「忙しい朝でもOK!ラフなのに女っぽい外ハネ巻きの作り方」のトレンド記事をチェックしよう!
忙しい朝でもOK!ラフなのに女っぽい外ハネ巻きの作り方
2018年7月10日

忙しい朝でもOK!ラフなのに女っぽい外ハネ巻きの作り方

  • twitter
  • facebook

この夏マスターしたいのは、絶妙なバランスの甘辛ヘアアレンジ。結ばなくても簡単に印象チェンジが叶うから、忙しい朝でもOK。すごくカンタンで、しかもオシャレ。洋服の甘さを中和したいときにも役立つ“外ハネ巻き”をご紹介。

肩の力の抜けたラフさで
秘めた女っぽさを醸して

3

「THE 外ハネ」なシルエットではなく、毛先をいろんな方向へと遊ばせたスタイル。ストレートアイロンを使い、甘さ控えめなカジュアル仕上げに。

  • ニットトップス:¥3,990 / EMODA(エモダ ルミネエスト新宿店)

  • チョーカー:¥1,800 / anemone(サンポークリエイト)

POINT

① 前髪はウエット仕上げに
② 動きをつけるのは耳下から
③ 5束中1束は内巻きで

使うものはコレ!

with 2018年8月号 使うものはコレ!
  • [左]イオンR ハイブリッドストレート

  • 髪を労わりつつつややかストレートが作れる。

  • ¥12,880 / クレイツ

  • [右]シャインオン 113ml

  • 軽さのあるウエットスタイルを作れるゲルタイプ。

  • ¥4,200 / john masters organics

HOW TO ARRANGE


程よく無造作に仕上げればこなれた大人の雰囲気に♡

撮影/尾身沙紀(io) ヘア&メイク/𠮷崎沙世子(io) スタイリスト/石川美久 モデル/舟山久美子(本誌専属) 取材・文/中川知春

withの新着トレンド記事

トップへもどる