「ヘアケアには◯◯が効く⁉︎お家でできる簡単レシピ大公開」のトレンド記事をチェックしよう!
ヘアケアには◯◯が効く⁉︎お家でできる簡単レシピ大公開
2015年7月31日

ヘアケアには◯◯が効く⁉︎お家でできる簡単レシピ大公開

  • twitter
  • facebook

夏の紫外線や高温多湿など、一週間で受けた髪のダメージはしっかりケアしておきたいですよね? そんな髪の悩みは漢方が解決してくれるかも! 漢方は“高い”“不味い”というイメージがあるけど、実は身近で、美味しく調理できるものがたくさん! 夏でもつるんとまとまりのある髪のつくり方、教えます♡

教えてくれたのは…

漢方美容家・毛髪診断士
美巡セラピスト 余慶尚美さん

ヘアケアの悩みは漢方が解決!
漢方食材を積極的に取り入れて♡

VOCE 2015年9月号 美ヘアには漢方が効く!積極的に取り入れて!

「頭部の血液やリンパの流れが滞ると、夏のダメージがそのまま頭皮や髪のエイジングに影響を及ぼすことに。リンパは古くなったタンパク質や老廃物を回収する管なので、溜め込むのは危険。漢方食材を取り入れて“血流”を良くすることが重要です」(余慶さん)

和漢植物の中でも“血を良くするモノ”はたくさんあります! 余慶さんがピックアップした比較的入手しやすい漢方食材(上記画像)を取り入れて、美ヘアをゲットしよう♡ ヨーグルトに混ぜたり、お茶と一緒に煮出して飲んでもOK。自分なりのレシピで楽しんで!

VOCE 2015年9月号 吉田沙世

手軽に使える食材で夏髪をサポート

「漢方では髪のことを“血余”といいます。血が余ってできたもの、という考え方なので、食材も“血を良くするモノ”を選ぶべき」と余慶さん。ほうれん草や黒豆、じゃこなどは手に入れやすいから、内側からも積極的に。誰でも簡単に作れる“美ヘアレシピ”2つをご紹介!


黒ゴマシェイク

VOCE 2015年9月号 黒ゴマシェイク

材料

豆乳:500cc
黒ゴマ:大さじ2
きな粉(黒豆):5g(大さじ1)
ほうれん草:1把(25g程度)
蜂蜜:大さじ1

ほうれん草を4等分に切り分けたら、豆乳と黒ゴマ、きな粉を、ハチミツとともにミキサーに入れて混ぜるだけ。黒ゴマとほうれん草にはどちらも血液を補う働きがあり、黒ゴマは白髪、ほうれん草は髪のパサつきが気になる人におすすめの食材。女性ホルモンのような作用のある豆乳や大豆がツヤのある髪をつくるヘルプに。


黒豆じゃこご飯

VOCE 2015年9月号 黒豆じゃこご飯

材料

白米:2合
酒:30cc
だし昆布:5×3cm
黒豆:1/2 カップ(60g)
ちりめんじゃこ:大さじ2
青じそ:お好みで

黒豆は倍量の水に一晩つけておく(最低でも5時間以上)。白米を研ぎ、一晩もどした黒豆を水ごと炊飯器に移し替え、酒を加えてだし昆布を入れる。1時間ほど浸したあと、昆布ごと炊く。ご飯が炊きあがったら昆布をとって、よく混ぜてからちりめんじゃこを加え混ぜて盛りつける。塩分が気になる人はじゃこを少なめに。せん切りにした青じそを飾ったら出来上がり。


少しの手間で簡単ヘアケア! キレイな夏髪を手に入れよう♡

photographs:Chizuru Abe/Lovable(model),Kazuteru Takahashi(still) hair&make-up:Mitsuteru Asahi/TIMELESS styling:Kaori Kawasaki model:Sayo Yoshida text:Miho Maeda

VOCEの新着トレンド記事

トップへもどる