「佐々木希もマスター♡時間がたっても美味しい冬のお惣菜の作り方」のトレンド記事をチェックしよう!
佐々木希もマスター♡時間がたっても美味しい冬のお惣菜の作り方
2017年12月29日

佐々木希もマスター♡時間がたっても美味しい冬のお惣菜の作り方

  • twitter
  • facebook

食べることが何より好きな佐々木希が、暮らしのアレコレを学ぶ本企画。今回はプライベートでも交流のある料理家、たまちゃんこと濱守球維さん。彼女のモットーは、“自分が作りたいだけのものではなく、食べる人が美味しいと思える料理”。時間がたっても、美味しく頂ける、“冬のやさしいお惣菜”を学びます。

「 濱守さんと一緒に考えた献立 」

お気に入りの器でいただく
冬のやさしいお惣菜(2人分)

with 2018年1月号 お気に入りの器でいただく冬のやさしいお惣菜(2人分)

ゆり根の梅和え
蓮根鶏そぼろきんぴら
鮭の粕漬け焼き
春菊のおひたし
生姜たらこ


「春菊はお店レベルでシャキシャキだし、粕漬けはすごくお上品な味。どれもこれも本当に絶品! いままでも自己流で料理してきたけれど、下処理や調味料の順番など本を読むだけではわからなかったことをいろいろ学べてとても勉強になりました。盛りつけも、高さを出してあげると料理屋さんらしくなるなど、使えるテクが満載。さっそく今日の献立を家でも作ってみたいと思います♡」(希)

レシピ その1

ゆり根の梅和え

with 2018年1月号 ゆり根の梅和え

材料
・ゆり根:2個
・酢:適量
・梅干し:1個
[A]・ポン酢:大さじ1
[A]・オリーブオイル:大さじ1
・黒胡椒:適量
・鰹節:ひとつかみ

作り方
① 流水でゆり根のおが屑を落としながら1片ずつにはがし、変色した箇所を削り取る。
② ひとまわしの酢を入れたお湯で約5分茹で、ゆり根の透明度があがったらザルにあげて粗熱をとる。
③ 梅干しの果肉を包丁で叩きAと混ぜ合わせて和え衣を作り、ゆり根が崩れすぎないようにさっくり混ぜ合わせ、黒胡椒と鰹節で仕上げる。

レシピ その2

鮭の粕漬け焼き

with 2018年1月号 鮭の粕漬け焼き

材料
・鮭:2切れ
・塩:適宜
[A]・酒粕(ペースト状):大さじ2
[A]・酒:大さじ1〜2
[A]・味噌:大さじ1
[A]・醬油:大さじ1/2
[A]・青唐辛子:1本(種を取ってみじん切り)
[A]・にんにく:1/2片(すりおろす)

作り方
① 鮭の両面にまんべんなく塩をふり、キッチンペーパーで包み約30分寝かせ余分な水分をとる。
② Aの材料をすべて混ぜ、粕床を作る。
③ 鮭の両面に粕床を塗り、半日ほど冷蔵庫で休ませグリルで焼く。

レシピ その3

蓮根鶏そぼろきんぴら

with 2018年1月号 蓮根鶏そぼろきんぴら

材料
・蓮根:2節
・鶏ひき肉:100g
・砂糖:小さじ1と1/2
・醬油:大さじ1と1/2(2回に分けて入れる)
・酒:大さじ1弱
・一味唐辛子:適量
・実山椒:小さじ1
・酢:大さじ1/2
・黒ごま:小さじ1
・白ごま:小さじ1
・太白ごま油:適量

作り方
① 蓮根は皮をむき、大きめの乱切りにして水に放ち、でんぷん質を落としておく。
② 弱〜中火の鍋にひき肉を入れ軽くほぐしたら、砂糖、醬油(材料の半量)、酒の順に調味料を入れ、あらかた火が入った段階で水けをきった蓮根を投入。
③ 調味料を絡め蓮根の透明度があがったら蓋をする。
④ 約5分、蓮根から出た水分と調味料を素材にしみ込ませ、状態をみながら残りの醬油を足す。ベースの味が決まったら一味唐辛子、実山椒を入れ味に層を出す。
⑤ 最後に酢をまわし入れ味を決めたら、ごま油を足して味をコートする。仕上げに黒ごま、白ごまをまぶして出来上がり。

レシピ その4

春菊のおひたし

with 2018年1月号 春菊のおひたし

材料
・春菊:1束
・塩:少々
・鰹節:1/3パック(1g)
[A]・一番出し汁:2カップ
[A]・塩:小さじ1/2
[A]・白醬油:大さじ1(醬油でも可)

作り方
① ボウルにザルを重ねた中に春菊を入れ、塩入りの沸騰したお湯を茎の上からかけ、香りがたったら湯をきり冷水で締め、キッチンペーパーで押さえ水分をとる。
② Aの材料をすべて鍋に入れ火にかけ、煮立ったら火を止め粗熱をとっておく。
③ ②に春菊をひたし、その上にキッチンペーパーに包んだ鰹節を入れ(追い鰹)冷蔵庫で冷やす。

レシピ その5

生姜たらこ

with 2018年1月号 生姜たらこ

材料
・たらこ:1腹
・生姜:1片(すりおろす)
[A]
・煮切り酒:大さじ1/2
・醬油:小さじ1

作り方
腹からしごき出したたらこに生姜とAを入れ混ぜる。


どのお惣菜も素材の味が活きていてすごく美味しい! お肉メインじゃなくても充分満足できます♪

スタイリスト/長張貴子 ヘア&メイク/犬木愛(agee) 取材・文/池城仁来

withの新着トレンド記事

トップへもどる