「毛穴を隠してサラつる肌へ!VOCE読者が選ぶおすすめ下地TOP5」のトレンド記事をチェックしよう!
毛穴を隠してサラつる肌へ!VOCE読者が選ぶおすすめ下地TOP5
2015年7月13日

毛穴を隠してサラつる肌へ!VOCE読者が選ぶおすすめ下地TOP5

  • twitter
  • facebook
8963views

VOCEウェブサイトに登録する30万人がおすすめの下地TOP5を公開。1位に輝いたのは、少量で毛穴を消してくれるコフレドール。3位には、サラッとした感触が印象的な2つの商品が並列! ランクインしたものを今すぐチェックして、毛穴問題を解消しよう!

毛穴隠しコフレドールを、透明感シャネルが猛追!

1位のコフレドールは、軽やかなつけ心地で毛穴を見事に消してくれる高機能モノ。今や標準装備となったUVカット効果がないにもかかわらず2位と善戦したのがシャネル。白い光で溢れる透明感をもたらし、骨格を美しく際立たせたことが勝因に。

下地部門

1位
コフレドール
毛穴つるんとカバー 化粧もち下地UV

VOCE 2015年8月号 1位 毛穴つるんとカバー 化粧もち下地UV

1位に輝いたコフレドールは、軽やかなつけ心地でサラツルな肌に導くチェンジ力と、ファンデの持ちを高める下地効果が強み!

VOCE読者も絶賛♡

「コフレドールを溺愛して3年。これはゆるめの乳液タイプで、厚塗り感も白浮きもなくサラサラに。毛穴落ちもせず、ファンデのドロドロ化も防止。」(Hana-hiro さん)

  • 毛穴つるんとカバー 化粧もち下地UV 全2種 01はSPF27・PA++、02はSPF50+・PA+++ 25ml 各:¥2,800 / COFFRET D'OR

2位
シャネル
ブラン ドゥ シャネル N

VOCE 2015年8月号 2位 シャネル ブラン ドゥ シャネル N

VOCE読者のコメント

「一度使うとヤミツキに。肌を明るくしてくすみをセーブする効果が絶大。早くも2本目購入のおすすめアイテム!」(ミクスル さん)

  • ブラン ドゥ シャネル N 30ml:¥5,500 / CHANEL

3位
RMK
クリーミィ ポリッシュト ベース N

VOCE 2015年8月号 3位 RMK クリーミィ ポリッシュト ベース N

VOCE読者のコメント

「何度リピしたかわからないくらい♡ 毛穴やキメの凹凸も一発で目立たなくなるところがおすすめ。」(wakako chan さん)

  • クリーミィ ポリッシュト ベース N 全5種 00/01/02はSPF14・PA++、EX-01/EX-02はSPF13・PA++ 30g 各:¥3,500 / RMK

3位
ヒロインメイク
メイクラスティングベース さらさらキープ

VOCE 2015年8月号 3位 ヒロインメイク メイクラスティングベース さらさらキープ

VOCE読者のコメント

「毛穴目立ちをおさえて明るい肌に。ツヤがあるのに、ベタつかずサラサラが続く点もよく、夏に活躍必至。」(ぶんすけ さん)

  • メイクラスティングベース さらさらキープ SPF50+・PA++++ 30g:¥1,000 / heroine make

5位
ポール & ジョー
モイスチュアライジング ファンデーション プライマー N

VOCE 2015年8月号 5位 ポール & ジョー  モイスチュアライジング ファンデーション プライマー N

VOCE読者のコメント

「5年以上リピート。悩みがない肌に使えば、より美しくなるし、大人肌に塗ると20代の肌感が蘇るおすすめアイテム!」(kaosaku さん)

  • モイスチュアライジング ファンデーション プライマー N 全3色 01/02のみSPF15・PA+ 30ml 各:¥3,500 / PAUL & JOE BEAUTE

VOCE読者ベスコスとは?

もっともWEBをザワつかせたコスメ=読者べスコス!VOCEウェブサイト(i-voce.jp)には、膨大な量のコスメデータベースがあって自由に閲覧できるうえ、会員登録をすれば、自由にカキコミができたり、5点満点で評価できたり。そのリアルな声を集計したのが、読者ベスコスだ!

コスメデータベースに寄せられたカキコミ(5点満点)の平均点をベースに、カキコミ数を係数として加算(選定者が多いものほど加算ポイントが多い)。ただし、2014年10月以降に一定以上のカキコミ数があるものに限定している。※メイクアイテムは各メーカーの人気色を掲載。また、パフやケースなどを含めたセット価格を表記。

他の部門はこちらでチェック!
VOCE読者ベスコス 2015年

無色タイプからハイライトに使えるものまで、下地も様々!あなたにあったモノをピックアップしてみて♡

photographs:Mitsuru Kugue text(本誌):Hiromi Narasak composition:Mami Ninagawa

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる