「一瞬で今っぽく!夏のマンネリを救うブラウン系Tシャツの着こなし方」のトレンド記事をチェックしよう!
一瞬で今っぽく!夏のマンネリを救うブラウン系Tシャツの着こなし方
2018年6月13日

一瞬で今っぽく!夏のマンネリを救うブラウン系Tシャツの着こなし方

  • twitter
  • facebook

シャツやニットにはないナチュラルさが、“抜け感”にひと役買ってくれるTシャツ。一番のトレンド色でありながら、上品で使いやすい”ブラウン系”は、微妙な色や素材の違いでもガラリと印象が変わるので、合わせによってチョイスを変えて。

# 01

白ジャケに映えるキャメルTで品よく

6

流行りの白ジャケットとコーディネートしやすいのも、カラーTならではの魅力。きちんと見えするキャメルならいっそうお仕事向き。

  • Tシャツ:¥6,500 / UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店)

  • ジャケット:¥32,000 / Demi-Luxe BEAMS(デミルクス ビームス 新宿)

  • パンツ:¥13,000 / Danny&Anne

  • バッグ:¥53,000 / arron(フラッパーズ)

  • 靴:¥37,000 / RUE DE LA POMPE(ヒットマン プレスルーム)

  • 時計:¥18,000 / Jouete

  • ピアス:¥2,800 / Phoebe(ルイールコーポレーション)

# 02

定番のベージュは“ひとクセ”で差を

9

明るいイエローが主役の時は、Tシャツも淡いベージュを選んだほうが軽さが出て素敵。ありがちな着こなしにならないようにバックリボンでアクセントを。

  • Tシャツ:¥10,000 / BALLSEY(トゥモローランド)

  • スカート:¥30,000 / GRACE class(グレースコンチネンタル ショールーム)

  • バッグ:¥11,000 / Le Vernis(キャセリーニ)

  • 靴:¥25,000 / JILLSTUART(ジルスチュアート 青山店)

  • バッグに巻いたスカーフ:¥11,000 / manipuri(フラッパーズ)

  • ピアス:¥3,500 / TODAYFUL(ライフズ 代官山店)

  • バングル:¥15,000 / Jouete

# 03

ココアカラーで色落ちデニムを優しげに

8

赤茶のようなバーガンディは優しげに映る色。ボーイズライクなデニムやキャップと組み合わせても、女らしさはキープ。

  • Tシャツ:¥2,900 / SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店)

  • デニムパンツ:¥12,000 / EDWIN E STANDARD(エドウィン トウキョウ ハラジュク)

  • バッグ:¥10,500 / TODAYFUL(ライフズ 代官山店)

  • バングル:¥8,000 / TODAYFUL(ライフズ 代官山店)

  • 靴:¥4,000 / Mathilda(マチルダ ZOZOTOWN店)

  • キャップ(一部店舗限定):¥2,685 / Gap(ギャップフラッグシップ原宿)

  • ピアス:¥2,500 / Cepica(ジオン商事)

おすすめアイテム

with 2018年7月号 variation
  • [左から]

  • 夏肌にも似合うテラコッタ色。短すぎない丈感も人気。

  • ¥4,621 / RACEA

  • フロントの斜めフリルは胸元のカバーに効果大。小胸さんはもちろん、大胸でお悩みの人にもおすすめ。

  • ¥11,000 / Demi-Luxe BEAMS(デミルクス ビームス 新宿)

  • ユニークな肩がけデザインに加え、身幅広め&ハリのある素材で体のラインを拾いにくい。一枚では心もとない人に。

  • ¥14,000 / DRESSLAVE(ジオン商事)


今が旬のブラウンは、高見えにも効く優秀色。定番アイテムを一瞬で今っぽくしてくれるブラウン系Tシャツをまず一枚!

撮影/伊東祐輔(PEACE MONKEY)、魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/ひるいちか ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott) モデル/宮田聡子(本誌専属) 構成・文/伊藤真知

withの新着トレンド記事

トップへもどる