「モテ偏差値UP!美のプロが選ぶ印象的な目元をつくる“恋叶コスメ”」のトレンド記事をチェックしよう!
モテ偏差値UP!美のプロが選ぶ印象的な目元をつくる“恋叶コスメ”
2018年7月31日

モテ偏差値UP!美のプロが選ぶ印象的な目元をつくる“恋叶コスメ”

  • twitter
  • facebook

2018上半期の“恋叶コスメ”。化粧品を知り尽くすプロが厳しい目で選び抜いた、“恋叶” 間違いなしのコスメを一挙公開。効果や使用感だけじゃなく、“恋に効く”目線でもしっかりジャッジしてもらいました。私たちを輝かせてくれるコスメはこれだ!

審査方法

美容のプロ計22名が、2018年1月~6月に発売された全化粧品から、「恋が叶うコスメ」としてwith読者に推せるアイテムを選出し、小数点つきの5点満点で採点。回答件数の多いものだけ抽出し、その平均点で順位を決定。

審査員はこの方々♡

with 2018年8月号 審査員はこの方々♡

誰からも愛される
優しげなまなざしをつくってくれる
アイシャドウ部門

with 2018年8月号 誰からも愛される 優しげなまなざしをつくってくれるアイシャドウ部門

[1位]「派手すぎず、可愛らしさと女性らしさを醸し出す絶妙なカラー」(山本さん)「顔全体の印象まで優しくなる、ソフトなツヤ感がお気に入り。吸い込まれるようなアンニュイな目元に」(paku☆chanさん)「ソフトマットな質感のおかげで、ピンクやボルドーが女度過剰にならずおしゃれ&さりげない」(中川さん)
¥5,000 / カネボウ化粧品 

[2位(SUQQU)]「これひとつで失敗なくおしゃれにキマる。欲しかった色、ツヤ、ラメが集まったパレット」(伊藤さん)「素のまぶただけが持てる色っぽさをほどよく透けさせながら、美しい立体感と陰影を演出」(神崎さん)
¥6,800 / SUQQU

[2位(RMK)]「一般的なブラウンよりヌケが出やすい、軽みのあるブラウン。質感で遊べるのも◎」(信沢さん)「マットでクールに仕上げても、パールを重ねてカジュアルにしても可愛い」(神戸さん)
¥3,800 / RMK Division

[4位]「ほんのりピンクみを帯びたツヤ目元で視線をロック。ギラつかない潤い感が男子ウケしそう」(森山さん)
¥2,500 / エトヴォス

女っぽニュアンスを引き出す
アイライナー部門

with 2018年8月号 女っぽニュアンスを引き出すアイライナー部門

[1位]「目のキワに入れた時に、絶妙な抜け感が出せます。ヴィンテージっぽい、ちょっとくすんだ感じの発色もさすが!」(中山さん)「きちんと目元を締めて黒や茶とはひと味違った目ヂカラを演出してくれる、コーラルの色具合が新鮮。どこか儚げな印象になるのが素敵」(paku☆chanさん)「上まぶたのキワはもちろん、下のキワに入れてもおしゃれ。意中の彼がおしゃれ男子なら、ぜひ」(楢㟢さん)
¥2,800 / セルヴォーク 

[2位]「目のキワの影と同化する、ごく淡い色づきが◎。ラインの存在感を出さずに目ヂカラだけ増すから、”もとからデカ目”を偽装したい時に最適」(宮下さん)「こっそり二重を装ったり、キワに引いてまなざしを深めたり、淡色のアイライナーは、美人度を上げる多彩な使い方が可能」(中川さん)
¥850(編集部調べ) / カネボウ化粧品

[3位]「水彩タッチの透け感がちょっとエロくて、ドキドキを誘う目元に仕上がる」(森山さん)
¥1,000(編集部調べ) / コーセー

まばたきするたびに
色っぽさの余韻を残す
マスカラ部門

with 2018年8月号 まばたきするたびに色っぽさの余韻を残すマスカラ部門

[1位]「ダマにならず、きれいにのびてまつげをセパレートしてくれる。にじみにくくて持ちもいい」(木部さん)「乾くとピタッと固まるマスカラ液が優秀。とにかく塗りやすくて、細かい部分やまつげの根元にも楽に届いて難なく塗れます」(小田切さん)「最後にホットビューラーを使っても、マスカラ液がとれることがなく角度を微調整しやすい。まつげに表情を持たせたい時にマストな1本」(信沢さん)
¥1,200 / メイベリンニューヨーク

[2位]「伏し目から横顔、目が合っている時間も、全ての瞬間のまなざしを色っぽく魅せるまつげが手に入る」(神崎さん)「長さを出しつつちょうどいいボリュームも与え、カールも下がらない。愁いを帯びた品のある仕上がりだから、育ちがよさそうな女子に見せられそう(笑)」(通山さん)
¥4,000 / エレガンス コスメティックス

[3位]「根元にファイバーが密着してハリを出しながら長さもアップ。横顔のキレイさは保証できます」(神戸さん)
¥4,000 / エレガンス コスメティックス


色っぽくて印象的な目元をつくれる“恋叶”コスメがあれば、モテレベルUPは間違いなし!

撮影/魚地武大 取材・文/宮下弘江、小熊政美

withの新着トレンド記事

トップへもどる