「保湿だけじゃない!新作化粧水は“美容液級”が当たり前!」のトレンド記事をチェックしよう!
保湿だけじゃない!新作化粧水は“美容液級”が当たり前!
2015年7月18日

保湿だけじゃない!新作化粧水は“美容液級”が当たり前!

  • twitter
  • facebook

化粧水の役割は“保湿ステップのひとつ”
という考えはもう古い!

質感こそ“水っぽい”から化粧水枠にカテゴライズするが、真の実力は“美容液級”と言って過言でない超級化粧水たち。今の化粧水には一体何ができるのか。ビューティーライターの前田美保が語る。

ローションの進化が止まらない! 成分も浸透技術もテクスチャーも効果までもが「美容液級が当たり前」の時代へ。

  • ビューティーライター 前田美保

「化粧水が進化している!」とビューティストの間で話題になったのは去年。“保湿ステップのひとつ”というスタンスではさばききれず、質感こそ“水っぽい”から化粧水枠にカテゴライズするが、真の実力は“美容液級”と言って過言でない超級化粧水たち。その流れは今年の新作にも受け継がれている。

化粧水が担う基本的役割は潤いの補給。この力を最大限に引き出すためにと、化粧水の前に使うブースターなるものが誕生したのは10年以上も前。破竹の勢いで成熟したこのカテゴリーは今や基礎ケアに数えられるほど成長したが、昨年から続く化粧水の大型進化を見ると「ブースターの力は不要?」と思えるほど化粧水1本がまかなえる範囲が広がってきている。今の化粧水には一体何ができるのか。

人気の4ブランドが開発
新作化粧水の効能とは?

シスレー初の“保湿系”化粧水

シスレーからトーニングローション以外の“保湿系”化粧水が発売になるのは初めて。これは日本人に代表されるアジア女性の丁寧な水分ケアがグローバルに支持を受けた結果。奇しくもキールズの新化粧水も、アジア女性の化粧水への意識の高さを反映して生まれた。

「アジア圏の女性が何度も化粧水を重ねづけして肌の準備を整えるプロセスをヒントに、徐々に美容成分を送り込む仕組みを完成(*1)。スキンケアを受け入れるための完璧な土台づくりを目指しました」(シスレー コミュニケーション部 PRマネージャー / 郡司薫さん)

キールズの化粧水で“肌の土台づくり”

キールズは化粧水でありながら〝基底膜〟の育成が狙いだ。

「栄養を与えるのは美容液。それを余すところなく受け取れる肌の土台づくりの答えが化粧水でした」(キールズ リテール マーケティング プロダクト マネージャー / 田口沙奈枝さん)と、“肌の土台づくり”を命題に挙げる。

「役割も構造も異なる表皮と真皮を接着、肌表面から浸透する美容成分、体内から吸い上げる栄養分を相互に受け渡す基底膜こそ肌の基礎力の鍵。アイリスルートエキスの働きで基底膜を強化(*2)、自らの力で潤うことを目指した“肌を鍛える”ための化粧水です」(田口さん)

シャネルやヘレナ ルビンスタインの
化粧水は人気シリーズがバージョンアップ

シャネルやヘレナ ルビンスタインからも、人気シリーズの化粧水が相次いでバージョンアップした。

「水の分子を引きつけるマグネティック ウォーター コンプレックスの働きで(*3)、エイジングケア成分を効率良く肌に浸透」(シャネル 香水化粧品PRマネージャー / 増川美和さん)

「Wの始原細胞のほかヒアルロン酸+トリモイスチャーが時間差保湿を可能に(*4)」(ヘレナ ルビンスタイン PR・メディア統括マネージャー / 峠亜季さん)と、もう“潤すだけ”に留まらない。美肌の足掛かりは美容液前の化粧水で決まることを覚えておきたい。

  • *1 時間をかけて放出される保湿成分はビオサッカリドガム。バイオテクノロジーでつくられる多糖類で3時間後に理想的な水分状態へと導く。そのため、実際に何度も重ねづけする必要はない。

  • *2 古代より様々な用途に使われてきたアイリスルートは大豆よりも多量のイソフラボンを含む。基底膜で接着の役割を担うラミニンというタンパク質の生成をイソフラボンが高めるという仕組み。

  • *3 水の分子を引きつける働きがあるだけでなく、磁石のように捉えて同心円状に形成。この複合成分により構造的になった水の分子はより自然に肌になじみやすくなり、有用成分を運んでくれる。

  • *4 瞬時の保湿をまかなうのがヒアルロン酸で、中長時間の保湿にはトリモイスチャーが最大限の潤い力を発揮するように設計。テストでは24時間後の肌も保湿効果が持続するという結果が。

VOCE 2015年8月号

(左から)
キールズ
IRS エッセンス ローション

表皮と真皮を繋ぐ基底膜が担う役割に着目、強化することで肌の基礎力を養う化粧水。古代より民間薬として使用されてきたアイリスルートエキスを配合し、基底膜を構成するタンパク質、ラミニンを強化。さらにヒアルロン酸とLHA(リポヒドロキシ酸)が肌の古い角質をオフしながら潤いを保持させる。

  • IRS エッセンス ローション 200ml:¥4,900 / KIEHL'S SINCE 1851

ヘレナ ルビンスタイン
アドバンスド P.C. ローション

オセアニック クリスタとシー ホリーの2つの始原細胞を100%凝縮して配合。これをボトル内で均一に保ち安定した状態で肌に取り入れるのが3Dネットワークの働き。ヒアルロン酸と3時間後に最大の作用を発揮する独自のポリマー:トリモイスチャーにより、肌は芯からフワフワ。

シャネル
サブリマージュ ラ ローション シュプレーム

ヴァニラ プラニフォリアの果実から抽出された2つの成分が、内部では細胞の再生を促し、表面では皮脂膜に似たフィルムを形成してバリア機能を高める。さらに、マグネティック ウォーター コンプレックスは有用成分の浸透をサポート。次のスキンケアを受け入れやすい肌状態に。

  • サブリマージュ ラ ローション シュプレーム 125ml:¥14,500 / CHANEL

シスレー
シスレイヤ エッセンシャル スキンケア ローション

保湿だけでなく、栄養補給、ブースター効果まで搭載させた珠玉の1本。保湿成分のビオサッカリドガムは3時間後に理想的な水分量を保てるよう徐々に放出され、ふっくらとしなやかな肌へと導くパディナパボニカエキスなどエイジングケアシリーズ“シスレイヤ”共通の成分もイン。

  • シスレイヤ エッセンシャル スキンケア ローション 150ml:¥16,500 / sisley

photograph:Yasushi Kokufu

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる