「これがベストバランス!クールなのに親しみやすい春のカラーメイク」のトレンド記事をチェックしよう!
これがベストバランス!クールなのに親しみやすい春のカラーメイク
2018年3月19日

これがベストバランス!クールなのに親しみやすい春のカラーメイク

  • twitter
  • facebook

カラーメイクに挑戦したいけど、色のバランスが難しそう……。そんな悩めるメイク好きさんに春新色を使った最旬カラーコーデをヘア&メイクアップアーティストのGeorgeさんが伝授。クールなのに親しみやすい、アイとリップのベストバランスはこちらです!

グレージュブルー×ベージュ

目元のブルーを引き立てる
血色リップでさらりとこなす

VOCE 2018年3月号 藤野有理 目元のブルーを引き立てる血色リップでさらりとこなす

“頑張ってます感”が出やすいブルーをアラサーがまとうなら、血色感を補いつつ、コンサバにまとめる赤みベージュがベストチョイス。グレージュを帯びたブルーのトーンに合わせ、くすみ色で揃えればグッと洗練された印象に。

  • シャツドレス:¥23,000 / BYMITY

  • イヤリング:¥15,000 / Jouete

KEY ITEMS

VOCE 2018年3月号 KEY ITEMS
  • [左]スモーキーラウンドアイズ BU-1

  • ベージュとのセットで使いやすいネイビー。立体感のある目元に。

  • ¥1,200(編集部調べ) / KATE(カネボウ化粧品)

  • [右]リップカバー 5691

  • 唇の色をきちんと隠して美しく発色するピーチベージュ。(限定発売中)

  • ¥3,300 / NARS(ナーズ ジャパン)

HOW TO MAKE-UP

VOCE 2018年3月号 HOW TO MAKE-UP

ライン風に使うならオフィスでブルーもやりすぎ感なし
パレット左をアイホールより広めに。中央を上の目のキワ全体に太めのライン状にのせ、目尻は少し上げ、下のキワの目頭側1/5にも細く入れる。右端を上まぶたの目尻から黒目の中央まで、凹み部分にダブルライン風に。右から2番目を目頭下にトントンとラフにのせる。リップは筆で丁寧に塗って。

グレージュブルーに合わせる!
シーン別オススメリップ


エッジィになりがちな寒色は血色感で和らげるのがポイント。今季気になるくすみ感のあるグレージュブルーを使いこなして、“オフィスの花”を目指しましょう!!

撮影/押尾健太郎(人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/ George スタイリング/程野祐子 モデル/藤野有理 取材・文/小池菜奈子 構成/河津美咲

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる