「彼氏もおしゃれも変化!テイラー・スウィフトの恋愛遍歴をチェック!」のトレンド記事をチェックしよう!
彼氏もおしゃれも変化!テイラー・スウィフトの恋愛遍歴をチェック!
2015年7月19日

彼氏もおしゃれも変化!テイラー・スウィフトの恋愛遍歴をチェック!

  • twitter
  • facebook
7175views

いつもキュートなテイラー・スウィフトは世界中の女の子たちの憧れの的。大ヒット曲を連発し、2014年の年収は6400万ドル(約78億円)と、超リッチ! そんな彼女も素顔は25歳の女の子。付き合う彼氏によって、おしゃれが大きく変わってきました。今回はテイラー・スウィフトのおしゃれと歴代彼氏たちの意外な関係をチェック!

相手:ジョー・ジョナス

おしゃれも恋も初心者だった
初期のテイラー・スウィフト

JOE1
JOE2

テイラー・スウィフトが当時のNo.1アイドルだったジョナス・ブラザーズのジョー・ジョナスを彼氏にしたのは、2008年夏頃。この頃のファッションは彼女の音楽同様にカントリー路線で、メイクはナチュラル。アイドルの恋人らしく、ふわふわのカーリー・ヘアがお約束でした。ところが数か月後にジョーは若手女優のカミーラ・ベルに一目惚れし、たった27秒間の電話でテイラー・スウィフトに別れを通知。「Forever&Always」はこの時に彼氏に捨てられたつらさを歌ったものだとか。現在はお互いに吹っ切れたようで、共通の知人たちを交えて遊ぶ姿が目撃されています。

相手:ジェイク・ギレンホール

10歳年上の彼氏にメロメロ!
結婚を夢見た新妻ファッション時代

JAKE1
JAKE2

2010年10月~2011年1月頃の間、オンオフを繰り返していたテイラー・スウィフトと映画スターのジェイク・ギレンホール。彼女は10歳年上の彼氏にメロメロで、早々にジェイクとの結婚を意識し、処女を捧げたとか。飾らないライフスタイルを好む彼に合わせ、すっぴんに近いメイクとカジュアルなファッションで、新妻のよう! 日本でも大ヒットした「We Are Never Ever Getting Back Together」は、一方的に連絡を絶った彼から復縁を切り出されたことに怒って作った曲ともっぱらのウワサ。心の傷は深く、今でもテイラーは彼を必死に避けているそう。

相手:コナー・ケネディ

テイラー・スウィフトが
上品スタイルでお坊ちゃまを誘惑!

KENEDY1
KENEDY2

2012年7月~9月の彼氏は、アメリカ人にとってのロイヤル・ファミリーとも呼ばれる、ケネディ家の御曹司コナー・ケネディ。もともと、ケネディ家に憧れを抱いていたテイラー・スウィフトは、ファッションやヘアメイクを清楚でお嬢様な上品スタイルでまとめ、彼の家族に恋の真剣さを猛アピール。彼の家族が所有する別荘の近くに家まで購入したものの(破局後に即売却!)、当時高校生のコナーにはテイラーの愛が重すぎたのか、ひと夏の恋で終了。「Everything Has Changed」に登場する、恋愛に懲りていた頃に付き合った彼氏はコナーのことだそう。

相手:ハリー・スタイルズ

センスアップのきっかけは
度々歌のネタにされるこの彼氏!

HARRY1
HARRY2

2012年末に交際をスタートし、2013年1月に電撃破局したテイラー・スウィフトと目下のNo.1アイドル・グループ、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ。ファッションやヘアスタイルには彼女らしい少女っぽさを残しているものの、モデル顔が大好物の彼氏の影響を受け、目元強調の濃いアイメイクに! ハリーとの恋はテイラー・スウィフトの創作意欲に火をつけたらしく、元彼氏の恋人との遭遇が歌詞に含まれている「Shake It Off」、“うまくいかないとわかっていた”と歌う「I Knew You Were Trouble」、名前をもじった「Style」など、彼をネタに複数の曲を作った模様!

相手:カルヴィン・ハリス

テイラー・スウィフトの
モード化計画が進行中!

CARVIN1
CARVIN2

テイラー・スウィフトの現在の彼氏は、フォーブス誌に2014年の「世界で最も稼ぐDJ」と認定されたカルヴィン・ハリス。年収はなんと6600万ドル(約80億円)で、正真正銘のセレブ! ふたりは今年の2月にロンドンで行われた英音楽の祭典「ブリット・アワード」で出会って以降、急接近。カルヴィンはDJという時代の最先端を行く職業だけに、テイラー・スウィフトはモードなファッションとメイクでぐっと大人っぽく洗練された雰囲気に。ちなみに、彼は彼女の歴代の彼氏たちのように歌のネタにされたくないらしく、彼女に自分を歌にしないよう懇願しているとか!?

Snap:INFphoto,AKM Images,FameFlynet,WENN/AFLO
Getty Images
Text:Mari Tajima

IQONmagazineの新着トレンド記事

トップへもどる