「キーアイテムはこれ!ひと味違う夏のモノトーンコーデの作り方」のトレンド記事をチェックしよう!
キーアイテムはこれ!ひと味違う夏のモノトーンコーデの作り方
2018年6月22日

キーアイテムはこれ!ひと味違う夏のモノトーンコーデの作り方

  • twitter
  • facebook

いつだってつい心惹かれるのは、“可愛い”が盛れるフェミニンな甘い服。この夏は、ほろ苦いモノトーンコーデでオトナに振ってみるのはどう? その選択が今までとはひと味違う“新しい自分”を引き出してくれるはず。

# 01

ラッフル袖

10

ラッフルの可愛げを一瞬にしてオトナに変える黒。甘さは適度に残しつつ、ハッとするほどこなれた表情で、ただ“可愛い”だけで満足していた自分に終止符を。

  • フリルブラウス:¥26,000 / RITO(ミッドウエスト)

  • ハット:¥5,000 / GRILLO(デミルクス ビームス 新宿)

# 02

大粒のドット

7

ワンランク上の洒落感が出る大粒のドット。小さいドットよりさらに甘くなるように思えるけど、凛とした黒地のタイトスカートなら、年相応の女らしさに。

  • ドット柄タイトスカート:¥28,000 / Cry.

  • フリルブラウス:¥19,000 / ローリー ロンドン(スピック&スパン 吉祥寺店)

  • 腰に巻いたカーディガン:¥31,000 / JOHN SMEDLEY FOR GREED International(グリード インターナショナルトウキョウ ストア)

  • バッグ:¥20,000 / ADINA MUSE(アディナ ミューズ シブヤ)

# 03

透けブラウス

4

甘さが過剰になりがちな透け素材は、黒のシャープさで糖分を程よくコントロール。タンクトップの羽織りとして投入すると色っぽくなりすぎず適度にカジュアルに。

  • シアードット柄ブラウス:¥28,000 / BALLSEY(トゥモローランド)

  • 中に着たタンクトップ:¥10,000 / CINOH(デミルクス ビームス 新宿)

  • ミニスカート:¥15,000 / deicy(デイシー ルミネ新宿店)

  • バッグ:¥30,000 / ADINA MUSE(アディナ ミューズ シブヤ)

# 04

透けブルゾン

6

甘さを抑えるボタニカル柄の透けブルゾンなら、白ワンピのガーリー感を、驚くほどオトナに昇華。

  • シアーレースブルゾン:¥27,000 / FRAY I.D(フレイ アイディー ルミネ新宿2店)

  • ワンピース:¥13,500 / snidel(スナイデルルミネ新宿2店)

  • イヤリング:¥23,000 / ADER.bijoux(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)

  • 靴:¥9,800 / チェッコネッロ(スピック&スパン 吉祥寺店)

# 05

コットンレース

4

透け素材×レースを配したガーリーなコットンブラウスも、リネン風のワイドパンツで脱力させると、甘さが和らぎいっそう小洒落た雰囲気に。

  • 白コットンブラウス:¥10,500 / snidel(スナイデルルミネ新宿2店)

  • ベルト付きワイドパンツ:¥19,000 / JILKY

  • バッグ:¥26,000 / arron(トゥモローランド)

  • バッグに巻いたスカーフ:スタイリスト私物

# 06

コットンワンピ

6

ほっこりしがちなコットンワンピは、白よりもシャープな黒が正解。巧みにギャザーを切り替えたボリュームたっぷりなシルエットが華やか。

  • コットンギャザーワンピース:¥16,000 / FRAY I.D(フレイ アイディー ルミネ新宿2店)

  • 手につけたヘッドアクセ:¥2,300 / BED&BREAKFAST(グリード インターナショナル トウキョウ ストア)

  • 靴:¥21,000 / FABIO RUSCONI(ハイブリッジ インターナショナル)

# 07

ギンガム

6

今季大ブームのギンガム。メンズっぽいロングジャケットで取り入れると新鮮。リーンな黒ワンピとも相性抜群です。

  • コート:¥36,000 / Sov.

  • ワンピース:¥9,200 / FRAY I.D(フレイ アイディー ルミネ新宿2店)

  • かごバッグ:¥18,000 / VIOLA'dORO×Demi-Luxe BEAMS(デミルクスビームス 新宿)

  • 靴:¥14,000 / DIANA(ダイアナ 銀座本店)

# 08

花柄

6

ガーリーに転びがちな花柄も、黒ベースならこんなにもオトナに! さらに、余白多めの小花柄なら、すっきり着こなせます。

  • 花柄ワンピース:¥7,399 / ZARA(ザラ・ジャパン)

  • 中に着たニット:¥7,500 / RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド)

  • 靴:¥16,000 / UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店)

# 09

ストライプ

3

オトナ女子に人気のストライプ。甘ディテールのブラウスも、この配色なら程よく甘さ控えめに。

  • チュニックワンピース:¥14,000 / snidel(スナイデルルミネ新宿2店)

  • スカート:¥13,000 / BEAMS LIGHTS(ビームス ライツ シブヤ)

  • バッグ:¥7,399 / ZARA(ザラ・ジャパン)

# 10

グレンチェック

6

トラッドな柄と甘いウエストフリルの組み合わせが絶妙なパンツ。色を差すなら、足元だけにとどめるのが正解。

  • チェックパンツ:¥11,000 / snidel(スナイデルルミネ新宿2店)

  • ノースリーブカットソー:¥11,000 / BED&BREAKFAST(グリード インターナショナル トウキョウ ストア)

  • 手に持ったジャケット:¥24,000 / JILKY

  • 靴:¥30,000 / FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ 六本木店)


甘い服こそ甘くない色で着こなすのが今の気分。この夏は“あえて”のモノトーンでおしゃれに決めて!

撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/神戸春美 スタイリスト/樋口かほり(KIND) モデル/宮田聡子(本誌専属) 取材・文/大森奈奈 

withの新着トレンド記事

トップへもどる