「全部3000円以下!プロが太鼓判を押す彼の実家への手土産9選」のトレンド記事をチェックしよう!
全部3000円以下!プロが太鼓判を押す彼の実家への手土産9選
2017年12月11日

全部3000円以下!プロが太鼓判を押す彼の実家への手土産9選

  • twitter
  • facebook

彼の実家へ初めてのおよばれ。まずは手土産で“気の利く彼女”と、いい印象を持たれたい♡ 由緒正しいブランドの、“ウケる”逸品なら間違いなし。“手土産のプロ”が太鼓判を押すおすすめのアイテムをご紹介します。

# 01

ヒガシヤの羊羹と豆菓子の詰め合わせ

with 2018年1月号 ヒガシヤの羊羹と豆菓子の詰め合わせ

銀座に本店を置き、センスのいいモダンな和菓子で知られるヒガシヤ(HIGASHIYA)。「好みのものを組み合わせられる、お茶のお供にぴったり。桐箱入りできちんとした印象を与えてくれます。パッケージや紙袋まで細やかなデザインがステキです」(ギフトコンシェルジュ 真野知子さん)

  • 大納言羊羹、黒胡麻豆腐豆、和三盆豆のセット:¥2,700

# 02

ホテルニューオータニ
パティスリーサツキの
プリマバウムクーヘン

with 2018年1月号 ホテルニューオータニ パティスリーサツキの プリマバウムクーヘン

厳選素材を使った高級感が漂うホテルスイーツ。「最近流行りのパティスリーの名前は知らなくても、ホテルニューオータニをご存知ない方は少ないはずなので安心です。ふっくらしっとりした口当たりと、じっくりと手間をかけて焼き上げたその味は病みつきになる美味しさ!」(スイーツライター chicoさん)

  • Mサイズ:¥1,500

# 03

トラヤカフェ・あんスタンドの
あんボーロ

with 2018年1月号 トラヤカフェ・あんスタンドの あんボーロ

季節ごとに味が変わる、餡が包まれたボーロ。「親世代も納得のとらやの餡を使い、トラヤカフェなら今どき感もあり、堅苦しさを感じさせません。アーモンドプードル入りのほろほろの生地が軽い食べ心地。気取らずほっこりした味で、なごやかな雰囲気になるはず!」(chicoさん)

  • 各¥250

# 04

パティスリー キハチの
キハチトライフルロール®

with 2018年1月号 パティスリー キハチの キハチトライフルロール®

キハチの代名詞とも言えるロールケーキは、素材の味をしっかり感じられる美味しさ。「いいものを知る人たちから確かな信頼を集めるキハチのロールケーキ。断面も美しく、フルーツたっぷり。レストランの味を家庭で味わえる嬉しさがあり、まさに贅沢です」(文筆家 甲斐みのりさん)

  • 約14cm:¥2,000

# 05

ドゥバイヨルのケーク

with 2018年1月号 ドゥバイヨルのケーク

ケークごとにレシピが異なるので、好みを事前リサーチしておくと◎。「チョコレートで有名なバレンタインの定番ブランドですが、手土産には日持ちする焼き菓子もおすすめ。味もお菓子の佇まいもパッケージも上品!」(甲斐さん)

  • [上]ケーク オ ショコラ:¥1,500 / 片岡物産

  • [下]ケーク オ フリュイ:各¥1,600 / 片岡物産

# 06

資生堂パーラーの
ケーク・ケーク・ケーク

with 2018年1月号 資生堂パーラーの ケーク・ケーク・ケーク

懐かしい味で、ご両親との話に花が咲くかも。クラシカルなパッケージも彼親向き。「年上の女性への贈り物に困ったときは、資生堂パーラーが確実。こちらは2015年に新しく生まれた焼き菓子で、『檸檬』『柚子』『伊予柑』、3種の柑橘類の味が楽しめます。後味もさっぱり」(甲斐さん)

  • 6個入り:¥1,500

# 07

ラ・メゾン・デュ・ショコラの
エクレール

with 2018年1月号 ラ・メゾン・デュ・ショコラの エクレール

25年間、パリでロングセラーとなっている“ショコラ”をはじめとした3種のさまざまな味が。「外はカリッ、中はモチッのシュー生地に、たっぷりのガナッシュクリーム。濃厚だけどほどよくビターで、軽めの口当たりでパクパク食べてしまう名作は、ショコラトリーならでは」(chicoさん)

  • 各¥650

# 08

両口屋是清のささらがた

with 2018年1月号 両口屋是清のささらがた

万人受けするあっさりとした上品な甘さの餡が手土産にぴったり。「ひとくちサイズの和菓子なので、食べやすく美しく、パッケージもすてき。両口屋是清は、江戸時代から続く老舗和菓子店ですが、こちらは平成生まれの新しいお菓子なので、新鮮に感じてもらえるはず」(甲斐さん)

  • 10個入り:¥2,150

# 09

さんぽう西村屋の
蟹山椒と但馬牛しぐれ煮

with 2018年1月号 さんぽう西村屋の 蟹山椒と但馬牛しぐれ煮

辛党のご家族には飛び道具的なチョイスを。「高級食材のツートップ、蟹と但馬牛を使ったご飯のお供をセットで。旅館・ホテルの世界的な協会、ルレ・エ・シャトーにも加盟する城崎温泉の名旅館が手がけた、おつまみにもなる逸品です」(真野さん)。通販も可。

  • [左]蟹山椒:¥1,186

  • [右]但馬牛しぐれ煮:¥1,371


いい印象を持ってもらいたいから、手土産のチョイスも慎重に。プロが太鼓判を押す逸品なら、喜ばれることうけあいです♡

撮影/武藤誠 スタイリスト/浦田聡美 構成/西村依莉

withの新着トレンド記事

トップへもどる