお届け!

  • ※以下コメントはすべて千吉良さん

裏ワザ 1

眉がバツグンに垢抜ける
眉下の真ん中だけラインどり

VOCE 2017年12月号 眉がバツグンに垢抜ける 眉下の真ん中だけラインどり

「眉頭と眉尻を外した、真ん中3/5の範囲だけ、眉の下ラインを少し濃い色のペンシルできちんと描く。こうするとエッジが立ってきて、他の部分をふんわり描いても眉がキリッと垢抜けます。まぶたの透明感も際立ちますよ」

裏ワザ 2

簡単にツヤ美肌へ
ハイライト+ファンデで自然すぎる
ツヤ生みワザ

VOCE 2017年12月号 簡単にツヤ美肌へ ハイライト+ファンデで自然すぎる ツヤ生みワザ

「肌を自然にトーンアップしたい時は、リキッドハイライトとリキッドファンデを混ぜて使ってみて。同じテクスチャー同士をMIXするから、ファンデの質感を壊さずツヤだけが足されて、厚みが出ないまま肌が明るく! 目の下にトントンのせて」

裏ワザ 3

秋はブラウンばかり……な人に!
挑戦カラーは縦割り塗り

VOCE 2017年12月号 秋はブラウンばかり……な人に! 挑戦カラーは縦割り塗り

「ブルー、ベージュ、モーヴの3色を、目頭から順に縦割りの3分割でのせる。こうすれば青み×赤みという難易度の高いみ合わせでも取り入れやすいし、目の端がダークカラーで締まり、奥行きや立体感もアップ」

裏ワザ 4

これだけで目元がリフトアップ!?
目尻45度ハイライト

VOCE 2017年12月号 林田岬優 これだけで目元がリフトアップ!? 目尻45度ハイライト

「ハイライトは目をキリッと見せたい時にも活躍。目尻の下から上へ斜め45度にシュッと入れるだけで、目元がピッとリフトアップ! 輝きの強いアイシャドウのハイライトカラーを使うと、より効果的」

裏ワザ 5

チークがしっくりこない時はコレ
チークとファンデをMIXする
千吉良流・仕込みチーク

VOCE 2017年12月号 チークがしっくりこない時はコレ チークとファンデをMIXする 千吉良流・仕込みチーク

「ファンデとクリームチークを好みの割合で混ぜて、黒目の下から横へ指3本分トントントンとのせ、それを一回り広くなるようぼかす。この仕込みチークの位置を守れば、上から別のチークをどう重ねても浮いたりしません」

裏ワザ 6

顔と首を調和させる
あえてフェイスラインに塗らない
パウダーワザ

VOCE 2017年12月号 林田岬優 顔と首を調和させる あえてフェイスラインに塗らない パウダーワザ

「顔と首が“別物”に見えてしまう原因は、粉ののせすぎ。フェイスラインには粉をのせず生っぽさを残しておくと、首の質感とつながって顔が浮いて見えなくなります。人差し指と中指で耳を挾んで頬杖をついた時、手で隠れる範囲には粉は不要!」


メイク慣れしたアラサー世代ほど陥りやすい、“結局いつも同じ顔になる“問題。千吉良さん伝授のちょこテクで、顔のマンネリ化を打破しよう!

撮影/菊地泰久(vale.)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリング/小林希 モデル/林田岬優 取材・文/宮下弘江

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる