「大ブームのガウチョで夏を乗り切る★着まわしテク」のトレンド記事をチェックしよう!
大ブームのガウチョで夏を乗り切る★着まわしテク
2015年7月24日

大ブームのガウチョで夏を乗り切る★着まわしテク

  • twitter
  • facebook

はきやすくて、楽チン、体型カバーもしてくれるとあって、今シーズン、空前のブームを巻き起こしたガウチョパンツ。コーディネートを考えるのが面倒なほど暑い夏、ガウチョで簡単におしゃれに見えるテクとイメージを変えて着まわしを成功させるコツを指南します。

ガウチョパンツを違うイメージで
着まわすにはトップスの色バリが鍵

トップス+ボトムスという単純な組み合わせが増える薄着の季節。しかもガウチョは面積が大きいので、トップスに合わせる色をわかりやすく変えるのが着まわしを成功させるコツ。同系色で、コントラストをつけて、シックに。この基本を実際のスタイリングでチェック。

STYLE 1

白ガウチョをブルートップスで
コントラスト強めに着こなす

iQONmagazine 2015年7月号 大ブームのガウチョで夏を乗り切る着まわしテク 1 白ガウチョをブルートップスで コントラスト強めに着こなす 

爽やかな白のガウチョを主役にコーディネートするのではなく、トップスが主役に見えるよう存在感のある鮮やか色をセレクトし、「色を着た人」という印象を残して。

STYLE 2

オールホワイトでまとめて
全身で「爽やかさ」をアピール

iQONmagazine 2015年7月号 大ブームのガウチョで夏を乗り切る着まわしテク 2 オールホワイトでまとめて 全身で「爽やかさ」をアピール

トップスにも同じ色を合わせて、今年トレンドのオールホワイトでまとめれば、ガウチョのイメージよりも全身白の爽やかさが際立つはず。やわらかい色でウエストマークすれば全身白の抵抗感も軽減可能。

STYLE 3

白のガウチョを主役に
黒やネイビーなどシックな色とコーデ

iQONmagazine 2015年7月号 大ブームのガウチョで夏を乗り切る着まわしテク 3 白のガウチョを主役に 黒やネイビーなどシックな色とコーデ

トップス&ロングベストにシックな色を合わせれば、ガウチョパンツの「白」が主役に。ロングベストはシルエットが変わって見せられるだけでなく、下半身やウエスト周りも隠せるので◎。

ダークな色のガウチョパンツで
着まわしを考えるには…

ダークな色を選んでも、トップスで変化をつけるという着まわしのコツは一緒。ただし、下半身に重い色、それも面積が多いガウチョなので、いかにバランスよく着こなすかが最重要課題。

41

インパクトのある色のトップスとヒール靴で、バランスアップを狙って。

43

ネイビー&黒でセンターに「縦長」の印象をつくれば、すっきりと。

74

クロップド丈トップスで上半身を短く、下半身を長く見せる工夫を。

今から買う人のために
体型別おすすめガウチョ・セレクション

小柄な人におすすめ!
タイトなシルエット&短め丈

小柄な人がガウチョパンツをはくときに気をつけたいのが、シルエットとボリューム、そして色。たっぷりとしたボリュームと裾広がりなシルエットでは、下半身が重くなり、身長の低さがより目立ってしまうことが。すとんとしたバミューダっぽいパンツを選ぶと正解。色も軽い色をセレクトし、下半身より上半身に目がいくコーデを心がけて。

11

aquagirl

すっきりとしたプレーンな1枚。タックは丸みを帯びたフォルムをつくり女性らしい印象に

14

Lagunamoon

今秋注目のマスタード色&スウェード素材は、着こなしを旬顔に。今から買うなら秋を意識して

174

jouetie

センタープレスが強めに入ったデザインは、オフィスにもカジュアルにも着こなせる1枚

105

jouetie

さらっとしたキレイめ素材のガウチョパンツ。タックが立体的に見せるのでスタイルアップ可能

35

MACKINTOSH PHILOSOPHY

適度な落ち感があるストレッチ素材は肌触りも抜群で広がりすぎないシルエットが◎

5

UNTITLED

しっとりした独特の生地が心地よい1枚。微妙な光沢が上品な着こなしに仕上げてくれるはず

下半身に悩みのある人におすすめ
とろみ素材のガウチョ

腰や太ももが張っていたり、お尻が大きかったり…下半身に悩みを抱えている人は、生地選びが最も重要。とろみのある素材なら、一番張っているポイントからストンとまっすぐ生地が落ちるので、太い部分を目立たせず、メリハリのある下半身が手に入れられるはず。縦に入ったピンストライプやゆったりめの生地でできるドレープも上手に欠点を隠す効果が。

32

SACRA

ふんわりとしたシルエットや生地の量感で、スカートっぽくはける1枚。他にはない色も魅力

93

titivate

シフォンのふんわりとした素材とドレープが、エレガントな華やぎを醸し出すガウチョパンツ

101

titivate

ウエストゴムではきやすい1枚。下半身のボリュームをたっぷりのシフォンで隠せるのが嬉しい

46

BEAMS LIGHTS

フロントのアシメタックデザインがアクセントになったガウチョパンツ。太ももが張っている人に

85

EMODA

ストンと落ちる生地と縦に入ったピンストライプが、下半身をすっきりと見せてくれるはず

78

SACRA

落ち感と張り感が絶妙なバランスの1枚。こなれ感を演出できる絶妙なミドル丈は最旬バランス

身長の高い人にぴったりの
すっきり見えガウチョセレクション

身長の高い人なら何でも合う…は案外間違い。特に微妙な丈感のガウチョパンツは、膝と足首の中間よりちょっと下くらいの丈がベストなので、短すぎるなんて事態を避けて。また身長が高い人がギャザー多めのボリュームのあるパンツを選ぶと、下半身の存在感が増すので、軽めの色、すっきりとしたデザインをセレクトするのがベター。

63

BUBBLES

デニムファブリックなのでどんな色とも相性抜群。カットオフヘムのユーズドライクなルックスが◎

70

BEAMS LIGHTS

サッカーストライプ生地を使用した爽やかですっきり着られる風合い。ウエストのラインがポイント

23

Lagunamoon

秋のトレンドを先取りしたいなら、ニット素材を。この長さがはけるのは長身さんならでは!

305

UNRELISH

ゆったりとしたシルエットが、リラックスした雰囲気を漂わせるガウチョパンツ

100

jouetie

張り感があるので上品に着られる1枚。下半身をすっきりと見せたい人に最適

61

MERCURYDUO

ぱりっとしたリネン素材と程よいフレアシルエットが、膝下を細く見せてくれる

Styling: ERIKO FUJISHIRO

IQONmagazineの新着トレンド記事

トップへもどる