「苦手意識がなくなる!おしゃれなゆるおだんごを簡単に作るコツ5つ」のトレンド記事をチェックしよう!
苦手意識がなくなる!おしゃれなゆるおだんごを簡単に作るコツ5つ
2018年2月16日

苦手意識がなくなる!おしゃれなゆるおだんごを簡単に作るコツ5つ

  • twitter
  • facebook

「雑誌を見てもヘアアレンジができない」という読者の声に応えるべく、その問題点を人気ヘアメイクの朝日光輝さんがチェック。無造作なおだんごは「ゆるさが出せない」「すぐボサボサになる」と苦手意識を持つ人多数。うまく作る秘訣は仕込みにあり! この5つのポイントを押さえればOKです!

こんなおだんごになってない?

with 2018年3月号 こんなおだんごになってない?

「きちんとまとまっているように見えるけど、後ろはおだんごから毛先が飛び出していて残念! トップの髪も引き出したつもりが、実際にはぺたんこのまま。きっちりまとめたサイドも、古臭いイメージでもったいない!」(朝日さん)

Weak point # 01

毛先がぴょんぴょん目立っちゃう!

まとめたときに毛先が四方八方に飛び出てしまうのは、髪を巻いていないから。「ワンカールでも“仕込みの巻き”があればまとめやすいし、毛先がパラついても可愛く見えるんだよ」と語る朝日さん。

with 2018年3月号 毛先がぴょんぴょん目立っちゃう!

毛先からコテで巻き込み、ワンカールしておく。左右対称に、キレイに巻く必要はないから簡単。これで直線だった毛先に曲線が生まれ、おだんごにしたとき、毛先が自然に丸くなるので、まとめやすくなるんです。コテが使えない人はホットカーラーで。

with 2018年3月号 毛先がぴょんぴょん目立っちゃう!
Weak point # 02

トップがぺたんこになっちゃう

どれだけおだんごがキレイにできたとしても、トップのシルエットがぺたんこだと素敵さは半減。「シルエット作りは最初が肝心。結ぶ前にボリュームを出しておけば、こなれた“ふんわり”感も簡単!」

with 2018年3月号 トップがぺたんこになっちゃう

意外と難しいトップのふんわり感。朝日さんいわく、「重要なのは結ぶ前の仕込み」。手ぐしで髪を持ち上げ、根元を起こしながら、ミディアムハードくらいの固まりすぎないスプレーを根元にかけてボリュームを出しておいて。ボサボサぐらいがベスト!

with 2018年3月号 トップがぺたんこになっちゃう
Weak point # 03

毛束をうまく引き出せない

髪を引き出しているつもりでも、「細かい毛束の“線”がポワポワ出ているだけでヘンに浮いている人、よく見かけるよね」と朝日プロの厳しいツッコミが。これは奥と表面、2段階の引き出しで解決!

with 2018年3月号 毛束をうまく引き出せない

毛束の引き出しは①奥からふくらみの土台を作る②表面のディテールを整える、の2段階にするのがコツ。①は結び目を押さえつつ、地肌に指が当たるくらい奥から髪を多めに引き出して、土台となるふくらみをしっかり作ること。

with 2018年3月号 毛束をうまく引き出せない

②では表面の髪を少量ずつつまみ、シルエットを微調整。

with 2018年3月号 毛束をうまく引き出せない
Weak point # 04

おだんごがまとまらない

“毛束を根元に巻きつける”。それがどうしてもできない!「必ず毛先を持ち、毛束をねじってから巻きつけよう。まとまりやすいし、毛先のカールにニュアンスが加わってこなれた印象になるよ!」

with 2018年3月号 おだんごがまとまらない

おだんごのまとまらない問題は、「毛先を持ち、“ねじり”を加えることで解決できるよ!」と朝日さん。根元から毛束をねじり、毛先は特にきつくねじる。

with 2018年3月号 おだんごがまとまらない

ねじり終わりの毛先を持って結び目に巻きつけていけば、あっという間におだんご状に。多少毛先が飛び出ても、あらかじめコテで巻いておけば、よい“抜け感”となって可愛く仕上がります。

with 2018年3月号 おだんごがまとまらない
Weak point # 05

ピンでおだんごが固定できない

巻きつけた毛束を固定するだけでなく、髪がもとの状態に戻ろうとする力を抑えつけるのもピンの役割。そのためにはひとつ結びにしたゴムの中心に向かって、ピンをさしていくのがポイント!

with 2018年3月号 上品なゆるおだんごが完成♡

固定したい毛先をピンで挟むようにして、土台となる結び目のゴムに向かって突きさすように留める。「よく見かけるのが、ゴムの上や下で、ピンを横にさしている人。これだと髪が戻ろうとする力に負けちゃって緩んじゃうのも当然」。まとめる途中で落ちた髪が気になるなら、ねじってからピンでおだんごの中心に向かって留める。

with 2018年3月号 上品なゆるおだんごが完成♡

ピンは全体にバランスよく放射状にさせば緩まない!

with 2018年3月号 上品なゆるおだんごが完成♡


上品なゆるおだんごが完成♡


「ちょうどいいゆるさがわからない……」と苦手意識がある人も、これなら簡単にニュアンスのあるゆるおだんごが作れそう!

撮影/伊藤泰寛 ヘア/朝日光輝(air) スタイリスト/萩原小百合 取材・文/山田理華子(レ・キャトル)

withの新着トレンド記事

トップへもどる